今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 水虫

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

えっ?水虫は足以外にもできるのはホントなの?


水虫と聞くと、どんなイメージをされるでしょうか?とくに水虫を経験された方であれば、強いイメージが出てくるかもしれませんね。水虫を経験したことがなくても、やはりかゆいイメージが出てくるはずです。そして水虫のイメージといったら、足ではないかと思います。ところが水虫は足以外にもできることをご存知でしょうか?では、どんなところに水虫ができるのかを説明していきます。

■そもそも水虫の原因は何なの?

言葉のイメージから虫や微生物をイメージされるかもしれませんね。では、水虫の正体は何なのかといったら、白癬菌と呼ばれるカビになります。この白癬菌が菌糸と呼ばれる糸を伸ばして、水虫の感染範囲を広げていきます。

■どこ?水虫が感染する部位は?

胃の中に水虫ができて困った、というのはあまり聞きませんよね。白癬菌は、ほかの病気の原因となる細菌やウイルスと違い、内臓には感染しません。白癬菌が感染する部位は決まっていて、角質と呼ばれる部分です。角質とは皮膚の表面であり、死んではがれ落ちる、いわゆる垢の部分になります。逆に生きた細胞や皮膚に感染することはありません。つまり、角質がなければ白癬菌に感染することはありません。では、水虫が感染する部位はどこかといったら、皮膚表面の全部です。つまり、水虫が感染しやすい一番下の足をはじめ、一番上の頭皮まで感染します。

■感染する部位により呼び方が変わる

たとえば、頭皮に水虫ができた場合には「しらくも」と呼びます。股間の場合には「いんきんたむし」、足の場合には水虫、そして爪にできれば爪水虫と呼びます。また、それ以外の部位にできた場合には、「ぜにたむし」と呼ぶことがあります。呼び方が変わっても、白癬菌であることには間違いありません。

■ツライ水虫を早く治す方法は?

やはり、水虫薬を使って治療することです。とはいっても、病院に行くのが恥ずかしい人もいるかもしれませんね。そのような場合には、市販薬の水虫を使う方法もありますが、病院で処方される医薬品に比べて少し効果が落ちます。ほかには個人輸入や輸入代行を利用して、医薬品を手に入れる方法もあります。しかし、はじめて水虫になった、その疑いがある場合、ほかの皮膚疾患の可能性もあります。まずは病院で診てもらい、それから市販薬や個人輸入で医薬品を手に入れるかを決めるのがおすすめです。

水虫はどこから感染するの?子どもも水虫になるの?


いくら注意していても、どうしてもかかってしまうものがあります。それは何かといったら病気になります。自分では予防をしている、健康に注意していても、病気になるときにはなってしまうものです。そして、水虫も例外ではありません。では、そんな水虫はどこから感染するのでしょうか?また、子どもも水虫になるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■そもそも水虫はどこにいるの?

水虫の原因は、カビの一種である白癬菌となります。その白癬菌は、角質と呼ばれる古い皮膚、いわゆる垢となる部分に潜んでいます。つまり、角質のあるところであれば、白癬菌が存在している可能性は高くなります。

■水虫のおもな感染経路は?

感染経路は、ウイルスや細菌などの種類により大きく異なります。風邪やインフルエンザの場合には、空気感染が代表的です。しかし、水虫は空気感染することはなく、すべて接触感染となります。つまり、水虫になっている人からもらって感染することとなります。その多くは、家族が原因による水虫の感染です。水虫持ちの人がいれば、接触回数も必然的に多くなり、感染する確率は高くなります。水虫は、皮膚からはがれ落ちた角質や垢にも住み続けます。つまり、床に落ちた垢に触れて、感染することがあるからです。夏場、床を素足で歩くような場合には注意が必要です。ほかには、不特定多数の人が触れるところにも注意が必要です。一例としては、公共施設やホテル、病院などにあるスリッパや温泉施設やジムにあるバスマットです。

■子どもも水虫に感染するの?

水虫と聞くと、中年の男性がなるものというイメージがあるかもしれませんね。実は、子どもも水虫に感染します。先ほども書きましたように、家族の中に水虫持ちの人がいると、感染する確率は高くなるからです。また、免疫機能も不十分なため、感染することがあります。

■水虫の感染源を広げないためには?

まずは、水虫にかかっている人がしっかりと治療することです。最近は効果の高い水虫薬が多くあるため、しっかり治療すれば完治することができます。また、バスマットやタオルなども共有しないようにしましょう。

えっ?水虫は女性も多い?夏以外にも水虫になるの?


水虫と聞くと、どのような人がなるイメージがあるでしょうか?きっと中年のおじさんがなるイメージを持たれているかもしれませんね。しかし、実際のところ水虫は、中年のおじさんだけがかかる病気とはかぎりません。意外かもしれませんが、女性も水虫持ちの人が多くいます。また、水虫は夏のイメージがあるかもしれませんが、それ以外の季節でも水虫は感染します。

■水虫にかかる条件は?

水虫は白癬菌と呼ばれるカビの一種となります。では、白癬菌に触れたから必ずしも水虫になるとはかぎりません。白癬菌に触れたとしても、水で洗い流すことで簡単に落とすことができます。しかし、白癬菌に触れて、そのまま48時間以上経過すると角質に根付く可能性が高くなります。また、高温多湿の環境をとても好みます。足に水虫ができやすいのも、靴や靴下により高温多湿の環境になりやすいからです。あわせて、白癬菌の住み家となる角質も、かかとに多くあるからです。

■女性が水虫になる原因は?

1つはブーツを履くことで水虫になります。ブーツを履くと、空気や湿気が抜けなくなるため、必然的に高温多湿の環境を引き起こします。ほかには、マニキュアなどのネイルアートも原因になります。ネイルアートがはがれないように、洗うことが少なくなるため、汚れがたまりやすくなります。そのため、爪水虫に感染する女性も多くいます。

■夏以外でも水虫になるの?

水虫の活動が盛んになるのは、高温多湿になりやすい夏です。しかし、最近は冬でも水虫にかかる人が多くなっています。先ほども触れました、ブーツなどによるものです。あわせて、こたつやファンヒーターなどの暖房器具があることです。こたつの中は、高温多湿の環境になりやすく、水虫持ちの人がいればそこから感染することもあるからです。

■水虫を予防する方法は?

やはり、水虫薬でしっかり治療を行いましょう。しかし、女性の場合には病院に行くこと、そして店頭で水虫薬を手に入れることに抵抗があります。結果として、水虫が悪化してしまいます。そこで自宅で水虫を治したい場合、通販で水虫薬を手に入れる方法があります。ただし、市販薬は医薬品に比べて、効果が少し抑えられています。病院で処方される医薬品を病院に行かずに手に入れるには、個人輸入や輸入代行を利用して手に入れる方法があります。

爪水虫はしつこいの?市販薬で治療は可能なの?


水虫が感染する部位は、基本的に皮膚表面のどこでも感染します。頭にできる「しらくも」や股間にできる「いんきんたむし」も水虫の原因となる白癬菌だからです。そのような水虫ですが、意外なところにも感染します。それはどこなのかといったら、爪になります。いわゆる爪水虫と呼ばれるものになります。では、なぜ皮膚ではない爪にも感染するのでしょうか?また、爪水虫になった場合、市販薬で治療することはできるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■爪に水虫が感染する理由
水虫が感染する場所は、非常にかぎられています。皮膚の中でも、角質と呼ばれる皮膚表面の死んだ皮膚、いわゆる垢の部分になります。では、爪はどうなのかといったら、これも皮膚になります。爪というのは、皮膚が固くなったもので、すべて角質になります。爪を切っても痛みを感じないのは、死んだ皮膚であり、角質だからです。つまり、皮膚の固さに関係なく、角質であれば爪にも感染します。

■どうやって?爪に水虫が感染する方法は?

大きくわけて3つあります。
・爪先の皮膚の接触している部分
・爪の根元
・爪の表面
とくに一番上の、爪を切る下側の部分の皮膚から水虫が入り込みます。爪水虫になると、爪がどんどんと白くなり、やがてボロボロになってしまいます。また、爪に厚みが増すことで爪水虫と判断することができます。

■ズバリ!爪水虫はしつこいの?

結論から書きますと、爪水虫はしつこいです。その理由は、爪がジャマをしているからです。つまり、爪の表面から水虫薬を塗ったとしても、爪の下まで薬の成分が届かないからです。市販されている水虫薬は、あくまでも皮膚表面の水虫に特化しています。残念ながら市販薬では、爪水虫を治すことはできません。

■爪水虫を完治する方法は?

基本的には病院での治療となります。とはいっても、爪をはがすようなことは行いません。塗り薬による治療もありますが、それとあわせて飲み薬による治療を行います。水虫の原因となる白癬菌は、抗真菌薬によって治療することができます。つまり、爪の外側からではなく、爪の下の皮膚から薬の成分を送ります。ほかの水虫と違い、爪水虫は6ヶ月〜1年と治療が長期になります。放置すると、ほかの爪にも水虫が広がるため、早めに病院に行きましょう。

これって水虫?足の水虫の種類と治療方法は?


あなたは今まで水虫にかかったことはあるでしょうか?毎年夏になると、水虫にかかることもあるかもしれませんね。しかし、今まで水虫にかかったことがないと、そのあたりの判断ができないこともあるかもしれませんね。そして何より、自分が水虫になったことを認めたくないのもきっとあるはずです。では、水虫の中でも足の水虫には、どのような種類があるのでしょうか?また、治療方法はどのようなものがあるのでしょうか?

■足の水虫の種類はいくつあるの?

水虫は高温多湿の環境を好むため、とくに足が感染する割合が高くなっています。実は感染する部位により、症状も変わります。1つ目は、趾間型と呼ばれる症状です。足の水虫の中でも最も多い水虫の症状です。いわゆる指の付け根に発症し、皮膚の接触が多い薬指と小指にできやすいのが特徴です。皮膚の状態もジュクジュクタイプの湿潤型と赤く腫れる、皮が向けて皮膚に亀裂が入る感想型があります。2つ目は、小水疱型と呼ばれる症状です。いわゆる水ぶくれができて、かゆみが強いのが特徴です。3つ目は、角質増殖型と呼ばれる症状です。かゆみはほとんどありませんが、足の裏全体に感染し、粉がふいた状態になります。

■気になる!水虫の再発率は?

毎年夏になると水虫が再発する方も多くいます。実は水虫の再発率は、50%と非常に高くなっています。なぜ、水虫の再発率は高いのでしょうか?その多くは、水虫を完治していないことです。冬になると水虫の症状が落ち着くのは、完治したのではなく活動が止まっているだけです。このような場合、当然ながら水虫の再発率は非常に高くなります。

■しつこい水虫を徹底して治療するには?

まず、やっていけないのは放置することです。水虫は一度発症すると、基本的にずっと住み続けることになるからです。そこで、治療する方法としては、おもに塗り薬です。水虫が治療できたらノーベル賞ものだ、というのを聞いたことがあるかもしれませんね。今は、水虫に効果のある薬もあるため、きちんと治療すれば完治できます。水虫の治療で重要なことは、症状が落ち着いてもしばらく塗り続けることです。水虫は皮膚の奥にまで住み着いているため、途中でやめてしまうと再発してしまうからです。今年こそは水虫を完治したいと考えていましたら、やはり病院で診てもらうことをおすすめします。



ゲームをして割引チケットをゲット!!

 
海外サプリメント個人輸入のOMS