今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > むくみ対策(利尿剤)

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

男の宿命!前立腺肥大症は誰でもなるの?解消法はあるの?


前立腺肥大症は、男性の方なら気にしたことがあるかもしれませんね。逆の見方で、女性はそもそも前立腺肥大症にはならないのでしょうか?そもそも女性には前立腺はないため、前立腺肥大症になることはありません。男性からしたら羨ましいかぎりかもしれませんが、女性は生理があるため、どちらがいい悪いは判断が難しいところですね。では、男性なら誰でも前立腺肥大症になるのでしょうか?前立腺肥大症による症状は何があって、解消法はあるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■年代別の前立腺肥大症の割合は?

前立腺肥大症は、年齢が高くなると起こるもの、というイメージがあるかもしれませんね。ある調査によると、30歳から前立腺肥大症になり始め、50歳になると30%の人に症状があらわれます。60歳は60%、70歳は80%、そして80歳になると90%の人に前立腺肥大症が発症します。誰しもとは言い切れませんが、年齢が高くなると発症する割合が高くなります。

■前立腺肥大症の原因は?

男性ホルモンが1つの原因とされています。しかし、まだハッキリと解明されていないのが実情です。ほかにも年齢によるもの、タバコやアルコール、肥満や生活習慣病など、さまざま考えられています。

■前立腺肥大症になるとどうなるの?

前立腺肥大症になると、尿道が狭くなってしまいます。その結果として、おしっこが出にくくなってしまいます。本来なら出し切れるおしっこも、すべてを出し切ることができません。そして、頻尿や排尿障害を引き起こしてしまいます。年齢を重ねてから夜中トイレに何度も起きる、旅行や山登りなど長時間トイレに行けない状況を避けるようになってしまいます。また、体内に水分が残りやすくなるため、むくみの原因にもなります。

■前立腺肥大症の解消法は?

サプリメントを使う場合、ノコギリヤシで前立腺の緊張を少なくする方法があります。薬では、利尿剤を使うことで、おしっこや水分を外に出しやすくなります。利尿剤を使いますと、1時間後に効果が出る代わりに、トイレが近くなります。飲むタイミングや状況を見極めることが重要です。前立腺肥大の症状が重い場合には、摘出手術などを行う必要性も出てきます。まずは、原因や症状を探るためにも、泌尿器科で治療や検査を行いましょう。

足がむくみパンパンに!病気の可能性はあるの?解消法は?


足がむくんでパンパンになり、困った経験はないでしょうか?とくに女性の方なら、足のむくみは気になりますよね。足がむくんでブーツが履けない、立ち仕事でむくんでしまうこともあるかもしれませんね。では、そのような足のむくみですが、病気の可能性はあるのでしょうか?また、足のむくみを解消する方法はあるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■そもそもなんで足がむくんでしまうの?

むくみは別名で浮腫(ふしゅ)と呼ぶことがあります。字の意味からして、むくみとは浮いて腫れてしまいます。では、足がむくんでしまう原因としては、血液やリンパといった体液が影響しています。つまり、むくみとは、血液やリンパが足に滞っていることにより起こります。それだけ、体液の循環が行われていません。また、立ち仕事をしていますと、重力によって血液やリンパが足に滞ってしまいます。

■病気や症状による足のむくみはあるの?

まずは冷え症が大きく影響しています。冷えるということは、それだけ血液の循環が滞っている証拠です。また、運動不足により足の筋力の低下が原因で、血液やリンパを送るポンプ機能が落ちていることも原因です。女性がむくみやすいのも、このような理由です。ほかにも、塩分や水分を多く取りすぎている場合にも、足のむくみが起こります。病気では、血管の詰まりやコブ、肝臓や腎臓の病気が考えられます。腎臓で尿や水分の排泄機能が低下すると、それだけ体内に水分が残りやすくなり、足のむくみなどが起こります。

■足のむくみを解消する方法は?

やはり病気が原因による足のむくみもあるため、病院で検査することが重要です。病気が原因であれば、それにあった薬を服用することで、治療を行います。病気以外であれば、冷えの改善を行う、ツボやマッサージで解消する方法があります。ほかには、利尿剤などを利用して、体内に多くたまっている水分を外に出す方法もあります。最近では、輸入代行などを利用して、むくみなどを改善できる利尿剤を取り寄せる方法もあります。ただし、利尿剤を利用すると、トイレが近くなりますので、飲むタイミングに注意する必要があります。

腎臓病はどんな病気?おしっこが出づらくなる症状なの?


病気にはたくさんの種類があります。そして、むくみに関しても、原因となる病気があります。むくみは、体内に水分が多く溜まっている状態が考えられます。では、水分を外に出す腎臓に何らかの影響が出ているのでしょうか?そこで、腎臓病はどのような病気なのかを、これから説明していきます。

■そもそも腎臓の役割とは?

腎臓の位置は腰のあたりにあります。肺のように左右に2つずつあります。そらまめのような形状をしていて、大きさは握りこぶしくらいになります。腎臓の役割としては、血液の中にある水分や塩分、老廃物を取り出して膀胱に送る機能があります。この水分や塩分の外に出す量を調整して、同時に血圧も調整しています。また、腎臓は老廃物を外に出すだけでなく、血液を作る材料となるホルモンも作られています。そして、骨を作るのに必要となる、ビタミンDの生成など、たくさんの役割を持っています。

■腎臓病になるとどんな症状が出るの?

腎臓病に似た言葉で、腎不全というのを聞いたことがあるかもしれませんね。腎不全は大きくわけて2つにわかれます。一時的に何らかの病気によって、腎臓の機能が低下する、急性腎不全があります。この場合には、病気や原因となるものを取り除けば、腎臓の機能が回復します。また、病気が進行して腎臓の回復する見込みがないものを、慢性腎不全と言います。腎臓病は、この腎不全と同じ意味と捉えても問題ありません。症状としては、水分や塩分、老廃物を外に出す機能が低下するため、むくみの原因となります。つまり、おしっこの量が減る、またはまったく出ない状況になります。腎臓病の症状が重いと、人工透析が必要となります。やはり、体内に老廃物が多くなるため、むくみだけでなく倦怠感の症状が出ます。

■最近おしっこが出づらいと思ったら・・・

男性の場合であれば、前立腺肥大症も考えられます。しかし、腎臓に何らかのトラブルが起きていることも十分に考えられます。腎臓は、老廃物を排出する、血液や骨を作るために大切な臓器です。場合によっては、腎臓病を進行させるおそれがあります。まずは病院に行って検査をしてもらい、適切な処置や治療を受けることが最優先となります。

ウソ?ホント?水太りは水分の取り過ぎが原因なの?


自分の体重が重いのは水太りが原因だ!そのように思われている方も多いかもしれませんね。とくに女性の方であれば、その点を気にしているかもしれませんね。では、そもそも水太りというのは、実際に存在するのでしょうか?また、水太りでむくんでいるのは、水分の取り過ぎが原因なのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■水太りはそもそも存在するの?

ダイエットをこれからしようと考えていましたら、気になる点だと思います。では、答えはどうなのかといったら、水太りというのは存在しません。そもそも水で太るようなことはありません。もちろん水分を取ることにより取った分、一時的に体重は増えます。一気に大量に飲まないかぎり、体重がドカンと増えることはありません。水分は多く取っても、腎臓の働きに問題がなければ、不要な水分は外に排出されるからです。では、太っている原因は何かといったら、それは脂肪になります。

■水分を取ることはダイエットに繋がる!

水太りをするから、水分は控えよう・・・そのように考えている方も多いかもしれませんね。しかし、水分を取ることを控えるのは、逆にダイエットによくありません。ダイエットしやすい体質にするためには、脂肪を燃焼させる必要があります。そのために食事を見直す、運動をするのも1つの方法です。それらも重要ですが、体から老廃物を外に出すことも忘れてはいけません。そのためには、おしっこや便、汗を出すことが必要となります。つまり、水分を取らないと、老廃物を外に出すことができなくなってしまいます。水分といっても、コーヒーやお茶のカフェイン系が入っているものは、あまりおすすめしません。また、スポーツドリンクは糖分も多く含まれているため、多く飲みすぎると糖分の取り過ぎになります。純度100%の水を取ることがダイエットするためには重要となります。

■むくみが気になるのであれば・・・

冷えなどにより、腎臓などの機能が弱っていることも考えられます。ほかにも病気の可能性も十分に考えられます。まずは病院で診てもらい、適切な治療を受けることで、むくみが治ることも考えられます。

スッキリしない、残尿感がある・・・考えられる原因は?


あなたはトイレに行ったとき、いつもスッキリ出すことはできているでしょうか?どうもスッキリせずに、残尿感がある方もいるかもしれませんね。やはり一度気になると気にしてしまいますし、仕事や日々の生活にも影響が出てしまいます。では、残尿感がある場合、考えられる原因は何があるのでしょうか?

■原因1:膀胱炎

おしっこを出したときに痛みがある、色が白く濁る、血が混ざるようであれば膀胱炎が考えられます。とくに女性に多くかかりやすい炎症です。細菌やウイルスの感染が原因になっています。トイレをガマンするようなことが多くある場合、膀胱炎を引き起こしやすくなります。

■原因2:前立腺肥大症

男性特有の症状になります。前立腺が大きくなることで尿道が圧迫されてしまいます。結果として、おしっこを出し切ることができなくなってしまいます。頻尿の原因となり、夜中に何度もトイレに起きるようなことが起こります。

■原因3:前立腺炎

これも男性特有の症状になります。膀胱炎と同様に、前立腺が細菌やウイルスに感染することで起こる炎症です。

■原因4:神経因性膀胱

脳の病気やケガにより、神経に障害が出て膀胱の機能をうまくコントロールできない症状です。原因となる病気として、脳梗塞や脳卒中などがあります。ほかには事故などによる脊髄損傷も原因になります。結果として尿を出すことができない、逆に頻尿の原因にもなります。

■原因5:骨盤性器脱

女性特有の症状になります。年齢が高くなると、臓器の筋肉も衰えます。そうすると、臓器が骨盤の中に入り込み、膀胱が圧迫されてしまいます。結果として頻尿になる、または排尿困難の症状があらわれます。

■残尿感の原因はさまざま

残尿感があるといっても、その原因はさまざまあります。自分は何が原因で残尿感があるのか、わからないこともあるかもしれませんね。やはり原因を知るためには、病院で検査を受ける必要があります。まずは泌尿器科で調べてもらうことをおすすめします。症状により、薬物療法やその他の処置を行うことになります。



ゲームをして割引チケットをゲット!!