今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 女性ホルモン

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

男性ホルモンと女性ホルモンの違いは?


ホルモンという言葉は、誰もが聞いた言葉だと思います。しかし、イマイチよくわからない、というのもあるかもしれません。人によっては、焼肉のメニューにある、ホルモンを思い浮かべたかもしれません。では、ホルモンとは具体的に何なのか?男性ホルモンと女性ホルモンには、どのような違いがあるのでしょうか?

■ホルモンとは

大きく分けますと、2つの意味が含まれます。1つ目が最初に触れました、ホルモン焼きに使われる内臓を指します。2つ目が血液内に分泌される成分や物質になります。男性ホルモンや女性ホルモンとは、この2つ目を指します。ホルモンはおもに、脳やすい臓、副腎などいろんな臓器や部位から分泌されています。人間の体内で分泌されるホルモンの種類は、約100種類あるといわれています。ホルモンの役割は、生命の維持、血圧や血糖の調整、成長や代謝などがあります。

■男性ホルモンとは

男性ホルモンは身体的な面では、筋肉や骨などの形成に大きく関わります。ほかにはメタボや動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞の予防にも関わっています。男性ホルモンは別名で、テストステロンと呼ぶこともあります。

■女性ホルモンとは

女性ホルモンは総称で、エストロゲンとプロゲステロンの2つから構成されます。エストロゲンは、肌や髪の潤いを保つ、コレステロールの調整、肥満や物忘れの予防の役割があります。プロゲステロンは、食欲や血糖値の調整、女性の生理や妊娠に関わる役割があります。

■2つのホルモンの量は変わるの?

生まれた時点で、男性ホルモン、女性ホルモンの量や割合は変わります。この違いが体格、病気、性格や体質にも大きく関わります。また、年齢や日々の生活習慣、食生活でも変化します。ホルモンのバランスが変わると、心身に大きな変化が起こります。一例としては更年期障害もその1つとなります。また、男性、女性とも2つのホルモンは持っていて、そのバランスや割合は変わります。女性ホルモンが多い男性、逆に男性ホルモンが多い女性もいます。

女性ホルモンが減少するとどうなるの?


男性にかぎらず女性もいつまでも、若々しくいたいと思うはずです。いつまでも元気でいたいのは、誰でもある願いの1つです。しかし、そうはいっても年齢を重ねるにつれて、体力は落ちてしまうものです。肌の老化も起こる、また病気にかかることも多くなります。では、女性ホルモンが減少すると、どうなるのでしょうか?

■女性ホルモンは年々減っている

女性ホルモンは大きくわけて、エストロゲンとプロゲステロンの2つがあります。エストロゲンは、肌の代謝をよくする、髪質などをよくする働きがあります。プロゲステロンは、生理や妊娠に重要な物質となります。自分は女性だから、女性ホルモンがたくさんある、と思っているかもしれません。しかし、エストロゲンは、一生の間にスプーン一杯ほどしか分泌されません。多すぎてもいけませんし、少ないといろんな影響があらわれます。女性ホルモンが減り始めるのは、30歳あたりになります。しかし、生活スタイルの乱れにより、20代の頃から女性ホルモンが減少している女性も増えています。そして、大きく女性ホルモンが減少するのは、閉経する50歳あたりになります。50歳前後になると、体や心にもいろいろな不調が増える傾向となります。

■女性ホルモンが減少することで起こる症状

見た目から変わることとしては、肌質や髪にあらわれます。肌のたるみやシワ、シミが出るようになります。髪もツヤがなくなる、細くなる、抜け毛が増えます。また、代謝が落ちるため、太りやすくなる、疲れが取れなくなります。精神的な面においては、イライラや不安感が多くなります。病気の面においては、動脈硬化や高血圧などといった血管系の病気が増えます。ほかには、骨がもろくなる、不眠といった症状があらわれます。

■体の不調を感じたら

まずは病院で診断することが重要です。女性ホルモンから来る心身の不調のほかに、さまざまな原因も考えられます。原因を特定するためにも、まずは病院でしっかりと診断してもらうことをおすすめします。

女性ホルモンを普段の食事や生活スタイルで増やすには?


女性の場合、年齢を重ねるにつれて徐々に女性ホルモンが減少していきます。とくに40〜50代になると、女性ホルモンの減少に拍車をかけます。では、女性ホルモンが減ることを諦めないといけないのでしょうか?年齢的なものはやむを得ないにしても、日々の生活を変えるだけでも減少を抑えることはできます。女性ホルモンの減少を抑えて、増やす方法をこれから紹介していきます。

■女性ホルモンを増やす食事はあるの?

女性ホルモンそのものを増やすことは、現時点においてできません。その理由としては、女性ホルモンに大きく関わるエストロゲンにあります。エストロゲンは、残念ながら食べ物の中には含まれていないからです。取り込んだ食べ物をもとにして、体内でエストロゲンを生産するからです。しかし、エストロゲンと似た効果を期待できる食べ物があります。それは、大豆に多く含まれるイソフラボンです。イソフラボンを効率的に取るには、豆乳があります。ほかには豆腐や納豆、味噌などの大豆製品を食べることです。また、ボロンと呼ばれる成分が多く含まれる食べ物もおすすめです。とくにバストアップに効果が期待できます。おもにキャベツや海藻類、リンゴやブドウに多く含まれています。

■普段の生活スタイルで注意することは?

いくら、いい食事をしていたとしても、普段の生活スタイルが乱れていれば、女性ホルモンに大きく影響します。食事においては、栄養のあるものをしっかり食べるようにしましょう。そして、しっかりと睡眠を取るようにしましょう。睡眠をしっかり取るには、寝る2時間前には食べないようにして、スマホやパソコンの使用を控えるようにします。可能であれば7時間睡眠を取るようにしましょう。また、ストレスを溜めないことも重要です。そのような場合には、体を動かすことでストレスが発散し、体の機能が働くようになります。体の機能が働くようになれば、血液中に女性ホルモンが多く効率よく流れるようになります。食事と普段の生活スタイルとあわせて、エストロモンなどといった女性ホルモンを増やす薬を使うことで、効率よく増やすことができます。

女性ホルモンを薬で摂取する方法は?副作用はあるの?


基本的に何もしなければ、女性ホルモンは減少していきます。その典型といえるのが、更年期障害になります。しかし、更年期障害が出る前に、女性ホルモンが減少することで心身にいろいろな影響が出ます。また、女性ホルモンが元々少ない人も、やはり影響が出ます。では、少なくなった女性ホルモンを薬で摂取する方法はあるのでしょうか?気になる副作用に関しても説明していきます。

■女性ホルモンの薬はあるの?

いわゆるホルモン剤と呼ばれる薬があります。おもに病院で処方されます。では、どのようなときにホルモン剤を使うのでしょうか?一例としては、生理不順や不妊症、子宮筋腫などの治療に用いられます。また、避妊薬に使われるピルもホルモン剤の一種になります。そして、更年期障害の治療にも用いられます。女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの大きく分けて2種類があります。この女性ホルモンを薬によって調整することができます。

■ホルモン剤の摂取方法は?

大きく分けて、4種類にわけられます。1つ目が口から入れる経口薬です。多くのホルモン剤は経口薬となります。2つ目は肌に貼る貼付薬です。3つ目は肌に塗る湿布薬です。4つ目は注射になります。治療方法や症状にあわせて、この3種類の摂取方法をわけています。

■ホルモン剤の成分は?

エストロゲンのみが含まれるエストロゲン単剤があります。また、プロゲステロンのみが含まれるプロゲステロン単剤があります。そして、2つの成分が含まれる混合剤があります。また、ホルモン剤には合成型と天然型にわかれます。合成型は非常に強力で、体内にホルモン剤の成分が残りやすくなります。合成型より穏やかな天然型は、体内で作られる女性ホルモンに近い成分となっています。

■ホルモン剤の副作用は?

体質にもよりますが、以下のような副作用があります。
・胃腸のむかつきや吐き気
・頭痛
・めまい
・肩こり
・のぼせなどの発汗や発熱
・体がだるくなる
・むくみ
ただし、ホルモン剤を服用後1ヶ月程度は、副作用が強く出ます。服用を続けることで、副作用の症状は落ち着きます。ただし、調子が悪い状態が長く続く、肝臓に障害を持っている場合には、服用を中止して医師に相談してください。

男性が女性ホルモンを摂取するとどうなる?影響は?


男性だから体内には男性ホルモンしかない、ということはありません。実は男性の体内でも、女性ホルモンは作られています。ただし、女性と比べて女性ホルモンの量が非常に少ないだけです。では、男性が女性ホルモンを摂取した場合、どうなるのでしょうか?摂取したことによる体の影響はあるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■男性も女性ホルモンを摂取する人が増えている?

私たちの性別は、生まれたときに男性、女性にわけられます。見た目もそうですが、法律上、戸籍上においてもわけられます。しかし、見た目だけでは男性、女性にわけられないことが解明されつつあります。体は男性でも、脳の構造や分泌されるものによって、気持ちの面では女性と感じている人もいます。いわゆる性同一性障害がこれに該当します。また、女性や、中立的な男性に憧れている男性もいます。このような男性が、女性ホルモンを摂取する人が増えています。ニューハーフと呼ばれる方の中にも、女性ホルモンを摂取している男性がいます。

■男性が女性ホルモンを摂取するとどうなるの?

一言で書きますと女性化します。一例としては、以下があります。
・体毛が薄くなる
・体に丸みが出る
・胸が大きくなる
・声が高くなる
・肌や髪の質がよくなる
・髪の抜け毛が減る
最後の髪の抜け毛は、男性ホルモンの作用です。男性ホルモンの中には、体毛を濃くする一方、薄毛になる原因もあります。女性ホルモンを摂取することで、髪の抜け毛が抑えられます。

■男性が女性ホルモンを摂取するには?

おすすめとしては、ジェンダークリニックです。ジェンダークリニックとは、性同一性障害など性に関する治療を行う病院です。ただし、数が少ないのが欠点です。ほかには、自己責任のもと、輸入代行による女性ホルモン剤の薬を手に入れる方法です。代表的な女性ホルモン剤としては、プレマリンなどがあります。注意する点としては、つい女性化した願望から、過剰摂取のリスクが高まります。女性ホルモン剤は、強い効果がある一方、体にも大きく影響するため、十分注意してください。
ショッピングカートを見る

商品数:0 点 
合計金額 0




ゲームをして割引チケットをゲット!!

 
海外サプリメント個人輸入のOMS