今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 生活習慣病

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

糖尿病とはどんな病気?完治は可能なの?


糖尿病は大変だと聞くけど、イマイチよくわからない病気かもしれませんね。やはり、病気の辛さはかかってみないと、わからないこともあるからです。しかし、糖尿病に関しては、とくにならないように予防することが重要となります。では、糖尿病とはどのような病気なのでしょうか?また、一度糖尿病になったら完治は可能なのでしょうか?この点を詳しく説明していきます。

■糖尿病はどのような病気なの?

糖尿病とは、血糖値が高くなる病気です。血液にブドウ糖といった、糖分がたくさん増えた状態となります。わかりやすく書きますと、血液がまるで濃い砂糖水の状態になります。糖分が多いとドロドロとしてしまい、血液が汚れてしまいます。そして、その糖分が血管を含め、臓器に大きなダメージを与えてしまいます。

■糖分が多いことで起こる怖い病気や症状

糖尿病には、非常に怖い病気や症状を引き起こします。まずは、ガンになります。ガンは糖分を栄養源にして増えるからです。実際に糖尿病になった人は、ならない人に比べて最大で2倍のリスクが高まります。ほかには、壊疽になります。壊疽とは腐ることで、とくに手足の末端が腐ってしまい、切断する必要が出てしまいます。そして、糖尿病で恐ろしいのは、失明です。目は毛細血管の塊となり、血液が流れることで視覚機能を維持できます。糖尿病になると毛細血管が詰まり、結果として失明してしまいます。現在は失明に関して、中途失明が非常に増えていて、その原因で多いのは糖尿病です。つまり、ガンといった怖い病気だけでなく、手足や目を失うことで生活にも大きな支障が出てしまいます。

■ズバリ糖尿病は完治できるの?

結論から書きますと、糖尿病を完治することはできません。つまり、一生薬を飲み続けないといけなくなります。ただし、しっかり治療を行うことで、糖尿病の進行を遅らせることは可能です。現時点でメタボ予備軍や生活習慣病予備軍になっていましたら、糖尿病になる前に改善や予防は可能です。一例として、食生活や日常生活の改善、運動をする、ストレスをためないといったことが糖尿病を未然に防ぐことができます。

生活習慣病とメタボに関係性はあるの?


タイトル:生活習慣病とメタボに関係性はあるの?

現時点で、あなたは生活習慣病と診断されているでしょうか?会社の健康診断で、毎度のように引っかかっている人もいるかもしれませんね。そのときにはわかっていても、やはり日々の生活を過ごしていると、先送りしてしまうものです。また、生活習慣病と診断されなくても、お腹周りに贅肉が増えてメタボであることを意識しているかもしれませんね。では、生活習慣病とメタボには、何らかの関係性はあるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■生活習慣病とは?

最後に「病」がついているから、ガンのように特定の病気を指していると思われるかもしれませんね。生活習慣病とは、冷え性のイメージになります。冷え性そのものは病気ではありません。冷え性に関する言葉として、「冷えは万病の元」というのを聞いたことがあるかもしれませんね。つまり、冷え性が複数の病気を引き起こす原因となります。生活習慣病もこれと同じイメージです。生活習慣病が原因で、
・糖尿病
・心筋梗塞
・脳卒中
・高血圧
・ガン
など、日本人がかかりやすい、4大疾病や3大死因を引き起こす原因となります。

■生活習慣病とメタボの関係は?

答えは大きくあります。生活習慣病と診断された人、そしてすでに病気を発症している人の多くは、メタボの人だからです。つまりメタボになるということは、生活習慣病のリスクが非常に高まるということです。ある統計情報によると、メタボになることで、高血圧のリスクが約3倍高まります。また、メタボ、糖尿病、高血圧症、高脂血症のうち、3つの症状を持っていると、心筋梗塞や狭心症のリスクが36倍高まると出ています。つまり、「メタボ=生活習慣病」と書いても間違いではありません。

■生活習慣病を未然に改善するには?

病気は、いきなり発症するのではなく、必ず原因があります。生活習慣病であれば、先にも書きましたメタボに該当します。つまり、メタボを改善すれば、生活習慣病のリスクは大きく減少します。メタボを改善する方法としては、
・不規則な生活を改善する
・食生活を改善する
・運動をする
・お酒やタバコを控える
・ストレスをためない
このような方法があります。同時にすべての改善をするのは難しいのも実情です。そこで、できることから少しずつ改善することが重要です。

イテテッ!痛風になりやすい食事や生活習慣は何があるの?


痛風という言葉を聞いただけで、なんとなく痛いイメージが出るかもしれませんね。痛風にはなっていなくても、言葉だけ見ても痛さを感じる病気です。当然ながら、痛みを感じるのはイヤなものです。何かにぶつかることによる一時的な痛みならまだしも、病気で痛みが出るのはイヤですよね。では、痛風とはどのような病気なのでしょうか?また、痛風になりやすい食事や生活習慣はどのようなものがあるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■そもそも痛風とはどんな病気なの?

痛風とは、一言で書きますと関節炎の1つになります。では、何が原因で関節炎を引き起こすのかといったら、尿酸になります。この尿酸が増えますと、それが固まって結晶化を引き起こします。その結晶化した尿酸が、関節のところにたまってしまいます。そして、関節を曲げるときに、とがった結晶が関節周辺を刺して、痛みを伴います。

■痛風とリウマチの違いは?

関節炎と聞くと、リウマチを思い浮かべる方もいるかもしれませんね。リウマチの原因は、自分の体内にある免疫機能が、本来無害である関節を攻撃してしまいます。これにより痛みが伴います。同じ関節の痛みでも、痛風とリウマチでは、根本の原因が異なります。

■痛風を放置するとどうなるの?

尿酸が結晶化して、関節炎を引き起こすのは1つの症状です。この結晶化したものは関節だけでなく、ほかの臓器にも増えてしまいます。この結晶化したものが臓器を傷つけて、機能低下や働きが悪くなります。また、尿路結石を作る原因にもなります。そして、痛風の症状が強くなり、痛みの頻度が急激に増えます。痛みで眠れないほどにもなり、体を動かすのにも苦痛を伴います。つまり、痛風を放置しても、何もいいことはありません。

■痛風を引き起こす食事や生活習慣は?

痛風と聞くと、プリン体という言葉が出てくるかもしれませんね。プリン体は成分の1つであり、食べ物に含まれています。このプリン体が体内に入ると、尿酸に置き換わる物質です。多くの物質に多く含まれています。とくにレバーなどの肉類や魚に多く含まれています。お酒のおつまみなどで、これらを多く食べていると痛風を引き起こします。また、アルコールは尿酸値を高める働きがあります。そして痛風は生活習慣病とも大きく密接しています。運動不足やストレス、偏った食事も痛風を引き起こす原因になります。つまり、食事や生活習慣を変えていくことが、痛風の改善や予防につながります。

ついに生活習慣病予備軍入りに!一軍入りしないためには?


ついに健康診断の結果で生活習慣病予備軍に入ってしまった・・・今まで病気にならなかった人であれば、相当ショックかもしれませんね。
でも、逆の見方をすれば、予備軍入りだからこそ、そこから抜け出すのは比較的カンタンです。むしろ、一軍入りしてから抜け出すほうが大変になります。では、生活習慣病予備軍入りした場合、一軍入りしたいために何をすればいいのでしょうか?

■生活習慣病は恐ろしい病気なの?

生活習慣病の恐ろしいのは、痛みがあまり伴わないことです。痛みが伴えば、そこから逃れようと何らかの対策や対応をします。しかし、痛みが伴わないため、どうしても放置してしまいがちです。その結果として病気を進行させ、あるときに突然痛みを伴うこともあるからです。また、植物に例えると生活習慣病は種や根っこの部分です。放置すると、枝や葉が伸びで、結果としていろんな病気を引き起こします。複数の病気を引き起こせば、それだけ治療に時間やお金がかかってしまいます。だからこそ、種や根っこの状態で引き抜くことが重要となります。

■改善法1:不規則な生活を見直す

ついつい夜更かしをしてしまうこともあるかもしれませんね。逆に休みの日は昼まで、ダラダラと寝てしまうこともあるでしょう。そうすると、体が思うように機能しなくなり、結果として心身の不調が出ます。寝る時間や起きる時間も規則正しくすることで、体の機能がアップし、病気を未然に防ぐことができます。

■改善法2:食事を見直す

とくに外食や脂っこい食事をしているときには、注意が必要です。塩分や脂分を多く取ると、高血圧や高脂血症といった、生活習慣病を引き起こします。また、アルコールを多く飲むと、痛風の原因にもなります。偏ったものを多く食べている場合、野菜や魚、海藻類など和食を中心とした食事をおすすめします。栄養だけでなく、塩分のバランスも調整することが重要です。

■改善法3:体を動かす

人間も動物ですから、本来は体を動かすのが基本です。しかし、日々の生活をしていると、体を動かすことが後回しになってしまいます。休みの日などは、ウォーキングなど軽い運動をするようにしましょう。こうすることで体の機能もアップし、メタボの改善だけでなくストレスの解消にもつながります。今はまだ予備軍入りだからといって後回しにすることなく、この機会に一軍入りしないように予防することが重要となります。

胸が苦しい!頭痛がひどい!生活習慣病との関係性は?


突然やってくる胸の苦しみ、じわじわとやってきて長時間続く頭痛。どちらも考えただけでも、そしてその状態になるととてもイヤですよね。やはり痛む部位が部位だけに、心配してしまうこともきっとあるでしょう。では、胸の苦しみや頭痛に生活習慣病と関係性はあるのでしょうか?

■胸の苦しみと生活習慣病の関係性は?

胸の苦しみといってもたくさんあります。痛みを伴うもの、そして締め付けられるようなものなど、症状によりかあります。また、胸の苦しみが出ると、息切れや呼吸困難のような症状も出るかもしれませんね。胸の苦しみが出る原因はいくつかありますが、生活習慣病も大きく関わっています。一例として考えられるのは、狭心症や心筋梗塞といった症状です。心臓の動きが不調になる、または血管の詰まりなどが原因により、胸の苦しみが出ます。

■頭痛と生活習慣病の関係性は?

頭痛にもさまざまな原因はありますが、生活習慣病も大いに関わっています。とくにストレスを多く抱えている場合、頭痛を引き起こしています。頭痛が起きる原因としては、血管の収縮や膨張によって起こります。ストレスがかかると、人によっては暴飲暴食、アルコールやタバコの量が増えます。結果として脳の血管の収縮や膨張を繰り返し、頭痛を引き起こします。

■生活習慣病は血液の病気

生活習慣病は、血液の病気といっても過言でありません。血液は体全体に栄養や酸素を送る、大切なものです。ところが血液の状態が悪くなると、その影響は体全体に及びます。生活習慣病になると、高脂血症や高血圧など、血液関係の病気や症状が出ています。これがキッカケで、ほかのたくさんの病気を引き寄せることにもつながります。

■血液をサラサラにすることが重要

生活習慣病になると、血液の状態が悪くなっています。血液の状態が悪いということは、不要なもの、体に悪い老廃物が多く残ったままになります。車に例えたら、オイル交換をまったくせず、オイルが真っ黒の状態のまま走らせているのと同じです。車のオイルなら、手っ取り早く交換できますが、血液は残念ながらできません。血液をサラサラにするには運動をはじめ、食事や生活習慣の見直しが非常に重要となります。生活習慣病は、今までの生活スタイルの積み重ねで起きた結果です。それを改善するのは大変ですが、できることから生活スタイルや食生活を変えることが重要です。
ショッピングカートを見る

商品数:0 点 
合計金額 0




ゲームをして割引チケットをゲット!!

 
海外サプリメント個人輸入のOMS