今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > スキンケア

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

しつこいニキビを治すには?子どもと大人の違いはあるの?


ニキビと聞くと、中学生などの思春期を思い浮かべるかもしれませんね。しかし、ニキビは大人になってからも悩んでいる人は多くいます。ニキビの多くは顔などの目立つ部分になるため、どうしても目立ってしまうものです。では、思春期の頃の子どものニキビと大人ニキビに違いはあるのでしょうか?あわせてしつこいニキビは、どのように治せばいいのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■ニキビと吹き出物の違いは?

ニキビと聞くと思春期の頃に使い、吹き出物は大人になってから使う、というイメージがあるかもしれませんね。しかし、この2つには厳密に違いや使い分けというのはありません。大人になったから、ニキビという言葉を使うのはいけない、ということもありません。

■思春期のニキビの原因は?

原因としては、体のバランスが大きく変わることにあります。男性の場合には、男性ホルモンが多く分泌されるようになります。男性ホルモンが多く分泌されると、皮脂が多く出るようになります。その結果として、毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。また、肌が不潔になるため細菌感染しやすくなり、肌の炎症が起こります。女性の場合には、生理などによって心身のバランスが大きく崩れることでニキビができやすくなります。

■大人ニキビの原因は?

思春期のニキビと異なり、原因はさまざまです。おもに以下のような原因があります。
・寝不足
・アルコール
・タバコ
・食生活
・化粧品の成分
・不規則な生活や食事
つまり、人それぞれに原因が異なります。

■大人ニキビを治すためには?

先ほども書きましたように、大人ニキビは原因が複数あります。そこで、原因となっているものを特定し、改善することが重要です。寝不足や不規則な生活が続いていたら、睡眠を多く取り、規則正しい生活をすることです。それとあわせて、ニキビケア用のクリームを使用するようにしましょう。細菌感染による炎症をおさえる作用があります。また、ニキビケア用のクリームを使う場合には、顔や手をキレイにした状態でつけるようにしましょう。

女性の大敵!気になるシミが出る原因は?治す方法は?


あなたが女性であれば、いつまでもキレイでいたいですよね。あわせて、同様に若く見られたいとも思うはずです。いろんなアンチエイジング方法はありますが、やはり気をつけていても肌のトラブルは起きてしまうものです。ニキビであれば、ケアをすれば治すことができます。しかし、女性の大敵であるシミに関しては、一度できてしまうと取り除くことが困難になります。では、シミはどうして起きるのでしょうか?あわせて治す方法や目立たなくする方法はあるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■違う?同じ?シミとくすみに違いはあるの?

シミと同様に女性の大敵でもある、くすみというのがあります。では、この2つに違いはあるのでしょうか?実は違いはなく、どちらも同じものです。色がハッキリしているのがシミ、なんとなく全体的に黒ずんでいるのがくすみとなります。

■どうしてできる?シミができる原因は?

くすみを含めて、そもそもシミはどうしてできるのでしょうか?この原因は、メラニンになります。メラニンは本来、肌を守るために必要不可欠なものです。肌に何らかの刺激が加わると、メラニンが働いて肌が黒くなります。肌が黒くなる原因としては、以下があります。
・紫外線
・肌の摩擦
・化粧品の成分
しかし、肌というのは常に生まれ変わっています。肌が黒くなったとしても、内側から古い肌を押しのけて、キレイな肌に戻ります。ところが、年齢を重ねることにより、古い肌が残りやすくなります。あわせて、メラニンが肌にずっと居座り続ける、色素沈着が起こります。これがシミの原因となってしまうのです。

■しつこいシミを消してキレイな肌にするには?

やはりシミを引き起こしている原因を取り除くことです。紫外線が影響していれば、紫外線から肌を守るケアを行うことが重要です。そのうえで、シミそのものを消すクリームを使います。クリームには、肌を黒くするメラニンの生成を抑制する働きがあります。また、クリームだけではなく、内服薬もあります。実際に医薬品として海外で使われているものもあります。しかし、病院に行かないと処方してもらうことはできず、その都度病院に行かないといけません。なるべく安く時間もかけたくない場合には、個人輸入によって海外の医薬品を手に入れる方法もあります。ただし、病院を通さないため、安全性や副作用をシッカリ確認したうえで利用するようにしましょう。

夏では手遅れ?紫外線対策はいつから行うのがベストなの?


昔は、肌が黒いほうが健康的なイメージがありました。しかし、今はその考えが逆になっています。昔に比べて紫外線が強くなっていることもあるからです。また、紫外線の影響による病気もかかりやすくなるからです。では、あなたは正しい方法で、シッカリと紫外線対策は行っているでしょうか?そこで、紫外線対策はいつから行うべきなのかを、これから詳しく説明していきます。

■紫外線が多いシーズンはいつなの?

そもそも紫外線がないシーズンはあるのでしょうか?これは残念ながら太陽が出ているかぎり、ずっと紫外線は降り注いでいます。しかし、シーズンによって紫外線の量は変わります。では、紫外線が多いシーズンは、やはり8月の夏になるのでしょうか?実はそのようなことはありません。紫外線が多くなるシーズンは5月頃からです。そして6月は梅雨に入るから、紫外線は少ないと思われるかもしれませんね。ところが、雨が多く降る6月も、ジリジリと猛暑が続く8月も紫外線の量は変わりません。つまり、気温の高さだけで紫外線の量が変わることはありません。

■紫外線対策を行いはじめる時期は?

先ほども書きましたように、6月も8月も紫外線の量は変わりません。つまり、梅雨明けしてから紫外線対策をするのでは、むしろ遅いくらいになります。理想は、すべてのシーズンを通して、シッカリと紫外線対策をすることです。それでも手間がかかるという場合には、紫外線が強くなりはじめる5月前から行うことが重要です。

■具体的な紫外線対策の方法は?

やはり、紫外線から肌を守るのが重要になります。紫外線を少しでも減らすため、帽子や日傘、サングラスなどがおすすめです。あわせて、肌の露出も少なくするようにしましょう。また、ベビーカーに赤ちゃんを乗せている場合にも、忘れずに紫外線対策をしましょう。このような対策を行ったうえで、紫外線からケアするクリームを塗りましょう。また、日焼けやシミ、くすみの原因となる、メラニンの生成を抑える成分が入っているのがベストです。

最近肌が疲れている・・・元気な肌に取り戻すケアの方法は?


あなたの肌の調子は、どのような感じでしょうか?肌の場所や、現在の状況によって肌の調子は変わってくると思います。しかし、体の疲れと同じように、最近肌が疲れていると感じているかもしれませんね。肌が疲れているということは、見た目の印象も大きく変わります。あわせて、肌のトラブルが起きる前兆でもある、またすでに何らかのトラブルが起きているかもしれません。そんな疲れた肌を身近なものでケアするには、どのような方法があるのでしょうか?

■要注意!肌が疲れやすくなる原因は?

仕事で疲れるように、肌もちょっとしたことで疲れが出てしまいます。そして、肌が疲れる原因は、さまざまあります。一例をあげますと、以下になります。
・乾燥
・紫外線
・ストレス
・化粧品
・不規則な生活
このようなものがあります。とくに肌の疲れは、夏の紫外線や乾燥によるもので顕著にあらわれます。それでは、次から具体的に肌のケアの方法を説明していきます。

■方法1:乾燥を防ぐ

肌が乾燥しているということは、体中の水分が肌から放出されていることになります。また、意外にも冷房や暖房でも乾燥しますので、1年中乾燥肌の状態になっていることもあります。お風呂上がりでも、そのままにしないで化粧水や乳液などで保湿を行いましょう。冬になると、かかとがガサガサするのも、手荒れも乾燥が原因だからです。

■方法2:シッカリ休息を取る

寝不足などによる不規則な生活は、肌にも大きく影響します。寝ているときに、肌の修復機能が働くため、寝不足になると修復機能が働かなくなります。ストレスを含めて、疲れているなと感じていたら、シッカリと休息を取りましょう。

■方法3:ビタミン剤を取る

肌が疲れているときには、ビタミンB群が不足しています。とくにお酒を飲んだ次の日には、体中のビタミンが不足しています。肌荒れを含めて、目の下にクマなどができやすくなります。そのような場合には、ビタミン剤を取りましょう。とくに、仕事がある慌ただしい朝に手軽に行うことができます。肌の疲れは、いろんな原因によって起こります。肌の疲れを効率的に治すためにも、まずは原因を追求することが重要です。

毛穴がボコボコ!目立つデコボコ肌をスベスベにするには?


毛穴がボコボコしていて、見た目がとても悪い!とくに女性の方であれば、そのようなジャガイモ肌はイヤですよね。見た目だけでなく、化粧のノリも悪くなりますよね。そのような毛穴がボコボコで困っていましたら、どうすればスベスベのタマゴ肌になるのでしょうか?原因とあわせて方法を説明していきます。

■ボコボコ肌になる原因は?

原因はいくつかありますが、炎症による肌荒れが多く占めています。一例としてニキビがあります。ニキビは、毛穴の中に皮脂や汚れなどがたまることで起こります。その皮脂や汚れのところにアクネ菌などの細菌が繁殖して、炎症を起こしてしまいます。いわゆる赤ニキビや白ニキビができることで、毛穴が開いた状態になってしまいます。ほかにもアトピーが原因によって起こる、ニキビや赤みも毛穴が開く原因になってしまいます。つまり、開いた毛穴を閉じるだけでなく、ニキビや炎症を防ぐことが重要になります。

■ボコボコ肌を食べ物で治す方法は?

実は、ボコボコ肌を改善する身近な食材があります。それは何かといったら、ジャガイモです。ジャガイモ自体はボコボコ肌なのに、食べて大丈夫なのと思われたかもしれませんね。実は、ジャガイモにあるビタミンCが、肌にハリや弾力をつける働きがあります。ビタミンCは非常に熱に弱い性質があります。ところが、ジャガイモはデンプンによりビタミンCを熱から守るため、多く取ることができます。また、コラーゲンの原料となる、肉類や魚、そしてタマゴも一緒に取ることをおすすめします。

■ボコボコ肌をスキンケアで治す方法は?

食べ物によって体の内側からだけでなく、外側からスキンケアすることも重要です。とくにニキビケア用で使われるクリームは、おすすめになります。ニキビの炎症を抑えるだけでなく、保湿効果も期待できるからです。シミやくすみは、肌の刺激により起こります。炎症を抑えることで、この2つも抑えることができます。市販薬よりも、やはり医薬品のほうが高い効果を期待できます。少しでも早くボコボコ肌を改善したい場合には、一度皮膚科で診てもらうことをおすすめします。また、病院に行く手間や時間を省きたい場合、個人輸入によってニキビケア用クリームの医薬品を手に入れることができます。ただし、一度病院でボコボコ肌の原因を診てもらってから、利用することをおすすめします。
ショッピングカートを見る

商品数:0 点 
合計金額 0




ゲームをして割引チケットをゲット!!