今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 鎮痛・解熱

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

関節リウマチはなぜ起こる?治す方法はあるの?


痛みや炎症が起きる原因は、さまざまあります。外側からぶつけられたことによる、外部が原因による痛みがあります。ほかには、体内で何らかの原因によって起こる痛みがあります。どちらの場合にしても、痛みが起きるのはイヤなはずですよね。言葉ではよく聞く、関節リウマチですが、どのようにして起こるのでしょうか?また、治す方法はあるのでしょうか?

■関節リウマチは年齢によるもの?

関節リウマチとは、関節周辺に起こる炎症です。そのイメージから、年齢の高い人に起こるように感じるかもしれません。実際には40〜50代に多くあらわれ、全体の50%弱を占めています。ところが、20〜30代でも比較的多くあらわれ、全体の30%程度を占めています。

■関節リウマチの男女比は?

これは、ハッキリと比率がわかれています。男性1に対して、女性4と圧倒的に女性に多くかかる症状です。結婚や子育て、仕事など働き盛りの年齢で、関節リウマチを発症している人が多くいます。

■関節リウマチの原因は?

これは、自己免疫の過剰反応によって起こります。自己免疫は本来、外部から侵入してきた異物やウイルスをやっつける働きがあります。ところが、自己免疫が暴走してしまい、本来無害の体内を攻撃してしまいます。結果として、関節を攻撃してしまい、痛みが出てしまいます。自己免疫が暴走する原因として、アレルギーがあります。アレルギーを持っている人は、必然的に自己免疫が過剰反応しやすくなります。

■関節リウマチは治るの?

実際に個人差が多くあらわれ、慢性的にずっと続く人もいれば、一時的な人までさまざまです。どちらの場合にしても、関節に痛みが出て日常生活に大きな影響が出ます。痛みをガマンすることなく、まずは病院で検査してもらうことが重要です。可能であれば、リウマチ科といった専門の診療科目であれば、より適切な検査や治療が受けられます。リウマチ科がない場合、内科でも治療が可能です。検査の方法は、関節のレントゲン写真や自己免疫の状態を調べるために血液検査を行います。検査の結果、薬による治療を行いながら、しばらく経過観察を行います。

えっ!腰痛の原因は腰ではない?意外な原因とは?


多くの人が悩む代表的な痛みといったら、何になるでしょうか?人により意見はわかれますが、腰痛はその1つではないでしょうか?実際に腰痛を緩和するための薬や湿布もあるくらいです。あなたが腰痛に悩んでいましたら、その原因は何になるでしょうか?意外かもしれませんが、腰そのものではないこともあります。

■腰痛の原因の多くは・・・原因不明

これを見て、本当にそうなのと思われたかもしれませんね。ある統計によると、腰痛のうち85%は原因不明といわれています。病院でも診てもらうことはできますが、診察時間の関係で詳しく検査できないのも現状だからです。逆にレントゲンやその他血液検査などで判明できる腰痛は、残り15%となります。つまり、見た目や数値であらわれない腰痛が85%を占めている、ということです。

■腰痛の意外な原因とは?

腰痛の原因といったら、デスクワークによる同じ姿勢による血行不良が出るかもしれませんね。ほかにも筋肉や年齢による衰えというのもあるでしょう。もちろん、それも原因として考えられます。では、ほかにどのような原因があるのでしょうか?実は内臓の不調や疾患により、腰痛が起きていることもあります。内臓が不調になる原因としては、食生活もあります。ほかには、内臓の血行不良により、周辺の筋肉も血行不良を起こします。それが積もり積もって、結果として腰痛を引き起こすこともあるからです。つまり、枝葉の腰を治療しても、根っこの部分である内臓が完治しないと、いつまでも腰痛を引きずることになります。ほかにも便秘が原因により、血液が汚れてしまい、それが腰痛を引き起こすこともあります。

■しつこい腰痛を治すには?

腰そのものを治療してもよくならない場合、腰以外の内臓が弱っていないかを確認しましょう。胃腸の調子が悪い、下痢や便秘を引き起こす、冷えなどに血行不良が起きている場合、要注意です。腰以外に気になる原因や病気、症状を感じていましたら、そちらを検査や治療することをおすすめします。

頭を放り投げたい!頭痛の原因は?命に関わることはあるの?


突然やって来る、または一定の周期でやって来る頭痛・・・本当に悩みのタネの1つですよね。頭痛が起こると、それだけでヤル気も集中力も行動力もなくなってしまいますよね。そのように今すぐに頭を放り投げたくなる頭痛の原因には、どのようなものがあるのでしょうか?また、頭痛を放置したことによって、命に関わることはあるのでしょうか?

■頭痛にはどのような種類があるの?

大きく分けますと、3種類に別れます。
・偏頭痛
・緊張性頭痛
・群発性頭痛
偏頭痛は、こめかみ周辺に痛みが出ます。また、気温や雨の日など環境によって起こることもあります。緊張性頭痛は、首や肩の血行不良により起こります。締め付けるような痛みが特徴で、3種類の中で多く起こる頭痛です。群発性頭痛は強い痛みが出て、それが長期間に渡ることがあります。自律神経が原因ともされていますが、不明な点も多くあります。

■頭痛の原因は?

大きく分けますと、3つの原因に別れます。
・首や肩周辺のコリや血行不良
・姿勢
・内臓の疾患や不調
姿勢にも大きく関わりますが、首や肩に血行不良が起こると、脳に血液が行かなくなることで頭痛が起こります。いわゆる足がしびれているのが、脳でも起きている状態と同じことが起こります。また、意外なことに内臓の疾患や不調により、脳に栄養などが送れずに頭痛が起こることもあります。

■命に関わる頭痛はあるの?

頭痛はいつも慢性的に起きているから、ガマンしている方もいるかもしれませんね。しかし、場合によっては命に関わる頭痛であることも考えられます。一例として以下の症状が出た場合、注意が必要です。
・強烈な痛みが伴う頭痛
・長期間続く頭痛
・ものが二重に見える
・意識がもうろうとする、意識障害が出る
・しびれやマヒ、ろれつが回らなくなる
考えられる病気としては、脳出血や脳梗塞、緑内障などほかにも考えられます。頭痛の痛みが軽く頭痛薬などで対処療法している場合でも、将来的に命に関わることも考えられます。おかしいなと気づいたら早めに病院で診てもらいましょう。

毎月やってくるツライ生理痛を少しでも和らげる方法は?


男性にはわからない女性だけの痛みや悩みといったら、何になるでしょうか?代表的なものといったら、やはり生理やそこから来る生理痛になります。実際に生理痛がひどくて仕事を休むこともあり、そのツラさを理解してもらえないこともあるかもしれませんね。しかも、毎月のようにもれなくやって来る生理ですから、避けることもできません。では、そんなツライ生理痛を少しでも和らげるには、どうすればいいのでしょうか?

■生理痛が起こる原因は?

生理痛と一言で書いても、その痛さは個人差によって違いが出ます。たとえば、痛む場所が異なる、痛みもキリキリする痛みもあれば、腰に重さを感じる鈍痛が来る人もいます。あわせて、イライラする一方で、無気力になることもあります。では、そんな生理痛の原因ですが、1つは女性ホルモンの影響があります。生理が起こると、子宮の中にある不純物を外に出そうと、女性ホルモンが多く分泌されます。それが痛みとなってあらわれることがあります。ほかには、冷えによる血行不良のほかに、生活環境から来る緊張やストレスも原因としてあります。そして、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気も、生理痛を引き起こします。

■ツライ生理痛を和らげる方法

生理痛は、定期的に毎月やって来るものですので、事前に準備や対策を行いやすいメリットがあります。そこで、ツライ生理痛を和らげる方法として、まずは腰周辺をカイロや腹巻きなどで温めることです。とくにお尻の上にある仙骨と呼ばれる部分を温めることです。また、それとあわせて温かい飲み物を飲んで、体内からも温めましょう。ただし、コーヒーなどのカフェインは体を冷やしすぎます。あわせて、飲み過ぎも体を冷やしますので注意しましょう。ほかには、ストレッチなどをして、とくに腰周辺を柔軟にさせることもおすすめです。生理のときには、ついつい甘いものも食べたくなることもあるでしょう。糖分の取り過ぎをはじめ、乳製品や肉類、冷たいものもなるべく避けましょう。そのような対策や改善を行っても生理痛が解消しない場合には、まずは病院に行って原因を調べることが重要です。

高熱が出たら解熱剤は飲んでいいの?飲む基準はあるの?


病気になると、起こる症状といったら何があるでしょうか?かかった病気にもよりますが、その1つに熱があります。熱が出ると体の節々が痛くなる、ボーッとする、寒気などがするかもしれませんね。そのようなツライ症状から、できれば熱を早く下げたいと考えているかもしれませんね。では、高熱が出たら解熱剤を飲むのはいいことなのでしょうか?あわせて、飲む基準というのはあるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■病気になると熱が出る理由は?

熱が出る病気といったら、風邪やインフルエンザなどが思い浮かぶかもしれませんね。子どもはちょっとしたことで熱が出て、看病に苦労したこともきっとあるでしょう。では、なぜ病気になると熱が出るのでしょうか?その理由は、体内に入った異物やウイルスなどをやっつけるためです。ウイルスの多くは熱に弱いため、体の免疫機能が働いて熱を出します。熱が出るのは、とてもイヤですが、体を守る防衛本能としては正常な働きになっています。

■解熱剤は飲んでも大丈夫?飲む基準は?

体を守ってくれるのはありがたいけど、できれば早く熱を下げたいですよね。では、そのような場合には解熱剤を飲んでもいいのでしょうか?やはり、いきなり飲むのは避けたほうが無難です。熱を下げるということは、敵をやっつける能力を下げることになるからです。逆に病気を悪化させる原因にもなります。また、解熱剤の成分により、合併症を引き起こすおそれもあるからです。とくにインフルエンザにかかった場合、解熱剤の成分が原因で、脳の内部まで侵入してしまうこともあるからです。そのため、熱が出た原因は何かを特定するためにも、病院で診てもらうことが重要です。そして、病院から処方された解熱剤を、先生の指示のもとで飲むことをおすすめします。とくに20歳以下の子どもや免疫力の弱い高齢者の場合、注意が必要です。

■熱を少しでも早く下げる方法

やはりムリせず、ゆっくり休むことが何よりの近道です。食欲のないときにはムリに食べないで、水分だけは多めに取って脱水症状を避けることが重要です。



ゲームをして割引チケットをゲット!!