今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > まつ毛育毛

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

まつ毛の役割は?どのくらい伸びるの?まつげの基礎知識


あなたは普段から、まつ毛のことに関して、どのくらい気にしているでしょうか?きっと人によって、さまざまだと思います。まったく気にしない人もいれば、鏡を見るたびに気にする人もいます。まつ毛は、ほかの部位に比べても、地味な存在です。しかも、まつ毛が生えている部分は、体全体から見たら、ほんのごく一部です。しかし、人の印象も変えてしまうのが、まつ毛です。では、そこでまつ毛の役割などを含めて、基礎知識を紹介していきます。

■まつ毛の本数はどのくらいなの?

そういわれても、あまり実感がないかもしれませんね。まつ毛は、まぶたの上と下に生えています。
上に生えているまつ毛は、片方で100本前後です。下に生えているまつ毛は、上に比べて半分の50本前後です。

■まつ毛の長さはどのくらい伸びるの?

日本人の場合、上のまつ毛の長さは、6〜9ミリになります。平均すると6.8ミリになります。下のまつ毛は上よりも短く、5ミリほどになります。

■まつ毛の寿命は?

およそ3〜4ヶ月になります。内訳としては、まつ毛が生える成長期が40日ほどです。まつ毛の伸びるのが止まり、抜けるまでの退行期が15日ほどです。まつ毛が抜けて、次のまつ毛が生えるまでの休止期が60〜90日ほどです。参考までに髪の毛の場合、3〜6年のため、まつ毛の寿命は非常に短いことがわかります。

■まつ毛は白髪になるの?

あまり考えたことがないかもしれませんが、まつ毛も白髪になります。年齢的なものから、体質、栄養や血行状態により個人差が出ます。

■まつ毛の色は髪の色と同じなの?

日本人は髪もまつ毛も黒のため、あまり違いを気にしたことはないかもしれませんね。実は、髪とまつ毛の色は、必ずしも同じとはかぎりません。外国人で金髪の人は、髪とまつ毛の色に違いが出ている人は多くいます。

■まつ毛の役割は?

役割としては、目にゴミや地理が入らないようにする働きを持っています。まつ毛は、とても地味な存在ですが、見た目も含めてとても重要な役割を持っています。

絶対ダメ!知らずのうちにまつ毛をダメにする行為とは?


あなたは日々、まつ毛の手入れをしているでしょうか?髪の毛の手入れはするけど、まつ毛はしていない、という方も多いかもしれませんね。髪の毛の手入れは、シャンプーやリンス、ヘアブラシやヘアスプレーなどさまざまあります。薄毛に悩む人ならば育毛剤もありますし、白髪に悩むのであればヘアカラーもあります。そのため、髪の手入れに比べると、まつ毛の手入れは怠りがちです。実は、意外なことが知らずのうちにまつ毛をダメにする行為があります。それは何なのかをこれから説明していきます。

■つけまつげを常につけている

つけまつげは、手で持ったとしても、重さはほとんど感じません。息を吹きかければ飛んでしまうくらい、とても軽いものです。しかし、まつ毛にとって、つけまつげは大きな負担となります。まつ毛は、片方の目に100本前後あります。その少ないまつ毛で、つけまつ毛を支えるのは、相当な重さになります。重さにして、実は90〜100キロ近くになります。まつ毛そのものもそうですが、毛根にも大きな負担となります。結果として、まつ毛の本数が少なくなるおそれがあります。

■タバコやお酒

髪の毛も含めて、まつ毛が伸びるのは、血液から栄養や酸素を取っているためです。過度にタバコを吸う、お酒を飲むと肝臓に大きな負担がかかります。有害な物質を解毒するのに働いてしまい、栄養や酸素を血液に送り込むことができません。結果として、まつ毛をはじめ、髪の毛にも大きな影響を及ぼします。

■ストレスや疲れ

ストレスで薄毛になるように、まつ毛も同様のことが起こります。まつ毛は本数が少ないからこそ、抜けてしまうと目立ってしまいます。また、疲れも同様に大敵です。ストレスや疲れを感じたら、ゆっくりと休みましょう。

■化粧品

アイメイクをはじめ、化粧品は、まつ毛に影響を及ぼします。まったくつけないのはムリとしても、お風呂に入ったら化粧品をしっかり落としてケアを行いましょう。

■目を刺激する

花粉症やアレルギーなど、目がかゆくなった場合、強く目をこすると、まつ毛がダメになってしまいます。ゴミやホコリから守る働きはあっても、こするといった行為は弱いので十分に注意しましょう。鏡を見たら、まつ毛がない・・・とならないように、日頃からまつ毛のケアを行いましょう。

まつ毛が長いとこんなメリットが!メリットを紹介!


あなたのまつ毛・・・ほかの人と比べて自信はあるでしょうか?そう言われても、あまり考えたことがないかもしれませんね。では、長さはどのくらいあるのか、といっても、そもそも長さを調べたこともないはずです。しかし、そんなまつ毛ですが、長いことでいろんなメリットもあります。では、具体的にどんなメリットがあるのかをこれから紹介していきます。

■目を大きく見せることができる

まつ毛の長さが変わるだけで、目を大きく見せることができます。目を大きく見せられるということは、目力を大きく上げることができるからです。人は目から入る情報によって、相手のことを一瞬で判断します。つまり、第一印象もよくなる、ということです。とくに合コンや仕事で人と出会うことが多い場合には、有利になります。

■化粧がしやすくなる

とくに女性の場合にかぎりますが、マスカラを乗せやすくなるからです。当然ながら、まつ毛が短いところには、マスカラはうまく乗せることができません。まつ毛が長ければ、先の目を大きく見せたうえで、マスカラでより目力をアップさせることができます。場合によっては、つけまつ毛などもつけやすくなります。

■目元を守ることができる

先ほどは、化粧のことでしたが、こちらは本来の目的となります。まつ毛が外側にカールしていることで、目に入るゴミやチリ、ホコリなどを入らなくすることができます。また、ほかには風よけの働きもあります。まつ毛は、とても地味な存在でもありますが、目にとっては非常になくてはならない存在になります。

■まつ毛を何とかして長くしたい場合には?

髪の毛の場合、ウィッグで長くすることができます。また、自力で長くしたい、量を増やしたい場合には、育毛剤があります。まつ毛の場合には、ウィッグに相当する、つけまつ毛があります。その一方で、まつ毛の育毛剤のようなものは、あまり聞かないはずです。ところが、実際にはあります。ルミガンと呼ばれる、元々緑内障の治療に使われていた薬で、まつ毛を伸ばす効果が期待できます。海外では多く使われていて、日本でも海外からルミガンを輸入して使っている方もいます。ただし、完全に自己責任となるため、使用する場合には、しっかりと情報を確認することが重要です。

つけまつ毛をキレイにつけるコツはあるの?注意点は?


自分のまつ毛にはボリュームがない。それでなんとかして、まつ毛にボリュームを見せたい、と考えている方もいるかもしれませんね。まつ毛の長さは、体質により個人差が出るため、そのままでも長くなる、本数が多くなることはありません。そこで、まつ毛をカンタンに増やす方法として、つけまつ毛があります。では、どうやれば、つけまつ毛をキレイにつけることができるのでしょうか?あわせて注意点も一緒に紹介していきます。

■つけまつ毛の効果は?

やはり、効果がなければ、つけまつ毛をする意味はありませんよね。つけまつ毛の効果としては、目元を大きく見せることができることです。まぶたが小さく目が細いと、どうしてもいい印象を与えることができません。そこで、つけまつ毛をすることで、目元を大きく見せることができます。

■つけまつ毛に必要な道具は?

つけまつ毛があったとしても、それをつける道具がなければ、キレイにつけることはできません。必要な道具としては、以下になります。
・つけまつ毛をつけるノリ
・つけまつ毛の幅を調整するハサミ
・つけまつ毛をおさえるピューラー
・目元のメイク用品
・鏡
これらの道具を用意したら、さっそくつけまつ毛をつけましょう。

■手順1:つけまつ毛にノリをつける

まずは、つけまつ毛を目の幅にあわせてカットしておきます。その後、つけまつ毛の根本に、ノリをつけます。たくさんつけすぎないように注意しましょう。

■手順2:つけまつ毛をまつ毛につける

鏡を見ながら、まつげの上に乗せていきましょう。アイラインに沿ってつけることができたら、指で軽くおさえましょう。場合によっては、ピューラーでおさえるとキレイにくっつきます。

■手順3:必要に応じてアイメイク

つけまつ毛をつけることができたら、アイメイクをして、より目元をキレイにしましょう。マスカラやリキッドアイライナーなど、自分にあったものでアイメイクしましょう。

■つけまつ毛の注意点は?

つけまつ毛を外す場合、手で引っ張るのは厳禁です。まつ毛が抜ける原因になり、まつ毛にダメージが加わります。水で濡らしたガーゼやコットンを目に当てて、拭くように取るようにしましょう。また、つけまつ毛を何度も使いまわす、つけっぱなしは、衛生上よくありません。必ずこまめに交換をしましょう。

まつ毛を伸ばす薬があるって本当なの?注意点は?


まつ毛をすぐに伸ばしたいと思ったら、どのような方法を思い浮かべるでしょうか?そう言われても、あまり思い浮かばないかもしれませんね。女性であれば、つけまつ毛で伸びているようにすることはできます。しかし、つけまつ毛のデメリットは、つけないといけないことです。
何より自分のまつ毛ではありません。できれば、借り物のまつ毛ではなく、自分のまつ毛を伸ばしたいですよね。実は、まつ毛を伸ばす薬があります。そこで注意点を含めて、詳しく紹介していきます。

■まつ毛を伸ばす代表的な薬は?

毛を伸ばす薬といったら、育毛剤があります。とはいっても、髪の毛につける育毛剤をつけることは絶対にNGです。実は、まつ毛育毛に効果のある、ルミガンと呼ばれる薬です。ルミガンは商品名であり、まつ毛を伸ばす主成分は、ビマトプロストと呼ばれるものです。

■ビマトプロストの本来の役割は違かった

実は、まつ毛を伸ばすために開発された成分ではありません。緑内障の治療を目的として作られたものです。薬を市販するためには、膨大な臨床試験が必要です。実際に臨床試験に参加した患者さんから、まつ毛が伸びるという結果を多く聞くようになったのがキッカケです。

■ルミガンの実際の効果は?

効果としては、まつ毛が長く伸びるだけでなく、生える密度も多くなります。ルミガンの評判としては多くは好評で、人によっては、つけまつ毛をしているのと言われる人もいるくらいです。実際に毎日使い続けて、16週間後に8割の人が効果ありと回答しています。

■ルミガンの入手方法は?

残念ながら日本では、ドラッグストアなどで入手することはできません。日本で入手するには、個人輸入や輸入代行サイトで入手する必要があります。

■ルミガンの使い方は?

まつ毛の毛根に、マスカラを塗る感覚で1日1回つけるだけです。手間がかからず、誰でも使うことができます。

■ルミガンの注意点は?

副作用としては、色素沈着、目の充血やかゆみが報告されています。副作用が出る確率は少ないものの、おかしいと思ったら利用をすぐに中止しましょう。また、ルミガンを目につけるブラシは、衛生上の観点から長く使わないようにしましょう。使い捨てのアイブラシを使うことをおすすめします。
ショッピングカートを見る

商品数:0 点 
合計金額 0




ゲームをして割引チケットをゲット!!