今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > スマートドラッグ&抗うつ

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

スマートドラッグとはどんな薬?気になる効果や安全性は?


仕事や勉強など、どうしてもやらないといけないことがあります。あなたは、そのようなときに集中力を高めた状態で、すぐに取り組むことはできるでしょうか?やらなきゃいけないとわかっていても、ダラダラしてしまう・・・集中力がすぐに途切れてしまい、ネットサーフィンをしてしまう・・・きっと、そのような経験は何度もあるはずです。そのようなときにオススメなのが、スマートドラッグです。では、スマートドラッグとは、どのような薬なのでしょうか?また、気になる効果や安全性について説明していきます。

■スマートドラッグとは?

スマートドラッグは、脳の機能を高めるための薬になります。日本では、まだ馴染みのない部分もあるかもしれませんね。スマートドラッグは、本来医薬品のみを指します。しかし、サプリメントや栄養補助食品も含めることもあります。実際にスマートドラッグは、アメリカの市場で流行しました。流行になる波は、時代や状況により変わりますが、アメリカでは認知されている薬になります。

■スマートドラッグは合法ドラッグなの?

スマートドラッグは、本来医薬品として認められたものです。つまり、一定の効果が期待できる、そして臨床試験もパスをして医療機関でも認められたものです。つまり、安全性を確認されたものが、スマートドラッグです。合法ドラッグは法律の目をかいくぐった、脱法ドラッグになります。法律上、所持するのが禁止された薬物の代わりになるものです。もちろん、医療機関でも認められていません。体に悪影響が出るだけでなく、逮捕されるおそれもあります。スマートドラッグの場合、そのようなリスクなく合法的に使用することができます。

■スマートドラッグの効果は?

一例としては、以下があります。
・記憶力アップ
・集中力アップ
・ヤル気アップ
おもに脳の血流量を増やして、脳の活性化が期待できるものです。イメージとしては、コーヒーなどのカフェインを飲んで、頭が冴える効果を期待できます。ただし、スマートドラッグを服用して、どのくらいの効果を実感できるかは人それぞれです。また、スマートドラッグは、日本国内で手に入れるのは難しいのが現状です。個人輸入などを利用して手に入れる方法が一般的です。

うつを予防するためのセロトニンを増やす3つの方法は?


最近、なんだかやる気が起きない・・・そのようなことはないでしょうか?誰しもやる気が起きないことはあります。いつもやる気に満ちあふれていましたら、疲れてしまいます。要するにバランスが重要です。しかし、ここ最近ずっと落ち込んだ状態が続く場合、セロトニンが不足している可能性も考えられます。うつを予防するためには、セロトニンを増やすことが重要です。では、セロトニンはどのようなものなのか、あわせて増やす3つの方法を紹介していきます。

■セロトニンとはどのようなもの?

私たちの体の中には、いろんな物質があります。人が活動的になる、逆に体がゆったりしてリラックスするのも、体の中にある物質が左右しています。その1つにあるのがセロトニンになります。セロトニンは、幸せホルモンと呼ばれることもあります。役割としては、気持ちを安定させて幸せなどを感じることができます。

■うつになるとセロトニンが不足する理由は?

うつになると、セロトニンが不足してしまいます。その理由としては、日々の生活環境やストレスなどが大きく影響しています。いつも追い詰められている状況になると、セロトニンが体内に分泌されなくなります。そうなると、リラックスすることもできず、不安や恐怖に襲われることになります。その状態が続くと、結果としてうつを引き起こしてしまいます。

■セロトニンを増やす3つの方法は?

その方法はいくつかありますので、できるところから行っていきましょう。1つ目は、太陽の光をシッカリと浴びることです。太陽の光を浴びると体が目覚めて活動的になります。その際にセロトニンが体内に放出されます。2つ目は、運動をすることです。やはり体を動かしますと、それだけでやる気が出てきます。また、ストレスを発散させ、体の機能も向上させることができます。3つ目は、食事です。とくにトリプトファンが含まれている食べ物を食べることです。おもな食べ物としては、肉や赤みの魚、乳製品や大豆製品に多く含まれています。忙しい日々を送っていると、すべてできないこともあるかもしれません。そのようなときには、ムリをせず意識的に体を休めてリラックスすることが重要です。

やる気がない・・・抑うつや老人性うつ、うつ病の違いは?


あなたは1日のうちで、やる気はどのくらいあるでしょうか?仕事ではやる気が起きないけど、遊ぶときにはやる気が出る人もいるかもしれませんね。また、以前に比べてやる気や意欲がなくなってしまった、ということもあるでしょう。やる気というのは、そのときの状況や環境によって大きく左右します。自分でコントロールするのも難しいのが現状です。では、やる気がなければ、それはうつ病なのでしょうか?ほかに言葉として聞く、抑うつや老人性うつなどがあります。これは、うつ病とどう違うのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■やる気がないからうつ病ではない

仕事や家事などやらなければいけないのに、やる気が出ない・・・そんな自分を責めてしまうことも何度かあるはずです。でも、やる気がないから、必ずしもうつ病とはかぎりません。元気なときもあれば、疲れてぐったりすることは誰でもあります。それと同じように、やる気もあるときがあれば、ないときがあります。病的なものでない、やる気がない状態を、抑うつと呼びます。このような場合には、ゆっくりと休むことが重要です。

■うつ病とはどのようなものなの?

うつ病の原因はいくつかあります。とくに仕事上で起こるうつ病としては、過度なストレスや不安がずっと続くことで起こります。私たちの体は、ストレスがかかっても、それに耐えるようになっています。しかし、その状態が続くと、体をリラックスできずに疲れ切ってしまいます。そして、限界を超えてしまうと、体を動かすこともやる気を起こすこともできなくなってしまいます。

■老人性うつとはどのようなものなの?

これもうつ病の一種です。年齢を重ねますと、体の衰えなどから、気持ちも同様に落ち込んでしまいます。また、若い頃と比べて、意欲も落ちてしまいます。結果として、うつ病と同じような症状があらわれます。しかし、老人性うつの厄介なところは、認知症と区別が難しいことです。認知症だと思って調べてみたら、老人性うつだった、またはその逆も起こります。年齢に関係なく、やる気が起きない、意欲が落ちている状態が長く続く場合には、早めに病院で診てもらいましょう。

うつ病になってしまった場合の対処法や治療法は?


健康な状態と病気になるのでは、どちらがいいでしょうか?当然のことながら、健康な状態のほうがいいですよね。病気になって不自由な思いをするよりは、自由に好きなことをしたいですよね。しかし、いくら気をつけていても、病気になってしまうことはあります。まさか自分がうつ病になるなんて・・・という方も実はたくさんいるのが実情です。では、うつ病になってしまった場合、どんな対処法や治療法があるのでしょうか?

■日本のうつ病事情は?

うつ病は、以前に比べてニュースでも取り上げられ、認知度は高くなっています。実際に日本でうつ病を患っている人は、10〜15人に1人と言われています。そして、2008年の統計によりますと、うつ病の患者数は100万人以上と言われています。この数字からわかるように、うつ病というのは身近な病気の1つです。厚生労働省では、がん、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞を四大疾病に、うつ病を含めた五大疾病に指定するなど、社会問題となっているのも事実です。

■うつ病になってしまった場合の対処法は?

可能性も含めて、まずは心療内科で診察をしてもらうことです。そして、うつ病と判断されたら、とにかく休むことが重要です。体を休めないことには、うつ病を改善することができないからです。うつ病の場合、やる気だけでなく、行動力もありません。ムリに運動することもなく、とにかく休むようにしましょう。仕事であれば会社と相談して、傷病休暇を取るようにしましょう。

■うつ病の具体的な治療法は?

おもに抗うつ薬を服用することです。抗うつ薬にも多くの種類があり、病気の症状にあわせて処方される薬が異なります。そして、体を休めながら抗うつ薬を服用して、しばらく様子を見ましょう。

■うつ病はどのくらいで改善するの?

体質や状況にもよりますが、1〜3ヶ月以内で80%改善するという統計があります。しかし、うつ病には波があり、一見よくなっても再発することがあります。社会復帰は焦らず慌てず、抗うつ薬を服用しながら様子を見るようにしましょう。

抗うつ薬の種類はいくつある?効果や依存性はどうなの?


うつ病を改善するためには、一般的な病気と同様に薬による治療で行います。いわゆる、抗うつ薬になります。しかし、抗うつ薬に対して効果はあるのか、そして安全性や依存性について不安を持たれている方も多くいます。では、そのような抗うつ薬について、どのような種類があるのでしょうか?あわせて、効果や依存性について説明していきます。

■抗うつ薬を服用しないでうつ病は治るの?

薬を飲まずに病気が治るのであれば、そのほうがいい!そう思われているのも事実かもしれませんね。では、答えはどうなのかといったら、治るのに時間がかかってしまいます。うつ病になると普段の生活もできなくなってしまいます。そこで、少しでも早く改善するための方法が、抗うつ薬になります。必要なときに使うのが、薬の正しい使い方、そして本来の使い方です。

■抗うつ薬の種類はどのくらいあるの?

初期の抗うつ薬は、1950年代に使われはじめました。実は抗うつ薬には世代があり、薬の成分や効果、副作用の違いにより以下のようになっています。
・第一世代:三環系抗うつ薬
・第二世代:四環系抗うつ薬
・第三世代:選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)
・第四世代:セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)
この世代ごとに、数々の抗うつ薬が国内で使われていて、約20種類あります。うつ病の症状や、その方の体質などにあわせて処方される抗うつ薬が変わります。

■抗うつ薬はうつ病のみに使われるの?

実は、うつ病以外にも抗うつ薬が使われます。精神を安定させる働きもあるため、強迫性障害やパニック障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などにも使われます。

■抗うつ薬の安全性や依存性は?

抗うつ薬は精神に影響するから、安全性はどうなのか気にしている方も多くいます。抗うつ薬を服用し始めた初期の頃は、喉の渇きや吐き気、排尿障害や性欲減退といった症状があらわれます。しかし、逆の見方をすれば、効果が出ていることになります。また、うつ病はすぐに改善することはなく、一進一退をしながら改善に向かっています。やはり、薬で治療を行っている以上、多少の依存性はあります。しかし、勝手な判断で抗うつ薬をやめてしまうと、離脱症状があらわれて、うつ病を悪化させるおそれがあります。必ず病院の先生と相談を行いながら、減薬する時期を見極めることが非常に重要です。
ショッピングカートを見る

商品数:0 点 
合計金額 0




ゲームをして割引チケットをゲット!!