今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > その他の医薬品

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

高血圧や低血圧になるとどんな病気や症状になるの?


病気というのは誰もがかかる病気から、あまり知られていない難病といわれるものまで、たくさんの種類があります。また、突然発症する病気もあれば、ゆっくりと時間をかけて発症する病気もあります。そして、病気とはいかないまでも、治療しないと将来に病気を引き起こすおそれのある、症状と呼ばれるものもあります。症状の一例としてあるのが、高血圧や低血圧と呼ばれるものになります。では、これら2つの症状が出ると、どんな病気や症状を引き起こすのでしょうか?

■高血圧の症状が出るとどんなリスクがあるの?

高血圧と聞くと、年齢が高くなってからなるもの、塩分の取り過ぎというのが浮かぶかもしれませんね。ほかには、血管がボロボロになっている、ストレスや運動不足、肥満などもあります。では、高血圧の原因は、これらが要因しているのでしょうか?たしかに原因の1つとしてはあるものの、高血圧を引き起こす原因の90%は、原因不明とされています。ほかにも遺伝が原因しているなど、高血圧は身近な症状でありながら、よくわかっていないのも事実です。では、高血圧の症状になると、どんなリスクがあるのでしょうか?四大疾病病の原因となる、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などを引き起こします。また、高血圧は血液関係の症状のため、ここからいろんな病気や症状を引き起こします。

■低血圧の症状が出るとどんなリスクがあるの?

低血圧と聞くと、女性がかかるイメージを持たれるかもしれませんね。実際に、朝起きられなくなる、めまいや立ちくらみなど、行動に影響が出てしまいます。人間は血液が体内にあれば、それでいいとはかぎりません。血流があることで、栄養のある成分を脳や臓器に送る、また不要になった二酸化炭素や老廃物を受け取ることができます。低血圧の人は、心臓のポンプ機能が弱く、血流を正常にすることができません。低血圧の症状が出ると、貧血をはじめ、自律神経の病気が考えられます。ほかにも心肺機能の病気、腫瘍、甲状腺の機能低下などが考えられます。

■あるとき病気を発症させないためにも

高血圧や低血圧になったからといって、いきなり病気を発症するとはかぎりません。すぐに命に関わることもないため、どうしても放置してしまいがちです。だからこそ、病気を発症する前に、早めの治療を行うことが重要です。

甲状腺の役割は?甲状腺に異常が出るとどうなるの?


甲状腺という言葉は、きっと今までに何度も聞いたことがあるかもしれませんね。しかし、言葉では聞いていても、そもそも甲状腺はどのような役割をしているのかが、わからない方も多いはずです。では、甲状腺とはどのような役割をしているのでしょうか?また、甲状腺に異常が出ると、どのような症状や病気が出るのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■そもそも甲状腺はどこにあるの?

甲状腺は首にあります。位置としては、のどの下から肩より上のあたりにあります。

■甲状腺のおもな役割は?

甲状腺では、私たちが生きていくために必要な、甲状腺ホルモンを分泌しています。では、その甲状腺ホルモンには、どのような役割があるのでしょうか?一言で書きますと、体の機能を維持するためのものです。
例えば、
・体温を調整する
・代謝をよくして臓器の機能や行動がアップする
・脳が活性化する
このようなものがあります。

■甲状腺に異常が出るとどうなるの?

体の機能が落ちるため、以下のような症状が出ます。
・体が活性化しないため疲れやすい
・体温調整ができないため暑がりや寒がりになる
・体重が増減する
・気力や行動力が出ない
・むくみ
・眼球が飛び出る
・イライラして落ち着かない
このような症状が多く出たら、早めに検査することが重要です。

■甲状腺のおもな病気とは?

甲状腺ホルモンは少ないだけでなく、多いのも問題が起こります。甲状腺ホルモンが多いと、甲状腺機能亢進症になります。別名ではバセドウ病と呼ばれ、きっと聞いたことがあるはずです。とくに、むくみや眼球の飛び出しがあらわれます。逆に少ないと、甲状腺機能低下症になります。

■甲状腺の病気になりやすい人は?

これはハッキリとしていて、比率としては男性1に対して女性4となっています。つまり、女性にかかりやすい病気の1つです。とくに女性の20〜50代に多く見られる病気となっています。

■甲状腺の病気の治療法は?

おもに薬による治療を続けることになります。ほかにも必要に応じて、放射線を使って甲状腺の機能を破壊して、甲状腺ホルモンの分泌を抑える方法があります。また、手術をすることもあります。甲状腺に異常が起こると、長期的な治療が必要となるため、様子がおかしいと思ったら、早めに病院に行きましょう。

めまいでフラフラ・・・原因になる病気や症状は?


あなたは、めまいや立ちくらみでフラフラになったことはあるでしょうか?不快な状態が続くため、これらがやってくると、それだけでもイヤな気分になりますよね。では、めまいなどで悩んでいましたら、そこにはどんな原因があるのでしょうか?また、めまいが引き起こす病気や症状はどのようなものがあるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■なぜめまいは起こるの?

私たちの体は、立っているときを含めて、常にバランスを保とうと調整しています。バランスを保つ部位として重要な役割をしているのが、耳になります。おもに三半規管と呼ばれるところになり、この中にはリンパ液と呼ばれる液体が入っています。このリンパ液の動きにより、回転方向やバランスを把握することができます。この耳の三半規管に異常が出ると、めまいが起こります。

■ほかにもあるめまいの原因

耳以外にある、めまいを引き起こす原因として、脳があります。脳は常に栄養や酸素を必要としています。ところが、低血圧や貧血になると、脳の機能がうまく働かなくなり、めまいを引き起こします。ほかには、脳梗塞や脳出血、腫瘍などが原因で、めまいを引き起こします。そのほかには、精神的な不安や心配、ストレスがかかると、めまいを引き起こすこともあります。また、立ったときに立ちくらみを引き起こす、起立性低血圧症も、めまいを引き起こします。一時的なめまいですが、おもに血圧の低下が原因で起こります。

■めまいを引き起こす症状

めまいが起こると、そこから別の症状を引き起こしていることもあります。一例としては、以下の症状があります。
・肩こり
・首のこり
・頭痛
・耳鳴り
・吐き気
めまいとあわせて、以上のような症状が出ていましたら、早めの対策や対応が必要です。

■具体的なめまいの治療法は?

めまいの原因はいくつもあるため、まずは病院で原因を特定することが重要です。そのうえで、必要に応じて薬による治療を行います。抗めまい薬をはじめ、吐き気止めの薬や、精神的なものであれば、抗不安薬を服用します。また、めまいの原因が貧血から来ている場合、鉄分やビタミンを多く取るようにしましょう。逆にコーヒーやチョコレートなどのカフェイン、お酒などのアルコールは、めまいを引き起こす原因にもなります。めまいは、そのときの心身状態によっても変わるため、薬による治療だけでなく、日々の生活習慣の改善も行っていきましょう。

コレステロールが多いとどんな病気や症状になるの?


あなたのコレステロール値は、だいたいどのくらいになるでしょうか?
とくに年齢を重ねている方であれば、血圧とともにコレステロール値を気にしているかもしれませんね。実際に健康診断においても、コレステロール値が高いと言われたこともあるかもしれませんね。では、そもそもコレステロールとはどのようなものなのでしょうか?そして、コレステロールが多いと、どんな病気や症状を引き起こすのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■コレステロールは悪党?おもな役割は?

コレステロールと聞くと悪いもの、減らすべきだと思われているかもしれませんね。しかし、コレステロールは、人間にとって必要な成分です。コレステロールとは、おもに脂質の1つです。タンパク質や炭水化物と並ぶ、三大栄養素に含まれる成分です。コレステロールの役割としては、以下になります。
・皮膚の細胞膜を構成する
・ホルモンを作るための材料
・消化液や胆汁を作る成分
つまり、コレステロールはすべて悪いものではなく、バランスが重要となります。

■言葉でよく聞く悪玉コレステロールとは?

悪玉コレステロールは、健康診断においてLDLと呼ばれることもあります。実はコレステロールと一言で書いても5種類あり、成分によってわけられています。その成分は、リポタンパク、中性脂肪、コレステロールの構成比率により、種類をわけています。善玉コレステロールと呼ばれるHDLは、リポタンパクの成分が多く、体内にたまったコレステロールを回収する働きがあります。逆に悪玉コレステロールは、リポタンパクの成分が少なく、血液の中で酸化して血管にへばりついてしまいます。とくに動物性脂肪を多く取ると、悪玉コレステロールが増えます。

■コレステロールが影響する病気や症状は?

コレステロールは血液に流れるため、血液が原因による病気や症状を引き起こします。一例としては以下になります。
・脂質異常症
・動脈硬化
・脳卒中
・心筋梗塞
いわゆる生活習慣病の原因を引き起こします。

■悪玉コレステロールを減らすためには?

やはり、動物性脂肪を控えることが重要です。とくに外食が多い人、お酒を飲む機会が多い人は注意が必要です。また、悪玉コレステロールを外に排出するためにも、なるべく定期的に運動するようにしましょう。そして、病院で診てもらい、薬物療法による治療を続けて、コレステロール値をコントロールすることが重要です。

骨粗しょう症を予防するには?カルシウムだけで十分なの?


骨粗しょう症という言葉も、一般的に聞かれるようになりました。歯と同じように、骨も健康でないと、日々の生活を送るのに支障が出てしまいます。そこで、あなたの骨の健康状態は、今どのような状況になっているでしょうか?骨は見えないからこそ、健康状態を把握するのは難しいのが現状です。では、骨粗しょう症とはどのようなものなのでしょうか?予防方法や対策方法を含めて、これから説明していきます。

■骨粗しょう症とは?

骨粗しょう症とは、骨の中がスカスカのスポンジ状になってしまう症状です。私たちが歩く、体を支えることができるのも、骨があるからです。この骨がスカスカになってしまいますと、骨折しやすくなります。

■骨粗しょう症の原因は?

骨粗しょう症と聞くと、高齢者がかかる症状に思われるかもしれませんね。実際に年齢が高くなりますと、骨粗しょう症の割合は増えます。50代から増え始め、男性よりも女性が圧倒的に増えます。男女比率では女性が80%を占めています。では、骨粗しょう症の原因は何があるのでしょうか?具体的には、以下のような原因があります。
・過度なダイエット
・不規則な生活
・食生活の乱れ
・女性ホルモンの減少
女性が圧倒的に骨粗しょう症になりやすいのは、女性ホルモンのエストロゲンの減少によります。エストロゲンがあることで、骨からカルシウムを流れ出すのを防止する働きがあるからです。また、若い頃の生活習慣や食生活の積み重ねが原因で、骨粗しょう症を引き起こすかどうかも大きく変わります。

■骨粗しょう症を予防する方法は?

予防法としては、食生活の改善と運動になります。食生活で予防するには、以下の食べ物を食べるようにしましょう。
・牛乳や乳製品、魚、大豆などのカルシウムを取る
・シャケやきのこ類、卵などのビタミンDを取る
・納豆やほうれん草など、緑黄色に多く含まれるビタミンKを取る
逆に控えたいのは、カフェイン、お菓子類、インスタント食品、タバコです。また、運動は外に出て、ウォーキングなどを行いましょう。実は日光を浴びることで、ビタミンDが生成され、カルシウムとの結びつきがよくなります。ただし、体の負担が多くかかる運動や、夏の暑いときの運動は控えるようにしましょう。そして、自分が骨粗しょう症かどうかは、自分で判断することはできません。まずは病院に行って、診察してもらうことが重要です。
ショッピングカートを見る

商品数:0 点 
合計金額 0




ゲームをして割引チケットをゲット!!

 
海外サプリメント個人輸入のOMS