今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 禁煙

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

禁煙外来はどんなところ?気になる効果や治療、費用は?


あなたが喫煙者であれば、タバコをやめたいと思っているのでしょうか?禁煙にチャレンジしたことはあるけれど、結局挫折して今も吸い続けているかもしれませんね。自分の意志が弱いからダメなんだ・・・などと半ば諦めているかもしれませんね。そこで、自分ではどうしようもないから、協力をもらいながら禁煙したいと考えているのもあるでしょう。そして禁煙外来に興味を持たれていたら、そもそもどのようなところなのか気になるかもしれませんね。では、禁煙外来の効果や治療方法、そして気になる費用について説明していきます。

■禁煙外来はどこにあるの?

禁煙外来は全国の病院や医院などにあります。ただし、地域により禁煙外来を設定している病院や医院の数は異なります。禁煙外来があることを事前に確認しておくことをおすすめします。

■禁煙外来の治療方法は?

禁煙外来での治療は、12週間かけて行います。その間に、5回診療を受けるのが基本となっています。診療を受けるほど、禁煙の成功率が高まります。初回の治療は、ニコチンにどれくらい依存があるのかをチェックします。また、どのように禁煙を進めていくのかを先生のアドバイスをもらいます。あわせて、禁煙するための補助薬を使いながら治療を進めていきます。初回の診療から2週間おきに診察を受けるのが基本となっています。

■禁煙外来の気になる効果は?

時間とお金をかけて禁煙をするのだから、それなりの効果を期待したいですよね。実際に5回診療を行って、禁煙に成功するのは50%となっています。これを高いと見るか、低いと見るかは人により判断は変わる部分となります。

■禁煙外来の費用は?

気になるのは保険の適用ではないかと思います。実は条件により、保険の適用が効くかどうかが変わります。その条件としては以下になります。
・ニコチン依存症のテストで5点以上である
・1日の喫煙本数と喫煙年数をかけあわせて200以上である
・禁煙をすぐにはじめたい
・禁煙治療をすることに対して文書で同意をしている

また、前回禁煙外来を受けている場合、1年以上経過している必要があります。12週間の禁煙治療を行い、3割の保険適用を受けた場合、トータルで1万3,000〜2万円となっています。

禁煙したい!禁煙のメリットやデメリットは何があるの?


今、あなたが最もやめたいと思っているものには、どのようなものがあるのでしょうか?きっと、思い浮かべるとたくさん出て来るかもしれませんね。そのやめたいと思っている中で、優先度の高いものといったら、何になるでしょうか?これを読んでいるということは、やはりタバコではないかと思います。では、禁煙した場合のメリットやデメリットといったら、何があるのでしょうか?

■禁煙のメリットは?

まずは、タバコにかかるお金が節約できる点があります。タバコの値段は徐々に上がっていますので、それが浮くだけでもかなりオトクになります。1日に吸うタバコの本数や値段にもよりますが、年間10万円前後節約できます。そして、ほかには健康を手に入れることができます。タバコを吸うと、体の免疫力が落ちてしまい、風邪などの病気を引き起こしやすくなります。また、息切れもしなくなり、疲れにくくなります。お酒を飲む人にとっては、二日酔いしないという方もいます。ほかには体臭や口臭が減る、肌がキレイになる、喉の調子がよくなるといったメリットがあります。そして、味覚も元に戻るため、食べ物がおいしく感じられます。

■禁煙のデメリットは?

これは人により主観の変わる部分です。やはり、タバコをやめたあとの禁断症状に襲われることですね。それに伴ってイライラなども出てきます。タバコを吸わなくなったため、時間を持て余す人もいます。また、タバコ仲間と一緒にいることもできなくなります。禁煙することで味覚が戻るため、食べ物がおいしくなるのもある意味デメリットです。そのデメリットとは、おいしく感じるため、ついつい食べすぎて太ってしまうことです。タバコを吸う時間を持て余してしまい、ついついお菓子に手が伸びてしまう人もいます。

■やめるか?それともやめないか?

苦楽というのは、必ずついて回るものです。禁煙のメリットとデメリットにも、同様に苦楽がついて回ります。最終的な判断で禁煙にメリットを感じていましたら、やはりできるところからはじめませんか?禁煙のいいところは、ニコチンパッチなどを使い、気軽にはじめられることです。実際に個人輸入などを利用して、海外では医薬品に認定されているニコチンパッチを手に入れている人もいます。禁煙外来が近くにない、気軽にはじめたい人には、海外のニコチンパッチを使うことからはじめてみませんか?

タバコを吸いたい!タバコの誘惑を紛らわすアイテムは?


禁煙をはじめたら、壁となるのはタバコを吸いたい衝動がやってくることです。このやってきた衝動をいかに抑えるかが、カギになっています。そして、衝動に勝てずに禁煙を挫折したこともあるかもしれませんね。そこで、タバコが吸いたい衝動が来たときに、どうやって誘惑を紛らわせればいいのでしょうか?また、衝動を事前に抑えるためには、どうすればいいのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■禁煙専用のサプリメント

おもな効果としては、体内に入っているニコチンやタールを外に排出する効果が期待できます。実際にこのようなサプリメントを使うことで、体がニコチンを求めなくなるようになります。1日数粒を飲むだけですので、非常にお手軽です。

■禁煙専用のアメ

アルコール依存症の人がアルコールをやめる場合、薬を服用します。薬を服用してアルコールを飲むと、ひどい悪酔いをすることで、自然とアルコールから離れる方法を使っています。禁煙専用のアメもこれに似ています。アメをなめたあとに、タバコを吸うと非常にまずく感じる成分が含まれています。おもに松葉エキスや松脂エキスが使われています。

■電子タバコや禁煙パイプ

やはり口にくわえないと落ち着かない場合には、この2つがおすすめです。味もたくさん種類があるため、好きな味を選ぶことができます。電子タバコのデザインもたくさんあるため、禁煙とあわせてオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか?

■ニコチンガム

どうしてもニコチンから離れることができない場合、この方法があります。煙を吸わないかわりに口内の皮膚からニコチンを吸収します。吸いたくなったら、ニコチンガムを口に入れましょう。

■ニコチンパッチ

ニコチンパッチは、皮膚の表面からニコチンを吸収します。ニコチンパッチを貼る場所は、腕やお腹、背中などに貼ります。貼る場所を徐々に変えるのがポイントです。ニコチンパッチを貼るだけですので、お手軽です。

■どれがおすすめなの?

ニコチンに依存している割合や体質、好みによりおすすめが変わります。また、ほかにもたくさんの禁煙グッズがあります。まずは、気軽にできそうなものからはじめてみましょう。

「一気にやめるVS徐々にやめる」正しいやめ方はどっち?


タイトル:「一気にやめるVS徐々にやめる」正しいやめ方はどっち?

禁煙をしたいと決意したら、やはり禁煙を成功させたいですよね。しかし、禁煙するためには、タバコを吸いたい衝動と戦わないといけません。そして、禁煙の方法は大きくわけて、一気にやめるのがいいのか?それとも、徐々にやめるのがいいのか?どちらかいいのか、とても迷いますよね。では、正しいやめ方はどちらになるのでしょうか?

■答えはどちらでもやめられる

禁煙を成功させた人の意見を聞きますと、一気にやめる、徐々にやめるのどちらでも成功しています。つまり、どちらが正しくて、どちらが間違っている、ということはありません。結果は同じでも、途中のプロセスが異なるだけです。

■医学的観点から見た場合には?

どちらも成功しているだけに、やはり迷ってしまいますよね。では、医学的観点から見た場合、どちらがいいのでしょうか?この答えは、一気にやめる方法になります。ある調査で、一気にやめた人と徐々にやめた人では、4週間後に禁煙できた人の割合は、前者は50%弱に対し、後者は40%弱でした。そして、6ヶ月経過後に禁煙を続けられた人は、前者は22%に対し、後者は15%でした。

■禁煙成功のコツはニコチンの依存度による

タバコを吸いたくなるのは、ニコチンによるものです。ニコチンにどれだけ依存しているかによって、やめ方も大きく変わります。コーヒーなどのカフェインを多く飲んでいる人は、一気にやめると離脱症状が起きて、頭痛や疲労が出ます。しかし、ある一定を超えると逆にスッキリします。タバコもまさにこれに似ています。

■禁煙グッズをうまく活用するのがおすすめ

一気にやめる、徐々にやめるのどちらであっても、禁煙は孤独でツライ戦いになります。自分の意志の力では、どうしても難しいところがあります。そこで重要なのは、禁煙グッズをうまく使うことです。ニコチンパッチなどをうまく活用しながら、やめるのが理想的です。また、ニコチンの入った禁煙グッズ以外にも、ニコチンが入っていない、代わりのものもあります。どうしてもやめられない場合には、禁煙外来をうまく活用しながら禁煙するのも1つの方法です。

禁煙用パッチの正しい使い方は?


禁煙の意味を一言で書きますと、タバコをやめることです。タバコをやめるという結果は同じであっても、そこまでの方法や手段はたくさんあります。禁煙の重要なことは、ストレスと手間を最小限にして、効率よく短期間でやめることです。仮に効果が100%だったとしても、ストレスと手間が大きかったら、挫折する確率も高くなります。だからこそ、ストレスと手間を最小限にして、禁煙することです。その方法として、おすすめの方法は禁煙用パッチを使うことです。では、どのようにして使えばいいのでしょうか?

■禁煙用パッチを使う期間は?

禁煙外来の場合、12週間つまり約3ヶ月かけて禁煙を成功させます。そして、禁煙用パッチを使う期間も、約10週間となります。つまり、半年や1年かけて使用するのではなく、2〜3ヶ月の短期間で使うことになります。

■禁煙用パッチにはどんな成分が入っているの?

おもにニコチンが成分として含まれています。ニコチンは口からだけではなく、皮膚からも吸収されます。口から吸う代わりに、禁煙用パッチから取り入れることになります。

■禁煙用パッチに種類はあるの?

同じメーカーから数種類の禁煙用パッチが出ています。その理由は、ニコチンの含有量を変えているからです。最初はニコチンの含有量の多いものからはじめ、途中から少しずつ減らしていきます。少ないニコチンでイライラなどが出なくなれば、最終的に禁煙用パッチは不要になります。ここまで来れば、禁煙に成功したことになります。

■禁煙用パッチを使用する場合の注意事項は?

当然ながら禁煙をしますので、タバコを吸うことは厳禁です。また、朝に貼り付けて、夜寝るときにはつけません。禁煙用パッチを貼る位置は、腕、お腹、背中になります。貼り付ける位置を変えることが重要です。

■禁煙用パッチは市販されているの?

市販されてはいますが、ニコチンの含有量が少ないため、禁煙初期の段階で禁断症状が出るおそれがあります。医薬品向けの禁煙用パッチはありますが、禁煙外来で処方してもらわないと手に入れることはできません。禁煙外来に行かず、医薬品向けのニコチンの含有量が多い禁煙用パッチを手に入れるなら、輸入代行がおすすめです。
ショッピングカートを見る

商品数:0 点 
合計金額 0




ゲームをして割引チケットをゲット!!

 
海外サプリメント個人輸入のOMS