今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 育毛

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

育毛や薄毛対策でこんな間違いしていませんか?


育毛に関する市場は、ダイエットと同じように巨大になっています。その理由としては、それだけ薄毛に悩んでいる人が多いということです。日本だけでなく、世界中の人の薄毛に悩んでいるのが実情です。そのため、育毛や薄毛対策の商品だけでなく、情報もたくさんあります。情報がたくさんあるということは、正しい情報だけでなく、間違った情報もたくさんあります。そこで、間違った育毛や薄毛対策はどのようなものかを紹介していきます。

■頭皮を叩く

かなり昔になりますが、頭皮をたたくブラシなどをセットにした育毛剤のCMをしていました。一時期「つけて叩いて300回」のCMが有名になりました。頭皮を叩くことにより、血液が多く流れるようになり、髪の毛が生えることを狙った商品です。たしかに血行不良で薄毛になるのも原因の1つです。しかし、頭皮はかなり薄く、叩くことで頭皮を傷つけてしまいます。叩き過ぎで逆に薄毛になってしまいます。

■シャンプーのしすぎ

頭皮の皮脂を小型カメラで見せる、育毛関係のCMがありました。皮脂がつまることにより、薄毛になるということです。それで、とにかく皮脂を取ろうと、シャンプーを一生懸命にします。しかし、皮脂のつまりが原因で、必ずしも薄毛になるとはかぎりません。皮脂は、頭皮を守るために必要不可欠です。シャンプーで過度に皮脂を取りすぎると頭皮を痛め、また頭皮が乾燥してしまいます。結果として頭皮のバランスが崩れて薄毛になってしまいます。

■ワカメや海藻をたくさん食べる

これも薄毛対策では、昔から言われていることです。しかし、ワカメや海藻をたくさん食べても、髪の毛が生えることはありません。たしかに髪の成長を促す成分は多く含まれています。しかし、ワカメや海藻だけ食べて、髪の毛が生える保証はありません。また、ワカメや海藻だけを食べ続けることは、やはり難しいものがあります。

■正しい育毛は正しい情報を知ることから

薄毛に悩んでいる人は、1日でも早く改善したいため、いろんな方法を試したいのが現状です。中には間違った情報を知ったために、薄毛を進行させていることもあります。だからこそ、正しい情報を知ることがとても重要です。

男性や女性の薄毛の原因は?育毛方法に違いはあるの?


薄毛と聞くと、男性のイメージをされるかもしれません。しかし、実際には女性の方も薄毛に悩んでいる方も多くいます。同じ薄毛の悩みであったとしても、男性と女性では薄毛の原因は何があるのでしょうか?あわせて、育毛方法にも違いは出るのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■男性と女性で薄毛になる年代の違い

実は男性と女性では、薄毛になる年代に違いが出てきます。個人差はあるものの、男性のほうが若い年代で薄毛になる傾向があります。多くは30代くらいから、早ければ20代から薄毛の兆候があらわれます。女性はどちらかというと、40〜50代くらいと男性と比べて10年ほど遅れて薄毛になります。若ハゲという言葉は男性に使われることから、若い年代であらわれやすくなります。

■男性と女性の薄毛のなり方の違い

年代だけでなく、薄毛のなり方にも違いが出ます。男性の場合には、おでこの方からM字型に薄毛になる傾向が強くなっています。また、頭頂部からも薄毛になり、薄毛になる部分がはっきりしている傾向が強くなっています。女性の場合には、M字型に薄毛になることは、あまりありません。頭頂部から薄毛になる、そして全体的に薄毛になる、びまん性の傾向が強くなっています。

■男性と女性の薄毛の原因

いくつかありますが、体質的なものですと、ホルモンの影響があります。男性の場合、男性ホルモンにあるジヒドロテストステロンが薄毛を引き起こします。男性型脱毛症を別名AGAとも呼びますが、このホルモンが影響しています。女性の場合、女性ホルモンの減少により薄毛を引き起こします。40代以降になり、更年期障害を引き起こすようになると、髪の毛が細くなり薄毛を引き起こします。共通する原因としては、食生活や体質、ストレスなどがあります。

■育毛方法に違いはあるの?

育毛剤の多くは、男性用そして女性用にわけられています。その理由は、前で説明したホルモンの違いによるものです。また、体質も男女では異なるため、それにあわせた育毛剤や育毛方法が異なります。

市販されている育毛剤の効果はあるの?入手方法は?


育毛剤と聞くと、テレビCMで流れる商品をイメージするかもしれませんね。育毛剤だけではなく、発毛効果の期待ができるシャンプーなどもセットで販売されています。実際に育毛剤をはじめ、育毛や薄毛対策の商品は数多くあります。では、市販されている育毛剤には効果があるのでしょうか?また、入手方法はどのようなものがあるのでしょうか?

■市販されている育毛剤の効果は?

育毛剤の購入を検討していたら、ネットの掲示板などで評判や口コミを確認しているかもしれませんね。その内容を見て、効果があると書かれている一方、効果がなかったと書いてあるものがあります。では、実際のところはどうなのかといったら、個人差があります。つまり、実際には使ってみないとわからないことも多くあります。

■育毛剤の入手方法は?

テレビCMで放送されている育毛剤は、ドラッグストアなど身近な店舗で購入できます。しかし、店頭では購入しづらい場合には、通販で入手することもできます。また、育毛剤によっては、通販専用の商品もあります。

■育毛剤で効果の違いが出る理由

一例として以下のようなものがあります。
・体質や遺伝
・年齢
・食生活
・ストレス
・病気の有無
・服用している薬
・髪や頭皮の状態
つまり、薄毛になっている原因は1つだけではない、ということです。逆の見方をすれば、薄毛の原因を特定し体質改善をすることで、育毛剤の効果を期待できる可能性が高まります。当然ですが、育毛剤をつけたからといって、次の日に生えることはありません。また、残っている髪の量が少なければ、どうしても効果が出るまで時間がかかります。

■少しでも早く効果を期待したい場合

できれば医薬品に指定されている育毛剤を使うことです。市販されている育毛剤は、副作用などが強く出ないように、育毛に効果のある成分が控えめになっています。ただし、医薬品に指定されている育毛剤は、日本の場合において病院に行かないといけません。そこで、自己責任にはなりますが、個人輸入や輸入代行で入手できる医薬品に指定されている育毛剤を使う方法もあります。

育毛剤の正しい使い方や注意事項は?


今の薄毛を何とかしたい!そう感じていましたら、効率よく育毛することが重要です。薄毛対策を何もしなければそのままか、逆に薄毛を進行させてしまいます。また、育毛剤を使っていても、あまり効果が見られないこともあるかもしれませんね。もしかしたら、育毛剤の間違った使い方をしているかもしれません。そこで、育毛剤の正しい使い方はどのような方法があるのでしょうか?また、使用する際の注意事項はどのようなものがあるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■薄毛になった原因を知る

一見、育毛剤と関係がないかもしれませんね。しかし、薄毛になった原因は、さまざまです。男性の方で若くして薄毛になった場合、AGAと呼ばれる男性型脱毛症の可能性があります。おもに男性ホルモンの働きによるものですので、AGAに特化した成分の入っている育毛剤でなければ、効果は期待できません。女性の薄毛の原因としては、加齢による女性ホルモンの減少があります。当然ながら、AGAに特化した育毛剤を使っても、あまり効果は期待できません。このように薄毛の原因を知って、それにあった育毛剤を使う必要があります。

■育毛剤の正しい使い方

育毛剤には、塗るタイプの外用薬だけではなく、錠剤の内服薬があります。内服薬の場合、市販されていませんので、病院で処方してもらいます。外用薬の場合、少しでも成分が浸透しやすいように、頭皮をキレイにすることが重要です。だからといって、頭皮をゴシゴシと強く洗うのはよくありません。また、内服薬を服用する場合には、1日あたり決められた量を服用しましょう。

■育毛剤を使う場合の注意事項

やはり、過剰に使いすぎないことです。少しでも効果を実感しようと、過剰に使いすぎることがあります。しかし、たくさん使ったからといって、その分効果が高まることはありません。逆に薬の成分による、副作用が強く出るおそれもあります。また、何らかの病気や症状を持っている場合、育毛剤の成分が悪影響することもあります。同様に服用している薬と影響することもあります。健康に不安を抱えている場合、育毛剤を使用して問題がないかを医師に確認することをおすすめします。

AGA外来とはどのようなところなの?


とくに男性の方で薄毛に悩んでいましたら、AGAという言葉を何度も聞いたことがあるかもしれませんね。実際にテレビCMなどでも見かけたことがあるかもしれませんね。AGAとは男性型脱毛症のことを指します。そして、AGAを専門にしているクリニックやAGA外来というのも増えているのが事実です。では、AGA外来とはどのようなところなのでしょうか?気になる治療方法や料金についても詳しく紹介していきます。

■AGA外来は病院なの?

一言で書けば病院になります。もう少し詳しく書きますと、医師免許を持っている先生がAGAの治療を行います。多くの場合には、民間が行っているところになります。つまり、医師免許を持っている先生のもと、安心して治療を受けることができます。

■どのような治療を行うの?

AGAは男性ホルモンの中にある、ジヒドロテストステロン(DHT)が原因で発症します。ジヒドロテストステロンは、血液の中に含まれています。AGAの原因を追求するため、まずは血液検査や血圧測定などを行います。あわせて、問診や視診などもあわせて行います。診察の結果、その人にあった育毛剤を処方します。おもに、フィナステリドやミノキシジルを処方します。

■気になる費用は?

一般的な病院と異なり、非常に高額になります。1回あたり、1万円以上になることがあります。高額になる理由としては、保険適用外となるからです。病気の治療と異なり、命に関わることがないため、保険適用外となってしまいます。そのため、AGA外来では保険証がなくても治療を受けられます。

■AGA外来に行く頻度と場所は?

1ヶ月に1回程度となります。とくに首都圏などでは、駅から降りて数分のところにAGA外来が多くあります。地域によってAGA外来の数は異なります。

■少しでも時間とお金を節約したいなら

自己責任となりますが、育毛剤を個人輸入で手に入れる方法があります。日本でも輸入代行業者があるため、AGA外来で処方される育毛剤を手に入れることができます。しかし、最初のうちは、AGAであることを特定するためにも、AGA外来で診てもらうことをおすすめします。
ショッピングカートを見る

商品数:0 点 
合計金額 0




ゲームをして割引チケットをゲット!!

 
海外サプリメント個人輸入のOMS