今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 睡眠サポート

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

眠れない・・・不眠症になる原因は何があるの?


あなたは布団に入ったらすぐに眠ることはできるでしょうか?眠らないといけない・・・と思っていると思うように眠れないこともありますよね。睡眠は人生の中で三分の一を占めるほど、とても重要なものです。逆に睡眠に障害が出ると、心身の不調や病気の原因になることもあります。では、そんな不眠症には、どんな原因があるのでしょうか?

■不眠症の種類

不眠症と聞くと、ただ眠れないイメージがあるかもしれませんね。実は眠れなくなる種類が3つあります。
・入眠困難
・中途覚醒
・早朝覚醒
入眠困難は布団に入っても、寝付けない状態を指します。中途覚醒は夜中にトイレなどで目が覚めてしまい、その後眠れなくなる状態を指します。早朝覚醒は朝早く目が覚めてしまう状態を指します。あなたの不眠症は、これらの中から種類が1つだけ、または複数重なっていることもあります。

■不眠症の原因

原因はいくつかありますが、以下の原因があります。
・スマホやパソコン
・ストレス
・病気
・自律神経の乱れ
・不規則な生活
・お酒
・年齢
スマホやパソコンでチェックしてから眠る人も多いはずです。そうすると、光の刺激によって目が冴えてしまいます。また、仕事のストレスなどによって、過度に心身に不安を感じると眠れなくなります。心身が疲れているから必ずしも眠れるとはかぎりません。過度な緊張が続きリラックスできないと眠れなくなります。うつ病など、自律神経に乱れが出てしまうと、昼夜逆転現象の状態が起こります。夜寝る前に目が冴えて眠ることができなくなり、朝はぐったりして疲れているということが起こります。また、夜更かしなどをしてしまうと、やはり眠りたいときに眠れなくなってしまいます。お酒は一見眠れるように感じますが眠りが浅くなる原因になります。そして、年齢を重ねてしまいますと、必然的に睡眠時間が短くなり、不眠症の原因を引き起こします。

■不眠症の原因はさまざま

1つとはかぎらず、複数の原因が不眠症を引き起こしていることもあります。最近眠れないな、と感じていましたら、病院で診てもらうことをおすすめします。

これで朝までグッスリ!睡眠の効率をグッと上げる方法は?


タイトル:これで朝までグッスリ!睡眠の効率をグッと上げる方法は?

朝、目が覚めたときに、気持ちよく起きられたのはいつでしょうか?ここ最近は、そのようなことがなく、スッキリ起きられないのが当たり前になっているかもしれませんね。やはり、朝スッキリ起きられると、それだけで気持ちが前向きになります。途中で目覚めることなく、朝までグッスリ眠るためには、睡眠の効率を上げる必要があります。では、どのような方法があるのかを、これから紹介していきます。

■寝る時間を決めておく

やはりバラツキがあると、眠れなくなってしまいます。寝る時間が決まっていると、体もその時間になると、眠る体制に入りやすくなるからです。寝るためにも習慣化が必要になります。

■飲食は控えめにする

寝る前に食べてしまうと、胃腸が働いてしまい、それで眠れなくなります。また、コーヒーなどのカフェインも控えるようにしましょう。お酒も飲みすぎると睡眠の質を悪くするため、同様に控えめにすることがたいせつです。できれば寝る前の3時間前までに飲食を済ませるようにしましょう。

■お風呂でゆったりする

お風呂に入りますと、体がゆったりとするからです。しかし、注意してほしいのは、熱いお風呂は控えることです。熱いお風呂はかえって神経を刺激して、眠れなくなってしまいます。

■寝る前のパソコンやスマホを避ける

テレビを含めて光の刺激は、眠れなくなる原因になります。どうしてもチェックする場合には早めに済ませるか、ディスプレイの明るさを暗めにするようにしましょう。

■運動をする

運動をすることで心地よい疲労感が睡眠の質を上げるからです。あわせてストレスを解消し、スッキリした気持ちで眠ることができます。運動はウォーキングやサイクリングなど、軽い運動で十分です。逆に息切れするような過度な運動は、気持ちが高ぶって眠れなくなる原因にもなります。

■薬やサプリメントを使う

必要に応じて、薬やサプリメントを併用して、睡眠の質を上げる方法もあります。ただし、現在何かしらの病気や症状を抱えていましたら、飲み合わせもあるため、必ず病院で確認を行いましょう。

昼寝はどんどんすべき!昼寝に隠された驚くべき効果は?


あなたは昼寝を週にどれくらい行っているでしょうか?昼寝をする時間がないほど忙しいという人もいるかもしれませんね。昼寝をする代わりに、コーヒーを飲んで眠気覚ましをしていることもあるでしょう。また、昼寝と聞くとなんとなくサボっているイメージがあり、昼寝に抵抗があるかもしれませんね。でも、昼寝は可能ならどんどんすべきです。そこで昼寝に隠された、驚くべき効果を紹介していきます。

■昼寝の驚くべき効果とは?

それは集中力が上がるという効果があります。つまり、仕事をしていれば、頭がスッキリした状態で行うことができます。思うように仕事が進まず、ダラダラと残業をしていることもあるかもしれませんね。しかし、集中力が上がれば、早く仕事を片付けることもできます。また、ドライバーや肉体労働をされている方は、昼寝をすることで事故が大幅に減ったというデータもあります。

■昼寝は理にかなっている理由

実は、人間や動物の本能として、昼寝は理にかなっています。日中に活動する動物は、午後になると昼寝をして、ゆっくり休む性質があります。人間も同様で、とくに午後2時と午前2時に眠くなる傾向が強くなります。つまり、動物の本能として、昼寝をすることは理にかなっています。

■コーヒーを飲んでも意味がない理由

昼寝をする代わりにコーヒーを飲んで、眠気を覚ましている方もいるかもしれませんね。実は、これをするよりも昼寝をすることをおすすめします。その理由は、コーヒーを飲んでも、眠気を先送りしている状態になるからです。つまり、体は疲れて眠りたいのに、それをコーヒーで騙しているわけです。当然、その疲れや眠気は、後ろの方に追いやられることになります。夜になってぐったりし、その疲れが翌朝にも残ることになるからです。

■おすすめの昼寝方法は?

時間としては、15〜20分となります。眠るというよりは、頭を休める程度で十分です。また、眠れなかったとしても、目をつぶるだけでも昼寝の効果はあります。眠いのをガマンするより、さっさと昼寝をして、午後の時間を効率よく使うことをおすすめします。

寝ても寝ても眠い・・・ウトウト・・・考えられる原因は?


寝ても寝ても眠い、ということはあるかもしれませんね。逆に、それで休みの日をダラダラと過ごしているかもしれませんね。休みの日ならいいとしても、仕事中にウトウトしてしまったこともあるでしょう。では、寝ても寝ても眠い場合には、睡眠時間が足りないのでしょうか?また、考えられる原因として、どのようなものがあるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■原因1:生活習慣の乱れ

睡眠は、たくさん眠ればいいとはかぎりません。逆に眠りすぎますと、かえって体が疲れてしまうことにもなるからです。そうなる原因としては、不規則な生活にあります。ほかにもアルコールなどを飲みすぎると、たくさん寝たのに体が疲れている、ということもあるからです。アルコールが入ると、肝臓など内臓が働き続けることとなり、眠れても体が疲れているということが起こるからです。

■原因2:病気

一例として、うつ病など自律神経の乱れがあります。自律神経は2種類あり、活動を活発化させる交感神経と、リラックスさせる副交感神経があります。朝から日中は交感神経が有利になり、夕方から夜にかけて副交感神経が有利になります。交感神経がうまく働かないと、行動ややる気が出なくなってしまいます。ずっと眠い状態が続く、寝ても寝ても眠い状態が続いてしまいます。ほかにも、睡眠時無呼吸症候群も原因としてあります。本人は眠っていても、心臓や肺に負担がかかり、休むことができません。

■原因3:ストレスなど心身の疲労

仕事をして疲れても眠れず、休みの日に昼間で寝ている、ということもあるかもしれませんね。ストレスなどで心身の疲労が続くと、過度な緊張状態となり、眠れなくなってしまいます。そして、仕事のある日は、寝不足な状態となり、それが積もり積もってしまいます。結果として、寝ても寝ても眠い状態を引き起こします。

■原因を特定するためには?

ここに書いた原因は一例であり、ほかにも季節的なこと、体質などもあります。原因がよくわからない、寝ても寝ても眠いのが長期間続く場合、まずは病院で診てもらいましょう。そこで原因がはっきりすれば、それだけでも安心することができます。場合によっては、睡眠薬やほかの治療薬と併用しながら、改善するようにしましょう。

気になる!健康にいい適切な睡眠時間は?答えはあるの?


あなたの睡眠時間は平均してどれくらいになるでしょうか?また、理想としている睡眠時間はあるでしょうか?いつも不規則な生活をしているため、睡眠時間がバラバラということもあるかもしれませんね。本当は、これくらいの睡眠時間を取りたいけれど、途中で目が覚めてしまう、早く目覚めてしまうということもあるかもしれませんね。では、そこで気になることとしてあるのは、健康にいい適切な睡眠時間はあるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■適切な睡眠時間の答えはない!

睡眠時間は8時間が適切だ、6時間でも十分で8時間は多すぎるなど、いろいろな意見があります。実は適切な睡眠時間に関して、明確な答えはありません。理由としては、その人の体質にもよるため、適切な睡眠時間が変わるからです。ある意味、その人の適切な睡眠時間は、プログラムされているからです。3時間で十分なショートスリーパーの人もいれば、10時間必要なロングスリーパーの人までさまざまです。

■夜型はよくない?朝型にするべき?

最近は、朝活という言葉も流行っています。朝、早く起きて有効に時間を使おうという考えです。そうなると、夜型はよくないイメージがあるかもしれませんね。実は、これも睡眠時間と同様に、遺伝子レベルで決まっていることが研究の成果でわかっています。つまり、遺伝子レベルで決まっている以上、夜型があっている人もいるわけです。

■寝だめはできる?できない?どっちなの?

平日は仕事で睡眠不足だから、休日に寝不足分の寝だめをしているかもしれませんね。しかし、残念ながら寝だめをすることはできません。逆に眠りすぎることにより、生活リズムを乱すことになるからです。もちろん、休日に疲れを取るために、睡眠時間が長くなるのは構いません。ただし、ダラダラと寝てしまいますと、仕事がはじまる前日に眠れなくなり、仕事明けが余計に辛くなってしまいます。

■重要なのは自分にあった睡眠時間を知ること

最近はスマホのアプリで、適切な睡眠時間を調べることができますので、使ってみるのも1つの方法です。また、病気やストレスが原因で睡眠時間が乱れていることも考えられます。不眠症で悩んでいましたら、まずは病院で診てもらうことが重要です。



ゲームをして割引チケットをゲット!!