今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > アレルギー

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

アレルギーの種類はいくつある?起こる原因は?


あなたは何らかのアレルギーを持たれているでしょうか?花粉症やアトピーなどといった代表的なアレルギーを持たれているかもしれませんね。また、人間アレルギーなどといった、病気や症状と違う精神的な嫌悪感を持っているアレルギーを持っているかもしれませんね。では、病気や症状を引き起こすアレルギーには、どのくらいの種類があるのでしょうか?また、起こる原因はどのようなものがあるのでしょうか?

■アレルギーの種類は無数・・・

人間がアレルギーを起こす物質は、この地球上そして宇宙上にあるものすべてです。このように書くと大げさに感じるかもしれませんね。もちろん、すべての物質すべてにアレルギーを起こすわけではありません。しかし、どんな物質であっても、アレルギーを起こす可能性はあるのです。もしかしたら、たくさんのアレルギーを持っているかもしれませんが、その物質に運よく遭遇していないだけかもしれません。人の感情や考え、性格は人それぞれ違うように、人それぞれアレルギーを引き起こす物質は異なります。
一例をあげますと、
・花粉
・食べ物
・ハウスダウト
・ラテックスなどのゴム
・金属
・薬物
・ハチや蛇、キノコなどの動植物の毒
このようなものがあります。

■アレルギーが起こる原因は?

これは体内にある、免疫機能の誤作動によるものです。私たちの体内には免疫と呼ばれる、ガードマンや警察官のようなものがあります。免疫の役割としては、体内に入った異物に対して攻撃や排除を行います。風邪をひいて熱が出るのも、喉が痛くなるのも、下痢や吐き気が出るのも免疫機能の一種です。本来であれば異物に対して反応すればいいものの、体内に有益なものや無害のものまで攻撃や排除をしてしまいます。いわゆる過敏反応を起こしてしまうわけです。過敏反応が起こるキッカケは生まれつきの体質もあります。また、金属やゴムなどを長期的に触れることにより、徐々に異物として見なしてしまうこともあります。アレルギーになる物質は無数にあるからこそ、シッカリと原因を調べることが重要です。

アレルギーでよく聞くヒスタミンとはどのようなもの?


ヒスタミンという言葉は、何度も聞かれたことがあるかもしれませんね。実際にアレルギーに関しても、この言葉がよく使われます。しかし、言葉は知っていても、詳しい意味まではわからないという方も多いはずです。では、ヒスタミンとはどのようなものなのかを、これから詳しく紹介していきます。

■ヒスタミンは体内にある物質

ヒスタミンは、誰でも体内にある物質になります。では、そのヒスタミンはどこにあるのでしょうか?それは、私たちの細胞の中に入っています。つまり、普段は細胞の中でおとなしくしているわけです。

■ヒスタミンの気になる役割は?

私たちの体は、いつも健康にそして平常に保たれるようになっています。その代表としては脳になります。脳がいろんな臓器をはじめとして、コントロールしています。しかし、脳は細胞レベルまで、コントロールすることはできません。そこで体に異常事態が発生した場合、ヒスタミンが重要な役割を果たしています。蚊やハチなどの虫刺されが起きると、ヒスタミンが活動をはじめます。ヒスタミンが細胞の外に放出されます。放出されることで、体に異常が出たことを知らせます。そして、体に異常が起きた部分の状況に応じて、免疫機能や修復機能が働きます。ヒスタミンの役割としては、免疫機能を働かせるのに重要な伝達物質になります。

■ヒスタミンが過剰に反応すると・・・

ヒスタミンが反応するのは、温度や湿度、光や音でも反応します。このヒスタミンが反応する感度も人それぞれです。何らかのアレルギーを持っている人は、このヒスタミンの反応する感度が敏感な人です。ヒスタミンが放出されますと、体に異常が出たことを知らせます。不要なものを排出しようと、花粉症の場合であれば、くしゃみや鼻水、かゆみや涙を出すわけです。アレルギーが起こるのは、免疫機能の誤作動によるものです。そして、ヒスタミンも同様に誤作動を起こしているわけです。

■ヒスタミンの誤作動を抑えるには?

体質的なものがあるため、完全に抑えることはできません。しかし、少しでもヒスタミンの誤作動を抑えるものが、抗ヒスタミン薬です。虫刺されの薬をはじめ、花粉症の薬にも含まれています。抗ヒスタミン薬には副作用もあるため、それぞれの薬の注意書きを確認することが重要です。

ウソ?ホント?喘息は大人になってからはならない?原因は?


喘息とは、実際になった人でないとわからない苦しみがあります。実際にお子さんが喘息持ちですと、親としては何とかして治してあげたいと思うはずです。では、喘息は起こる原因として、アレルギーはあるのでしょうか?また、子どものときに喘息にならなければ、大人になって喘息は起きないのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■喘息が起こる原因は?

喘息が起こる原因としては、以下があります。
・空気の汚染
・タバコ
・ストレス
・気候などの環境
・ハウスダスト
・ペット
ほかにも、喘息が起こる原因はあります。喘息が起こる原因で多くを占めているのが、アレルギーです。実際に親や兄弟がアレルギー持ちで、喘息を持っていると、発症する確率は3〜5倍に増えます。その中でも、アトピー性皮膚炎を持っている場合、喘息を発症する確率は非常に高くなります。小児喘息の多くは、アレルギーによるものです。

■大人になってからの喘息はあるの?

小児喘息と書くように、子どものときになるもの、というイメージが強いかもしれませんね。しかし、子どもの頃は何もなかったのに、大人になってから喘息になることも実はあります。とくに40代以降に喘息になる割合が増えています。大人になってからの半数は40代以降になります。しかも、大人の喘息は年々増加傾向にあります。そして、小児喘息と異なり、大人の喘息は完治しないのが現状です。大人の喘息が発症する原因は、ストレスや環境、タバコなどさまざまあります。また、大人になってからの喘息は、年間2,000人の死亡者がいるなど、注意が必要です。

■大人の喘息は突然やって来る!

とくに前触れもなく、やって来るため、事前に予防や対処が難しくなっています。現在、以下のような症状がある場合、注意が必要です。
・風邪でもないのに咳が長引くようになった
・息をするとゼーゼーと音がする
・なんだか息苦しい
大人の喘息は死亡者が出るほど、注意が必要な症状です。少しでも気になることがありましたら、早めに病院で診てもらうことが重要です。

ツライ花粉症を薬以外で和らげる方法は?


あなたは、すでに何らかの花粉症にかかっているでしょうか?とくに春の時期になりますと、花粉症を訴える人が急増します。日本人で花粉症にかかっている割合は、3人に1人という統計が出ています。いわゆる国民病の1つとして認定されています。そのようなツライ花粉症を、薬以外で和らげる方法はあるのでしょうか?

■そもそも花粉症の原因は?

花粉症と聞くと、スギやヒノキ、北海道ではシラカバのイメージが強いかもしれません。そして、春のイメージが強いですが、そのようなことはありません。夏になりますと、イネやキク科の植物で花粉症を引き起こします。ほかにも、コナラ、クリ、イチョウなど、さまざまあります。実は、いろんな植物の花粉に反応する人は、一年中花粉症に悩まされる人もいるくらいです。また、イチゴやリンゴなど果樹園の仕事をされている方は、それが原因で花粉症を引き起こす、一種の職業病も起こります。

■薬以外で花粉症を和らげるには?

花粉症を和らげる原則としては、体の免疫機能を高めることです。免疫機能が落ちますと、それにより花粉症を引き起こしやすくなります。食べ物や飲み物で花粉症を和らげるには、腸内環境を整えることです。ヨーグルトや味噌、納豆、漬物など、乳酸菌が多く含まれる食べ物を食べましょう。花粉症の人は、腸内環境が荒れていることが多く、腸から花粉の物質を取り込みやすくなるからです。また、ワインや緑茶、大豆製品や野菜など、ポリフェノールなど抗酸化作用が高い食べ物を食べましょう。ほかには、山芋や納豆のような粘り気のある食べ物は、腸内の粘膜を保護する役割を高めます。ただし、糖分の取り過ぎは、体を冷やして免疫力が落ちてしまうため、避けるようにしましょう。食べ物以外では、体を温める、そして運動することが重要です。冷え性になると免疫力が高まってしまうからです。逆に運動することにより、体の機能とあわせて免疫力も高まるからです。

■免疫力を高めてさらに花粉症を和らげるには?

免疫力を高めるのには、やはり時間がかかります。先ほど書いた内容をすべて忠実に行うのは、難しいかもしれませんね。できる対策法を行うのとあわせて、やはりアレルギー薬を服用するようにしましょう。相乗効果により、ツライ花粉症を和らげることもでき、あわせて健康な体を手に入れることもできるため、一石二鳥です。

緊急事態!喘息による急な発作が起こった場合の対処法は?


喘息の怖いところは、誰でもかかることです。子どもの頃に喘息にならなかったから、大人では大丈夫というのは、大きな誤解です。昔に比べて、大人の喘息が増えているからです。とくに大人になってからの喘息は40代以降に発症するからです。そして、喘息で怖いところは、突然喘息がやって来ることです。では、どんな対処法を行えばいいのでしょうか?

■発作を感じた場合の応急処置は?

発作が起こる前に、息苦しくなる、ゼーゼーといった呼吸音が聞こえることもあります。そして発作には、大きくわけて3つあります。
・小発作
・中発作
・大発作
喘息の症状が重くなるにつれて、下に向かって行きます。すべてに共通することは、その場で安静にすることです。そして、発作を抑える吸入剤を服用することです。

■小発作の対処法

少し息苦しい程度ですので、日常生活に大きな支障はありません。まずは、安静にしたあとに吸入剤を使用して、しばらく様子を見ましょう。吸入剤を使用して、2時間以内に小発作が落ち着かない場合、かかりつけの病院に診てもらいましょう。

■中発作の対処法

小発作に比べて息苦しくなる、そして日常生活に影響が出始めます。横になっても息苦しい場合、中発作のおそれがあります。そのような場合には、体を起こした状態で、その場で座って安静にしましょう。小発作と同じように、吸入剤を使用して、可能であれば病院で診てもらいましょう。

■大発作の対処法

激しく咳き込んで、呼吸困難の症状があらわれます。酸欠状態で、唇や指先が青紫色になっていたら、注意が必要です。そのまま放置すると、呼吸停止や意識不明になる、大変危険な状態です。吸入剤はもちろんのこと、救急車をすぐに呼びましょう。

■周りの人に理解してもらう

自分自身または、お子さんが喘息持ちであれば、その状況に応じて対処することができます。しかし、そうでない人の場合、対処法がわからずに、驚いてしまうことがあります。その場合には、自分が喘息持ちであること、対処法や病院の連絡先を書いたカードを持参するようにしましょう。また、学校や職場でも、事前に喘息持ちであることを理解してもらうことが重要です。
ショッピングカートを見る

商品数:0 点 
合計金額 0




ゲームをして割引チケットをゲット!!

 
海外サプリメント個人輸入のOMS