今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 不妊治療

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

女性が原因の不妊にはどのような種類があるの?


子どもがほしいけど、思うように妊娠することができない。このような悩みを持たれている女性はたくさんいます。不妊になる原因は、さまざまあるため、すべての原因を知る必要があります。では、女性が原因の不妊には、どのような種類があるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■原因1:生理不順

生理は基本的に月に1回やってきます。そのため、妊娠する確率は1年で12回やってくることになります。生理が来るということは、妊娠するチャンスがやってくることになるわけです。しかし、その生理がやってくる期間にバラツキがあると、妊娠する成功率が低くなってしまいます。

■原因2:排卵障害

妊娠するためには、精子と卵子がどこかで出会う必要があります。ところが、卵子の排出に問題が起こることで不妊になってしまいます。卵子というのは、卵巣の中から排出されます。ところが、何らかの原因により、卵巣から卵子が排出されなくなります。
生理不順にも大きく関わっています。

■原因3:着床障害

受精したらそれで終わりではなく、受精卵が子宮にとどまらないといけません。植物にたとえたら、土に根っこを下ろすのと同じです。その土の役割が子宮となります。しかし、子宮で受精卵を受け止められない状態が着床障害です。

■原因4:生活環境によるもの

妊娠するためには、卵子だけではなく、母体そのものの心身の健康が必要です。ところが、生活環境の乱れが起こると、やはり妊娠率が低くなります。食生活やストレス、睡眠の状況など、さまざまあります。

■原因5:年齢によるもの

年齢が高くなりますと、それだけ妊娠率が低くなります。自然妊娠率は、30歳までで25〜30%となります。ところが35歳になると20%未満、40歳になると5%と一気に妊娠率が低くなります。

■原因を知ることが重要

ここでリストアップした原因は、あくまで一例です。ほかにも不妊の原因はありますし、複数の原因が重なっていることもあります。不妊の原因を詳しく知るためにも、まずは病院で診てもらうことが重要です。

えっ意外?男性が原因の不妊は多い!その理由とは?


あなたが不妊で悩んでいましたら、その原因は男性と女性のどちらにあると思いますか?あなたが男性の立場でしたら、女性側に問題があると思われるかもしれませんね。ところが、不妊の原因は女性側だけではなく、男性側にも多くあります。では、男性側の不妊にはどのような理由や原因があるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■性別の違いによる不妊の割合は?

ある統計によりますと、不妊のうち女性のみに原因がある割合は、41%です。そして男性のみに原因がある割合は、24%です。では、男女が原因している割合はどのくらいあるのでしょうか?これは不妊の原因が男性のみと同じように、24%です。つまり、男性が原因になっている不妊の割合は、48%と過半数を占めていることとなります。昔は不妊の原因が女性である、と言われましたが、この統計から見るとそのようなことは言い切れません。なお、不妊の割合のうち、11%は原因不明となっています。

■男性が原因の不妊の理由は?

その多くは、精子そのものに問題があります。その1つに無精子症というのがあります。言葉からわかるように、精液の中にまったく精子がない、または極端に少ない状態です。また、無精子症ほどではありませんが、自然妊娠するのに必要な精子が少ない状態を乏精子症と呼びます。では、精子が多ければいいといったら、そのようなことはありません。数とあわせて重要なのが、精子の運動能力になります。卵子には運動能力がないため、精子が動いて卵子にたどり着かないといけません。そのためには、子宮の奥にある長い卵管をまっすぐ進む運動能力が必要です。ところが、その運動能力がない症状を精子無力症と呼びます。

■精子の状態が悪くなる原因は?

男性が不妊の原因になっているのは、精子の数が少ない無精子症や乏精子症、運動能力が低い精子無力症があります。では、その症状を引き起こす原因は何があるのでしょうか?やはり日々の生活環境や病気があります。精子の状態は、食生活やストレス、体質に大きく左右されます。また、過去におたふくかぜにかかったことがあると、精巣の精子生成機能に障害が出ます。つまり、不妊の検査や治療は女性だけではなく、男性も協力する必要があります。

気になる!不妊治療にかかる費用は?保険は適用されるの?


子どもがほしいけど思うようにできない・・・妊活をして、いろんなことをしても結果が出ないこともあるはずです。そして、いよいよ不妊治療をしようと検討されているかもしれませんね。そこで気になるのは不妊治療にかかる費用は、どうなっているのでしょうか?保険も適用されるのかについても説明していきます。

■日本で不妊に悩んでいる割合は?

ある統計によりますと、不妊に悩んでいる不妊症の割合は、世界全体の平均で9%となっています。では、その一方で日本はどうなのかといったら、16%となっています。そして、不妊で悩んでいる夫婦は、5〜6組に1組などと言われています。日本において、不妊で悩んでいる人は意外と多くいます。

■不妊治療でかかる費用は?

いくら子どもがほしいからといって、生活費すべてを投げ出してまでやろうとは、さすがに難しいですよね。では、実際のところ不妊治療でどのくらい費用がかかるのでしょうか?平均して100万円以上かかるのが実情となっています。10万円前後ならまだしも100万円となるため、経済的な負担は重くなっています。

■不妊治療は保険適用されるの?

不妊治療によって、保険適用の可否が異なります。通常の診察やタイミング療法と呼ばれる治療や、それで処方される薬は、保険が適用されます。保険が適用された場合、1回あたり数千円前後です。では逆に保険適用されない治療には、何があるのでしょうか?それは人工授精や体外受精になります。人工授精は1回あたり1〜5万円前後、体外受精になると1回あたり20〜80万円前後になってしまいます。不妊治療に100万円以上かかるのは、このような実情があります。

■不妊治療の助成制度はあるの?

保険の適用があまりないため、助成制度があるのか気になっている方もいるかもしれませんね。実際に厚生労働省において、助成制度を設けています。助成制度を受けるには、指定された医療機関で治療する、年齢、所得など、さまざまな条件があります。また、制度の見直しにより、条件が変わることもあります。詳しくは自治体に確認することをおすすめします。

妊活で妊娠率をアップするために普段からできることは?


子どもがほしいと思っていましたら、日頃から妊活をされているかもしれませんね。または、これから妊活をはじめようとして、いろんな情報を確認されている方もいるでしょう。妊娠率をアップさせるためには、日頃の生活環境や過ごし方が重要になります。では、普段からできる妊娠率をアップさせる方法は何があるのでしょうか?

■妊娠は女性だけではない!男性の協力も必要

妊娠は女性の問題だから、女性だけ妊活を行えばいい、ということではうまくいきません。男性の協力もあって、妊娠率をアップさせることができるからです。実際に男性が原因の不妊も、全体の50%弱を占めているからです。その50%のうち、男性女性が原因の不妊も半分を占めているからです。

■妊娠率をダウンさせる原因は?

まずは妊娠率をダウンさせる原因を取り除くことが先決です。その原因としてあるのが、お酒やタバコです。やはり、体によくないものは、妊娠にもよくありません。また、寝不足や不規則な生活も避けるようにしましょう。夜更かしをしないで、なるべく同じ時間帯に眠る、そして起きるようにすることが重要です。ほかには、ストレスや過度なダイエットもよくありません。女性に多い冷え性も妊娠率を大幅にダウンさせます。

■妊娠率をアップさせる方法は?

まずは食事面から改善することが必要です。とくに体を温める食べ物を積極的に取るようにしましょう。一例としては以下のようなものがあります。
・ネギやショウガといった薬味になるもの
・赤身の肉や魚、トマトなどの赤い食べ物
・寒い地域で取れるカボチャやリンゴ、根菜類など
また、豆類などのタンパク質も多く食べるようにしましょう。ほかには、妊活中から葉酸を取るようにしましょう。また、食べるだけではなく、体を動かすことも重要です。体を動かすことで、冷え性や体質の改善を行うことができるからです。ほかには妊娠するタイミングを知るためにも、排卵日や基礎体温を記録することが重要です。そのような体質改善を行ったうえで、妊娠が思うようにできない場合には、病院でしっかり検査を受けるようにしましょう。

精力剤を飲めば妊娠できるの?薬やサプリとの違いは?


妊娠率を高めるために必要なことといったら、何になるでしょうか?その答えはいくつかありますが、やはり健康な精子と卵子が必要となります。その2つを両立させるためには、男性そして女性とも健康な体が必要となります。そのためには精力剤を使うことも検討され、実際に使われている方もいるかもしれませんね。では、精力剤を飲むことで妊娠はできるのでしょうか?ほかに薬やサプリとの違いは何かあるのでしょうか?

■精力剤とはおもにどのようなものなの?

おもな役割としては、体の機能を高めて、心身ともに健康な状態にすることです。心身が不健康な場合には、血液の流れが停滞しています。精力剤を使うことで、血液の流れをよくして生殖器をはじめ、体の臓器の機能を高めます。それにともなって、精子や生成能力が高まる、冷えを改善し基礎体温が高まることで妊娠率のアップを図ったものです。

■精力剤と薬、サプリとの違いは?

薬とはおもに、臨床試験をもとに効果が認められた成分で作られたものです。薬として販売するためには、日本の場合なら厚生労働省の認可が必要となります。その一方、サプリとは栄養補助食品に位置づけられます。薬と違って認可は必要ありません。あわせて、効果の保証もどこにもありません。精力剤には、薬そしてサプリの2つがあります。

■気になる!精力剤で妊娠はできるの?

その答えは、どちらとも言えないのが実情です。薬として認められている精力剤を飲んだとしても、必ずしも妊娠するとはかぎりません。逆に身近に購入できるサプリタイプの精力剤を飲んで、妊娠することもあるからです。つまり、その人の体質や精子そして卵子の状況にも大きく左右されるからです。精力剤を飲んだとしても、日々の生活が不規則でストレスが多い、偏った食事やタバコを吸っていれば、妊娠する可能性は低くなります。

■精力剤を飲んでも妊娠できない場合

妊娠できない原因は、さまざまあり、精力剤を飲んでも改善されないケースもあるからです。つまり、病院で妊娠できない理由や原因を探ることが重要です。原因がわかれば、精力剤以外の方法で治療をするかを検討することも可能になるからです。
ショッピングカートを見る

商品数:0 点 
合計金額 0




ゲームをして割引チケットをゲット!!

 
海外サプリメント個人輸入のOMS