今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > ダイエット

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

えっ意外!?夏より冬のほうが痩せやすい理由


1年のうちで痩せやすい時期といったら、いつになるでしょうか?理由はわからなくても、夏が痩せやすいと思われたかもしれませんね。ところが、実は夏より冬のほうが痩せやすいことを知っていましたか?その理由をこれから詳しく説明していきます。

■夏に汗をかいても痩せない理由

夏は汗をかくから、じっとしていても痩せやすい。夏の暑さで体が熱くなるから痩せやすい。そう思われているかもしれません。しかし、痩せるのに必要なのは、脂肪を燃焼させることです。汗をかいたからといって、脂肪を燃焼させることはできません。単純に体の水分が抜けただけで、脂肪そのものが減っているわけではありません。

■夏より冬が痩せやすい理由

その理由としては、寒さがあります。私たちの体は、常に一定の体温を保とうとします。イメージとしては、常に体内で暖房がついている状態です。冬の寒さに当たると、体内の暖房の温度を上げようとするからです。当然、暖房を運転させるには、燃料が必要となります。その燃料に相当するのが、脂肪となります。いわゆる代謝機能が夏より冬が多くなるからです。

■それでも冬に太ってしまう理由

体は脂肪を燃焼させ、代謝を上げようとしているのに、それをジャマしているのは何になるのでしょうか?原因の1つとして、冬はおいしいものやイベントが多くあるからです。鍋などついつい食べてしまいますし、忘年会や新年会、クリスマスやお正月などに食べる機会が多くなります。お酒も多く飲むため、食欲も増えてしまいます。また、多く食べる、飲んでしまうと、動くのがさらに億劫になります。それらが拍車をかけて、冬に太ってしまいます。

■冬はダイエットに適した季節

冬になると箱根駅伝をはじめとして、マラソン大会が多く行われます。その理由としては、夏のように熱中症の影響を受けず、体の負担が少なくなるからです。つまり、運動をして体温が上がっても、夏のように危険な状態にならず、長時間運動がしやすいからです。とはいっても、激しい運動をしたくないかもしれませんね。そこで、体の負担の少ないウォーキングやサイクリングなどがおすすめです。気楽にムリせず行って、夏にスッキリした体型をキープしてみませんか?

ダイエットでよく聞く有酸素運動とは?おすすめの運動は?


私たちは生きていくためには、食べ物や飲み物だけでなく、酸素が必要になります。食べ物や飲み物は10分以上取らなくても問題ありませんが、酸素の場合にはそのようなことはできません。ダイエットするには、有酸素運動が効果的というのを何度も聞いたことがあるかもしれませんね。では、有酸素運動とはどのようなものなのでしょうか?あわせて、ダイエットに効果的でムリなくできる、おすすめの運動は何になるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■無酸素運動とはどのようなものなの?

「有」があるのであれば、当然「無」もあります。無酸素運動というのは、瞬発力を必要とする運動です。一例としては、筋トレや重量上げ、短距離走などです。筋肉をフルに使うような運動です。実際に重いものを持ち上げるとき、無意識のうちに息を止めたことはないでしょうか?重量上げの選手も、重いバーベルを持ち上げるとき、息を止めて一気に持ち上げます。実は、息を止めると、重いものを持ち上げることができるからです。逆に息を吐きながらですと、持ち上げることはできません。重い物を持ち上げる、力を必要とする、早さが必要なものは、無酸素運動になります。

■有酸素運動とは?どうしてダイエットに効果があるの?

有酸素運動は、息をしながら、ゆっくりと長時間できる運動になります。ウォーキングやマラソン、サイクリングや水泳などは、有酸素運動になります。また、呼吸を意識するヨガも有酸素運動の1つです。では、なぜ有酸素運動はダイエットに繋がるのでしょうか?それは、脂肪を燃焼させるのに酸素が必要だからです。火を燃やすのに酸素が必要なのと同じイメージです。

■おすすめの有酸素運動は?コツは?

一例としては以下があります。
・ウォーキング
・ジョギング
・水泳や水中歩行
・ヨガ
・サイクリング
ゆっくりと自分のペースでできる運動になります。有酸素運動のコツとしては、息切れするまで運動しないことです。息切れしてしまいますと、無酸素運動になってしまうからです。とにかくゆっくりと、体の負担がかからない程度で行うのがコツです。

運動はイヤ!食べたい!そんな人におすすめダイエットは?


とにかく楽をしたい!これは、あなたを含めて誰しも思っていることです。しかし、コインの表には裏があるように、楽にも裏があります。いわゆる苦になります。ダイエットするためには運動をすることが重要とわかっていても、それに苦を感じてしまうわけです。そこで苦を避けるために、楽に走ってしまい、結果的に苦がもれなくついてくることになるわけです。そこで運動をせずにできる、おすすめのダイエットは何があるのでしょうか?

■食べて痩せることは可能なの?

基本的に食べて痩せることは可能です。とはいっても、問題は食べているものによります。1日に消費できるカロリーは、上限があります。その上限を超えるだけの食事をすれば、基本的に太ってしまいます。とくに、おいしい食べ物はたくさんあり、一度手を出してしまったために止まらなくなった・・・そんなことも何度もあるかもしれませんね。食べて痩せるためには、ある程度食事コントロールが必要となります。糖質や炭水化物、脂質を多く取りすぎていたら、制限することが重要です。

■食べることは楽!苦を少なくするには?

食べることが大嫌い!そのような人はあまり多くないはずです。食べることが大嫌いであれば、そもそも太っていることはないかもしれません。食事によるダイエットとして思いつくものは、
・まったく食べない
・食べる量を一気に減らす
・好きな食べ物を避けて野菜や果物にする
このようなものが出てくるかもしれませんし、実際に試されたかもしれませんね。
しかし、実際にうまく行かなかったケースも多いはずです。先ほどのダイエット方法は、基本的に苦になりますし、体にもよくありません。
何より、ストレスにもなるはずです。でも、やっぱり食べたい・・・そのようなあなたにおすすめのダイエット方法は、何があるのでしょうか?

■ダイエットのサプリメントを使う

アメリカで大人気であり、日本でもその効果を実感している人も多くいます。その1つに、ザントレックス3があります。とくに脂肪の吸収を抑え、脂肪燃焼の効果を期待できます。実際に試された人は、ザントレックス3を飲んでから、便に油が出るようになった、という人がたくさんいます。運動はイヤだけど、食べるのが大好き!そのようなあなたでしたら、ザントレックス3を試してみてはいかがでしょうか?

気になる!ダイエットサプリの効果は?医薬品はあるの?


今までダイエット経験がありましたら、どのようなことを行ってきたでしょうか?一例としては食事制限や運動などがあります。そして、ダイエットは手法や方法が無数にあり、次から次へと新しいものが出てきます。新しいものが出たと思ったら、いつの間にか消えていることもあります。そこで思うのは、長く続けられて気軽にできるもの、いつまでも効果のあるダイエット方法で行いたいと思うはずです。では、その1つであるダイエットサプリの効果は、どのくらい期待できるのでしょうか?実際に医薬品はあるのでしょうか?

■ダイエットサプリの効果は?

ダイエットサプリと聞いて、思い浮かぶサプリメントは何があるでしょうか?実際に試されたダイエットサプリが出たかもしれませんね。結論から書きますと、ダイエットサプリの効果は、さまざまです。実際に効果があるもの、あまり期待できないものまであるからです。ダイエットサプリは、分類上として栄養補助食品の扱いとなります。そのため、必ずしも効果を保証するものではありません。また、医療機関や国で公式なお墨付きをもらっているわけではありません。極端な話、効果の有無に関係なく、誰でもダイエットサプリを販売できてしまいます。また、ダイエットサプリを多く販売している大手企業は、CM効果を狙って販売していることもあるからです。つまり、ダイエットサプリは、効果があるかもしれませんし、ないかもしれないというのが答えになります。

■サプリメントと医薬品の違い

先ほども触れましたが、サプリメントは栄養補助食品の扱いになります。そのため、医薬品には分類されません。医薬品として販売するには、多くの臨床試験が必要となります。最終的には国のお墨付きをもらわないと、医薬品として販売できません。つまり、医薬品は国が効果を期待できるものとして販売されたものです。サプリメントの場合、臨床試験をすることなく、国のお墨付きをもらうことなく、すぐに販売できます。

■日本でダイエット用の医薬品はあるの?

実際にありますが処方されるのは、かなりの肥満でないと処方されません。そのため、多くの日本人は、ダイエット用の医薬品を手にすることはできません。しかし、個人輸入や輸入代行を使うことにより、ザントレックス3やオルリファスト、ゼニカルといった海外で使われている医薬品を手に入れることはできます。

健康診断でメタボ予備軍!放置するデメリットは何があるの?


若い頃は健康だったけれど、30代そして40代となると、健康に不安が出てきます。実際に健康診断を受けてみて、体重を気にしている人もいるはずです。そこで、あるときから健康診断の結果で、メタボやメタボ予備軍に入ったかもしれませんね。その結果と見て、ダイエットしないといけないな、と思われた方も多いはずです。しかし、そのような意識も消え去って、いつもの生活に戻っているかもしれませんね。では、メタボを放置するデメリットは、何があるのでしょうか?

■メタボになっても放置する理由

その理由としては、すぐに命に関わることがないからです。健康診断の結果でガンと言われたら、すぐに治療を始めるはずです。メタボになったからといって、痛みを伴うことは少ないからです。せいぜい、洋服代の出費がかさむ、動くと息切れしやすくなる、汗をかきやすいなどといったことです。

■メタボを放置するデメリットは?

やはり、生活習慣病を進行させるリスクが高まることです。生活習慣病も困ったことに、何か痛みを伴うものではありません。生活習慣病から来る病気で注意したいのは、糖尿病です。糖尿病は一言で書くと、血液の病気です。血液の状態が非常に悪くなり、全身に悪影響を及ぼします。とくに糖尿病で怖いのは失明です。中途失明の多くは、事故以外に糖尿病になります。また、食べ物から取った栄養をうまく体内に吸収できず、大きく痩せてしまいます。つまり、病的に痩せてしまうため、太りたくても太ることができません。しかも、糖尿病になったら、一生薬を飲み続けないといけません。

■健康的にダイエットして生活習慣病を防ぐには?

冷えは万病の元と言われますが、メタボも万病の元とも言えます。病気になってからですと、治療にお金も時間もかかってしまいます。そこで、健康なうちにダイエットをはじめることが重要です。一例としては、食事内容やカロリーに注意する、運動をするといった方法があります。とはいっても、いきなり生活習慣を変えるのは難しく、長続きしないことも多くあります。そこで、海外で使用されているダイエット用の医薬品である、ザントレックス3やゼニカルがあります。脂肪の吸収を抑える、そして脂肪を排出する効果が期待できます。個人輸入でしか手に入れることができず、医師の診断を通さないため、自己責任での使用となります。メタボを解消したいけど、生活習慣を変えるのが難しい、長続きしないと悩んでいましたら、試してみるのも1つの方法です。



ゲームをして割引チケットをゲット!!

 
海外サプリメント個人輸入のOMS