今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 消化器系

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

潰瘍が起こるのはストレスが原因?ほかにも原因はあるの?


今あなたの胃腸の調子は、どのような状態でしょうか?いつも食欲がある一方で、あまり調子がすぐれないかもしれませんね。場合によってはしょっちゅう下痢をしている、ある部分に痛みが出るなど、身体に影響が出ている人もいるでしょう。内臓は外側から見えないからこそ、健康状態がわかりにくにも実情です。最近、胃腸の調子が悪く、もしかしたら潰瘍かもしれないと思っていたら、それはストレスが原因でしょうか?

■そもそも潰瘍とは?

潰瘍と聞くと、胃に穴が開くとか、そのように思われているかもしれませんね。また、内臓のイメージがするかもしれません。しかし、内臓だけでなく、皮膚表面でも潰瘍を使います。潰瘍とは、皮膚や粘膜が傷ついている状態のことです。ほかにも、「びらん」という言葉を聞いたこともあるかもしれませんね。「びらん」は、潰瘍よりも浅い傷の状態になります。つまり、どちらも意味としては同じですが、傷の深さにより使い分けています。

■潰瘍が起こる場所は?

潰瘍と聞くと、胃や十二指腸など、腸を真っ先に思い浮かべるはずです。潰瘍の代表的な場所、そして多く起こるところは、胃や腸などになります。潰瘍とは本来、皮膚や粘膜に傷がついた状態を指します。つまり、皮膚組織がある部分であれば、基本的にどこでも潰瘍は起こります。しかし、潰瘍といったら、多くは胃や腸などを指します。

■潰瘍が起こる原因は?

よく言われているのは、ストレスではないかと思います。実際にストレスが起こると、胃や腸は過敏に反応します。一時的な場合なら問題ありませんが、長期間ストレスが続くと、やがて潰瘍を引き起こします。また、お酒や刺激物が原因で潰瘍になることもあります。そして、潰瘍の原因として、聞かれるようになったのは、ピロリ菌です。ピロリ菌の発見は歴史が浅く、1980年代になります。このピロリ菌が胃に住み着くと、潰瘍の原因となる胃炎を引き起こします。

■潰瘍が進行する前にすること

やはり、病院においてシッカリと検査してもらうことです。肌の表面と違って、内部を見ることはできません。痛い状態が続き、潰瘍を引き起こさないためにも、早めに検査することが重要です。

あなたの胃は大丈夫?胃の調子が悪くなる原因や対策法は?


あなたの胃の健康状態は、どうなっているでしょうか?最近になって胃もたれをするようになった、胃がなんとなく重いという症状が出ているかもしれませんね。いくら胃の調子が悪いからといって、食べ物や飲み物を避けることはできません。胃の調子が悪くなる原因は、さまざまあるため、それにあわせた対策を行う必要があります。では、どのような原因や対策法があるのでしょうか?

■原因1:生活環境によるもの

生活環境と一言で書いても、たくさんあります。その1つに食生活があります。やはり、脂っこいものや糖分の多いもの、暴飲暴食などは胃の調子を悪くしてしまいます。また、ストレスが過度にかかると、胃だけでなく腸にも負担がかかってしまいます。対策法としては、食生活を見直すことが重要です。腹八分を心がけて、お酒なども控えめにしましょう。また、休日は運動などをして、ストレスを解消するようにしましょう。

■原因2:加齢によるもの

年齢を重ねますと代謝が落ちて、体の機能全体が落ちてしまいます。体力だけでなく、内臓の機能も同様になります。そして、脂っこいもの、量が多いものも負担になります。まだまだ若いからといってムリをしないことも重要です。とくに飲み会など食べる、飲む機会が多い場合にも量を調整しましょう。加齢によって代謝や体の機能全体が落ちてしまうため、体力を維持するためにも運動が重要です。

■原因3:体質によるもの

体質は、親から受け継ぐもの、あとから環境によって変わることがあります。体質的に胃の調子が悪い場合、放置しないで治療やケアを行うことが重要です。病気になる大きな原因は、冷えや血液の流れによるもので起こります。日頃から虚弱体質の場合には、体を冷やさない、血液の流れをよくすることが重要です。

■胃を少しでも健康な状態にするために

最近疲れているな、と感じていましたら、胃も同じように疲れています。シッカリと睡眠を取るようにしましょう。また、食事においても、ゆっくり食べて胃の負担を少なくするようにしましょう。そして、定期的な健康診断と病院での治療を行うようにしましょう。

下痢が止まらない!下痢止めを使ってはいけないケースは?


「出物腫れ物所嫌わず」という言葉の通り、下痢は突然やって来ることがあります。実際に仕事中や電車の中で下痢に襲われて、困ったこともあるかもしれませんね。一度下痢が起こると、すぐに収まらずに何度もトイレに行ったこともあるかもしれませんね。では、そのような困った下痢ですが、どのような原因で起こるのでしょうか?また、下痢が止まらない場合、下痢止めを使ってはいけないこともあるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■下痢が起こる原因について

下痢でよくある原因としては、暴飲暴食があります。いわゆる食べ過ぎや水分の取り過ぎで、下痢が起こります。ほかにはウイルスや細菌が原因の下痢があります。一例としては食中毒の原因となるウイルスや細菌に感染した場合、下痢が起こります。そして、男性の方に多い下痢として、ストレスによるものです。症状としても確立され、過敏性腸症候群と呼ぶこともあります。仕事などで大きな緊張や不安を持ちますと、胃や腸が反応してしまい、下痢を引き起こします。

■下痢止めを使っていい、いけないケースは?

下痢止めを使っていいケースとしては、暴飲暴食やストレスなど、過敏性腸症候群によるものです。では、逆に下痢止めを使っていけないケースとしては、おもに食中毒や病気などによる、細菌やウイルスによるものです。なぜ、このようなケースにおいて、下痢止めを使ってはいけないのでしょうか?それは、下痢のメカニズムにあります。病気になると免疫機能が働き、不要なものを外に出そうとします。吐き気や嘔吐もその1つで、下痢も同様になります。つまり体から外に出して、体にとって害になるものを出そうとするわけです。ところが、下痢止めを使ってしまうと、細菌やウイルスが体内に残り続けることになります。つまり、下痢止めを使ったことによって、逆に症状を悪化させる、長期化させるおそれがあるからです。

■下痢止めを使うべきか迷ったら?

とくに食中毒や病気による下痢の場合には、勝手に下痢止めを使わずに病院で診てもらうことが重要です。また、病気以外でも日頃から下痢気味の場合には、胃腸などに何か問題が起きていると考えられます。一時的な下痢であれば、下痢止めを使うのも1つの方法です。しかし、頻繁に下痢を繰り返す場合、やはり病院で原因を特定して、下痢止めに頼らないことも重要です。

ピロリ菌に感染するとどうなるの?検査方法や治療方法は?


最近のテレビCMなどでは、肺炎や肝炎など検査に関する内容が多くなっています。そして、そのような検査でよく聞かれるようになったのは、ピロリ菌ではないでしょうか?ピロリ菌の言葉の響きから、なんとなく可愛らしいイメージをされるかもしれませんね。しかし、実際のところ名前だけは聞いたことがあるけれど、よくわからないのも実情ではないでしょうか?では、ピロリ菌とはどのようなもので、感染するとどうなるのでしょうか?検査方法や治療方法について説明していきます。

■ピロリ菌はどのようなものなの?

ピロリ菌の正式な呼び方は、ヘリコバクター・ピロリになります。ピロリ菌は胃の中に生息している細菌です。胃には胃液が分泌され、強い酸性にさらされることになります。この強い酸性があるため、多くの細菌は生息することができません。しかし、ピロリ菌はそのような環境でも、耐えられる生命力を持っているのが特徴です。ピロリ菌が発見されたのは、1983年と比較的新しく、その後の研究によりさまざまなことが判明しました。

■ピロリ菌に感染するとどうなるの?

感染すると胃炎や胃潰瘍、そして十二指腸潰瘍などを引き起こすことがわかっています。また、胃がんを引き起こす原因の1つとも言われています。ピロリ菌は年代が高い人ほど、感染率が高まっているのが特徴です。昔は、上下水道の環境が不十分であり、そこからピロリ菌に感染することもあります。

■ピロリ菌の検査方法は?

検査できる場所については、病院などでも行っています。また、ピロリ菌の検査はとても簡単で、検査キットを手に入れて自宅でも行うことができます。検査の方法は、息の中にある尿素を調べる方法、血液検査や便検査、ほかには内視鏡を使う方法があります。尿素を調べる方法は最も簡単で、病院などでは5,000円程度で行うことができます。

■ピロリ菌が発見された場合には?

ピロリ菌を除去する薬を1週間程度服用し、その後除去できたかを検査するだけです。ピロリ菌は潰瘍や胃がんなど、怖い病気や症状を発症する原因になります。しかし、検査や治療方法は、非常に簡単で確立されています。そのため、費用面でも大きな負担にもなりませんので、まずは検査することをおすすめします。

今日で10日目お腹が張ってツライ!便秘を解消する方法は?


便秘に何度もなった経験がありましたら、最長どのくらいの期間なったことがあるでしょうか?10日ならよくあることで、もっと便秘になっている人もいるかもしれませんね。もちろん体によくないこともわかっていると思いますが、出ないものはやはり出ませんからね。そのようなガンコな便秘に悩んでいましたら、どのようにして解消すればいいのでしょうか?

■便秘になる男女比はどのくらいなの?

便秘と聞くと、女性がなるものというイメージが強いかもしれませんね。実際の統計では、男性が20%で女性が80%というデータがあります。やはり、データからして女性が圧倒的に便秘になりやすいことがわかっています。その一方で男性の場合には、過敏性大腸症候群といった、下痢を引き起こしやすいのが特徴です。

■便秘の原因は何があるの?

1つ目の原因としては、肉類などの動物性食品を多く食べている場合です。つまり、食物繊維が多い食べ物を食べていない場合です。結果として腸内で悪玉菌を増やすこととなり、腸内環境のバランスを崩してしまいます。2つ目の原因はストレスによるものです。ストレスは胃腸が過敏に反応して下痢をする一方で、便秘を引き起こしやすくなります。3つ目の原因は出したいときにガマンしてしまうことです。本当はトイレに行きたいのにゆっくりできず、出すタイミングを逃すことを繰り返すことで、便秘になってしまいます。4つ目の原因は、内臓の機能低下があります。便は上から下に勝手に流れることはなく、腸が肛門方向に向かって押し出す働きをします。いわゆる、ぜんちょう運動と呼ばれるものですが、この機能が低下することで便を正常に送り出すことができません。

■便秘を解消する方法は?

まずは、食物繊維と水分を多めに取ることです。コーヒーなどのカフェインは、体内の水分を出してしまい便に回らないため、おすすめできません。そして、ストレスを感じている場合には、運動や休息を取ることが重要です。それでも改善されない場合には、便秘薬を使うか、一度病院で診てもらいましょう。ただし、便秘薬は使いすぎると、内臓が機能低下し、さらに便秘を引き起こすことがあるので注意しましょう。
ショッピングカートを見る

商品数:0 点 
合計金額 0




ゲームをして割引チケットをゲット!!

 
海外サプリメント個人輸入のOMS