今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 男性ホルモン

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

男性ホルモンはどのようなものなの?女性もあるの?


男性ホルモンはどんな役割があるのか、と言われてもわからない方も多いはずです。そこで男性ホルモンはどのようなものなのか、女性も男性ホルモンはあるのかについて、これから説明していきます。

■男性ホルモンはどのようなもの?

男性ホルモンとは、言葉の意味からわかるように、男性を維持するのに必要なホルモンです。また、男性の特徴を作り出すホルモンともいえます。たとえば、体毛を濃くする働きがあります。そして、女性の体と大きく異なるのは、筋肉量です。筋肉も男性ホルモンの役割によって作られます。見た目以外にも、心や脳にも大きく作用します。やる気を出す、行動力や判断力をアップするのも、男性ホルモンの役割です。

■男性ホルモンは一種類のみなの?

男性ホルモンは総称であり、複数の成分にわかれます。大きく分けて10種類弱あります。その中で中心となるものは、アンドロゲンやテストステロンになります。男性ホルモンというと、この2つをおもに指します。

■男性ホルモンが多く出る時期は?

男性ホルモンが多く出始めるのは、いわゆる第二次性徴期です。実は声が低くなるのも、男性ホルモンの作用になります。そして20歳をピークに年齢とともに減少していきます。

■男性ホルモンはどこで作られるの?

複数の臓器などで作られています。男性の場合、精巣いわゆる睾丸などの性腺で作られます。ほかには腎臓の上部にある副腎でも作られます。20歳男性の場合、1日あたり7mgのテストステロンが作られます。作られたあとは、血液に乗って全身に運ばれます。

■女性も男性ホルモンは作られるの?

男性に比べて量は少なくなりますが、卵巣で作られます。逆に男性は、コレステロールから女性ホルモンを作っています。量としては、女性に比べて半分ほどになります。

■男性ホルモンが減少するとどうなるの?

男性ホルモンは、筋肉を作る、やる気や性欲に関わるものです。年齢とともに減少すると、筋肉量が落ちる、やる気や性欲も減少していきます。いわゆる男性の更年期障害がこれに該当します。

普段の生活で男性ホルモンをドバドバ出すにはどうするの?


あなたが男性ホルモンを増やしたいと思ったら、その理由は何になるでしょうか?増やしたい理由は人によって変わります。いくら増やしたいと思っても、どのようにすれば増やすことができるのか、それを知らなければ意味がありません。では、普段の生活において、男性ホルモンをドバドバ出すためには、どうすればいいのでしょうか?その方法を紹介していきます。

■男性ホルモン・・・何を増やせばいいの?

男性ホルモンとは、複数の成分の総称になります。つまり、男性ホルモンを形成する成分は、1つだけではなく、複数あるということです。なんでも増やせばいい、ということではありません。効率よく、そしてカンタンに増やせる男性ホルモンとしては、テストステロンです。男性ホルモンの多くを占めて、このテストステロンをどれだけドバドバ出すかに関わります。

■働き盛りの男性に男性ホルモンが少ない理由

働き盛りといったら、20〜30代の活発な年代です。しかし、この年代は男性ホルモンが少なくなる傾向になっています。男性ホルモンは、筋肉や活動量を増やす、行動の元となります。では、なぜ減ってしまうのかといったら、その原因はストレスです。増やすことも重要ですが、やはり原因を取り除くことも必要です。ストレスを感じていたら、男性ホルモンが少なくなっている可能性大です。ストレスを軽減しながら、そして男性ホルモンを増やす方法を行うことが重要です。

■筋トレをする

筋トレをすると、筋繊維にダメージが加わります。そのダメージを修復するときに、もとの筋繊維よりも太くなり、結果として筋肉量が増えます。筋肉や骨を急いで作る必要があるため、そのときにテストステロンがドバドバ出るようになります。

■体重を落とす

肥満の人は、テストステロンが少ない傾向になります。ムリのない範囲で軽い運動からはじめ、体重を落とすようにしましょう。

■ビタミンDのある食べ物を取る

とくに魚介類に多く含まれています。場合によっては、サプリメントも併用します。

■日光に浴びる

ビタミンDの効果をより高める方法として、日光に浴びることです。夏場は厳しいですが、冬場に運動不足解消も兼ねて運動してみてはいかがでしょうか?男性ホルモンが増えると、自然とヤル気も出てきます。最近、ヤル気が起きない、ストレスを感じていたら、以上の中からできそうなものからチャレンジすることをおすすめします。

ホント?ウソ?男性ホルモンが多いとハゲるの?


男性ホルモンが多いとハゲになる。最近、髪の毛が薄くなってきた男性であれば、この話は気になるかもしれませんね。では、実際のところ、男性ホルモンが多いとハゲてしまうのでしょうか?この点を詳しく説明していきます。

■男性ホルモン=ハゲのいろんなウワサ

では、どんなウワサがあるのでしょうか?一例としては、以下のものがあります。
・筋トレを行いすぎるとハゲる
・性欲が強いとハゲる
・毛深い人はハゲる
などなど・・・このようなことは一度や二度、聞いたことがあるかもしれませんね。では、実際のところどうなのでしょうか?

■男性ホルモンの特定成分がハゲの原因になる

男性ホルモンは複数の成分から構成されています。つまり、男性ホルモンは総称であり、その中に複数の成分があります。実は、その中にハゲの原因になる成分があります。それは何かといったら、ジヒドロテストステロン、略してDHTとも呼ばれます。ただし、ジヒドロテストステロンが生成されるから、すべての男性がハゲるとはかぎりません。この成分に反応しやすい体質の人が、ハゲになりやすい、ということです。

■男性ホルモンを抑制すればいいのでは?

きっと、そう思われたかもしれません。男性ホルモンを抑制するということは、デメリットしかありません。デメリットは以下があります。
・ヤル気がなくなる
・性欲がなくなる
・心身の不調や抑うつ症状
・記憶力や集中力の低下
つまり、行動力がダウンしてしまいます。

■ジヒドロテストステロンを抑える方法

これで完全にハゲを解消できるとはかぎりませんが、以下のような方法があります。
・カキやレバーなど亜鉛の多い食べ物を食べる
・大豆食品を食べる
・運動をしてジヒドロテストステロンを外に出す
・喫煙やお酒、ストレスを減らす
昔に比べると、若ハゲやハゲる人は増えています。その理由は、偏った食事、運動不足、過度なストレスが原因になっています。このすべてを取り入れることは難しいこともあるはずです。できるところからはじめて、体質改善を行いながら、ハゲを少しでも抑制しましょう。

女性が男性ホルモンを取ることは?男性が取るとどうなる?


私たちは生まれたときに、男性と女性に別れます。身体的な面と法律的な面の2つで別れます。生まれたときには、顔や体つきの見た目で、男女の区別がつかないこともあります。そして成長するにしたがって、少しずつ男性らしさ、女性らしさが出てきます。その影響を左右するのが、男性ホルモンそして女性ホルモンとなります。では、女性が男性ホルモンを取ることはあるのでしょうか?男性が男性ホルモンを取るとどうなるのでしょうか?この点を説明していきます。

■女性が男性ホルモンを取る理由

その1つとして、性同一性障害などがあります。体は女性であっても、自分の感じている、認識している性別は男性であるというのが、この障害になります。つまり、自分が女性であることに対して、嫌悪感を持っています。そこで、少しでも男性化したい、という理由で女性が男性ホルモンを取る人がいます。いわゆる、ホルモン療法と呼ばれるものです。

■女性が男性ホルモンを取るとどうなるの?

個人差は出てきますが、一例として以下のような点が体にあらわれます。
・声が低くなる
・ヒゲや体毛、陰毛が増える
・生理や月経が止まる
・体つきが男性化する
・性欲が強くなる
以上の点は、男性ホルモンの影響によるものです。

■男性が男性ホルモンを取るとどうなるの?

男性の人が取っていることも多くあります。医療の観点においては、手術後の治療、骨粗しょう症に使われます。美容の観点においては、筋肉量を多くします。男性ホルモンのテストステロンは、筋肉量を増やす働きがあるからです。

■男性ホルモンの入手方法

男性ホルモンそのものは、ドラッグストアなどには販売されていません。おもに病院で治療目的に処方され、それ以外の方法で入手することは基本的にできません。ただし、病院を通さずに男性ホルモンを入手する方法は、個人輸入や輸入代行を使う方法です。つまり、海外で使われている医薬品などを取り寄せる方法です。ただし、日本では認可されていない医薬品もあるため、使用する場合には十分注意する必要があります。

男性ホルモンを短期間で増やすには?効果や副作用は?


男性ホルモンを増やしたい人は、たくさんいます。女性であれば男性化や中性化したい人、男性であればより男性化した人など、さまざまです。男性ホルモンを増やす方法としては、食事や運動などにより増やすことはできます。しかし、体質や性別にも大きく個人差が出るのが特徴です。そこで、男性ホルモンを短期間に増やすにはどうすればいいのでしょうか?

■男性ホルモン剤を使う

男性ホルモン剤と一言で書いても、たくさんの種類があります。形状としては、錠剤タイプ、アンプルタイプ、タブレットタイプなどがあります。ただし、日本で男性ホルモン剤をサプリメント感覚のように、ドラッグストアなどで入手することはできません。海外で使用されている男性ホルモン剤を、個人輸入の方法で入手することになります。ただし、海外と直接やり取りするのはリスクがあるため、輸入代行サイトを通して入手するのが一般的です。

■男性ホルモン剤の効果

男性においては、筋肉量が増えます。女性においては、体質が男性化していきます。体毛の増加や声変わり、体格が男性化していきます。

■男性ホルモン剤による副作用

男性ホルモンの影響が強く出ると、薄毛になることがあります。これは男性ホルモンの一種である、ジヒドロテストステロンの影響によるものです。男性ホルモンの量が増えれば、その可能性は高くなります。また、脂質の分泌などが増えて、にきびなどができます。そして、人工的に男性ホルモンを使用すると、肝臓の機能に影響が出ます。女性の場合であれば、生理不順や生理が止まる症状があらわれます。

■男性ホルモン剤の使用方法や注意点

それぞれ決められた用法や用法で使い、過度に使用しないことです。つい、男性ホルモンの効果を高めたいからといって、過度に取ってもムダになってしまいます。また、肝臓に重い障害を持っている場合、使用は控えましょう。ほかにも、何かしらの持病がある場合、その薬と相性が悪いこともあります。これらの点を熟知したうえで、男性ホルモン剤を活用するようにしてください。



ゲームをして割引チケットをゲット!!

 
海外サプリメント個人輸入のOMS