今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 軟膏・クリーム剤

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

ステロイド入りの軟膏は安全なの?そもそもの役割は?


ステロイドという言葉は、広く一般的に知られるようになりました。その理由としては、アトピーなどのアレルギーが増えたこともあります。また、アトピーの治療といったら、ステロイドというのが関連付けられているからです。ステロイドが認知されたことで、その危険性も多く言われています。では、ステロイド入りの軟膏は、安全それとも危険のどちらになるのでしょうか?そもそもステロイドとは、どのような役割になるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■ステロイドは一体どのようなものなの?

ステロイドは悪である、と決めつけている人もいます。実は、ステロイドは私たちが生きていくためには、必要不可欠な存在となります。ステロイドは何かといったら、ホルモンの一種です。腎臓の上に乗っている、副腎と呼ばれる物質でステロイドが作られています。

■ステロイドはどんな役割があるの?

私たちの体は、免疫機能が備わっています。では、免疫機能だけあればいいのか、といったらそのようなことはありません。免疫機能だけあると、勝手に暴走してしまうこととなります。その免疫機能の暴走を止めるのがステロイドです。例えば、虫に刺されてしまった場合、免疫機能が働いてその部分を修復します。その結果として、炎症を引き起こして、修復を行います。しかし、そのままでは炎症で腫れた状態となってしまいます。そこで、ステロイドが働いて免疫機能を抑制し、炎症を抑えます。アトピーも免疫機能の暴走によるもので、それを抑えるためにステロイド入りの軟膏を使います。

■ステロイド入りの軟膏の役割は?

最初でも触れましたが、アトピーの治療に使われています。また、ハチやアブ、ムカデによる毒を抑えるためにも使われます。ほかにも喘息やリウマチの治療など、免疫機能に関わる治療に使われています。症状や塗る部位に合わせて、ステロイドの配合量も変わります。

■ズバリ!ステロイド入りの軟膏は安全なの?

結論としては、用法や用量を正しく使えば、ステロイド入りの軟膏は非常に効果的です。ステロイド入りの虫刺され用の軟膏の場合、短期間の治療であれば、とくに大きな問題はありません。ただし、アトピーの治療など長期に使っている場合、副作用が出ることもあります。急にやめてしまうと、アトピーの症状を悪化させるなど逆効果となります。気になるようでしたら、病院の先生と相談することが重要です。

乾癬はどんな病気なの?アトピーとの違いは?軟膏で治るの?


乾癬という言葉は、何かで聞いたことがあるかもしれませんね。しかし、具体的によくわからないというのもあるかもしれません。皮膚の疾患はさまざまあり、乾癬もその1つです。では、具体的にどのような病気になるのでしょうか?また、アトピーとの違いや軟膏で治療することはできるのでしょうか?

■乾癬の患者数や発症の割合は?

乾癬の患者数は日本において、10万人います。そして乾癬が発症する割合としては、1,000人に1人となっています。男女の比率では、男性2に対して女性1となっていて、男性に比較的かかりやすい皮膚の疾患です。

■乾癬は感染する皮膚疾患なの?

乾癬は「かんせん」と読むことから、人に感染するのではと思われるかもしれません。しかし、乾癬は人に感染しない皮膚の疾患です。

■乾癬のおもな症状は?

慢性的な皮膚の疾患です。人によりあらわれる部位や症状の程度は異なります。おもな症状としては、赤い斑点の上に白いうろこ状の皮膚疾患があらわれます。やがて、ボロボロになってはがれ落ちます。

■乾癬のおもな原因は?

乾癬が起きている皮膚は、普通の人と比べて、皮膚の生成が10倍以上早いことがわかっています。そのため、乾癬があらわれる皮膚は盛り上がっています。しかし、乾癬がなぜ起きるのか、詳しい原因はわかっていません。ストレスや薬、生活習慣病やメタボなどが原因ではと言われています。

■アトピーと乾癬の違いは?

どちらも症状の重い、皮膚疾患があらわれます。しかし、皮膚疾患の原因がどちらも異なります。アトピーは免疫機能の暴走により起こる皮膚疾患です。乾癬の場合には、皮膚の生成の以上により起こる皮膚疾患です。つまり、ほかの皮膚疾患も含め、原因や症状にあわせた治療法が必要となります。

■乾癬は治るの?治療法は軟膏なの?

乾癬は慢性的な皮膚疾患ですが、治る場合と治らない場合があります。これは体質やストレスなど、さまざまな原因があるため、原因を追求する必要があります。軟膏による治療は、症状を緩和するのみで完治するものではありません。おもにステロイドの入った軟膏で治療することになります。乾癬になると重い皮膚疾患となるため、症状を緩和しながら、原因を追求しながら、体質の改善を行う必要があります。

水虫の治療で軟膏は有効なの?正しい使い方や治療期間は?


水虫と聞いて、どんなイメージをされるでしょうか?きっと、あまりいいイメージは持たれないかもしれませんね。また、水虫にかかると治るまで時間がかかるもの、というのもあるかもしれませんね。では、水虫になる原因は何があるのでしょうか?また、水虫は軟膏で治療することができるのでしょうか?正しい治療法や治療期間も含めて説明していきます。

■水虫になる原因は何があるの?

水虫は、中年のおじさんがかかるもの、というのがあるかもしれませんね。しかし、男性にかぎらず若い女性も水虫に悩んでいます。水虫になる原因は、高温多湿の環境です。水虫は白癬菌と呼ばれるカビの一種です。とくに足の場合、靴や靴下で蒸れやすく、水虫にかかりやすい環境になっています。女性であれば、ブーツだけでなく、ネイルアートも原因になっています。ネイルアートを長持ちさせようと、足を洗うのをしなくなります。また、ネイルアートに汚れがつきやすくなり、水虫をはじめ雑菌が繁殖しやすくなります。

■水虫の治療で軟膏は有効なの?

水虫の薬は進化しているため、軟膏をはじめ、いろんなタイプの薬で治療可能です。パウダータイプ、スプレータイプなど、さまざまあります。ただし、注意する点があり、それは爪水虫です。爪水虫の場合、爪があるため、薬が浸透しません。そのため、爪水虫の場合には、病院で抗真菌薬の入った内服薬による治療が必要となります。

■水虫の完治にかかる期間は?

夏になると水虫が再発して、困っている方もいるかもしれませんね。水虫の再発率は50%と非常に高くなっています。もちろん水虫がしつこいのもありますが、多くの場合完治していないことも多くあるからです。よくありがちなのは、かゆみや皮膚の疾患が落ち着いたら、やめてしまうことです。水虫は、皮膚の下まで入り込んでいるため、根こそぎやっつけるには、しばらく続ける必要があります。完治させるためには、症状がある程度落ち着いてから、さらに1〜2ヶ月続けることが重要です。

水ぼうそうで体がかゆい!かゆみ止め軟膏は効果があるの?


タイトル:水ぼうそうで体がかゆい!かゆみ止め軟膏は効果があるの?

あなたは、水ぼうそうになった経験はあるでしょうか?実際に経験はあっても、記憶にない人もいるかもしれませんね。しかし、子どもを持つ親になってから、子どもが水ぼうそうになって大変な思いをしたかもしれませんね。では、水ぼうそうはどのようにして感染するのでしょうか?かゆみ止めの軟膏は効果があるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■水ぼうそうの流行時期は?

おもに12月〜1月の寒い時期にピークを迎えます。逆に夏の暑い時期は流行が減少します。

■水ぼうそうの感染率は?
多くの場合、1〜2歳にかかりやすく、10歳になるまでに約9割近くが感染します。つまり一生のうち、ほとんどの人が感染する病気の1つです。親から水ぼうそうになったことを聞かされても記憶にないのは、このようなことがあるからです。

■水ぼうそうの感染方法は?

水ぼうそうの原因となるのは、ヘルペスウイルスになります。そして感染力は非常に強く、3つの方法で感染します。
・空気中からの空気感染
・感染した人からのくしゃみによる飛沫感染
・手についたウイルスから体内に入る接触感染
つまり、ありとあらゆる方法から感染するため、予防するのが難しい病気です。

■水ぼうそうのおもな症状は?

病気の症状が出ない、潜伏期間が2週間続いたあとに症状が出ます。おもな症状としては、かゆみを伴う赤い発疹や38度以上の高熱が出ます。そして、症状が落ち着いたあとに、発疹が水ぶくれになり、その後かさぶたになります。しばらくの間、強いかゆみを伴います。

■一度感染すれば感染しないの?

水ぼうそうは、一度感染すれば二度と感染しない病気の1つです。ところが、ここ最近になり、大人になってから二度目に感染する人も増えています。とくに免疫力が落ちた高齢者に感染し、顔面麻痺や視力に障害が出るため注意が必要です。

■水ぼうそうのかゆみは軟膏で治るの?

おもに使用される薬は、ヘルペスウイルスに効果のある抗ウイルス薬です。ウイルスの抑制をすると同時に、水ぶくれの症状を抑えます。それとあわせて、抗生物質の入った軟膏で治療を行います。軟膏にヘルペスウイルスを死滅する効果はありません。しかし、水ぶくれが破れたことによる、皮膚表面にいる黄色ブドウ球菌の増殖を防ぐために塗ります。とくに子どもは、ボリボリとかいてしまい、皮膚に傷がついて、とびひを引き起こしてしまいます。内服薬や軟膏を使って治療すると同時に、爪を短く切るようにしましょう。

子どもがかかる「とびひ」を治すにはどうすればいいの?


小さなお子さんをお持ちの親として、やはり子どもの健康は似になるはずです。一度落ち着いたと思ったら、また別の病気や症状が出る。場合によっては、毎年のように繰り返しやって来る病気や症状もあるはずです。子育てでも大変なのに看病や世話をするとなると、また大変ですよね。そして、子どもがかかる症状として、とびひがあります。このとびひを治すには、どうすればいいのでしょうか?

■とびひの原因は何になるの?

細菌が原因になり、とびひの代表的な細菌は下記の2つになります。
・黄色ブドウ球菌
・化膿レンサ球菌
おもに黄色ブドウ球菌が、とびひの原因になります。

■とびひの細菌は危険なの?

先の2つの細菌名を見て、なんだか危険な細菌のように思われるかもしれませんね。実は、この2つは人間の体に住み着いている、常在菌と呼ばれるものです。黄色ブドウ球菌は、皮膚の表面や鼻の中にいます。そして化膿レンサ球菌は、鼻の中にいます。つまり、ビフィズス菌や大腸菌の腸内細菌と同じものになります。普段は共存共栄しながら生きています。また、ときには皮膚の表面を守る、バリア機能を果たしています。

■なぜ?とびひを引き起こしてしまうの?

子どもの場合、まだ免疫機能が弱く、ちょっとしたことで皮膚の状態やバランスが崩れてしまいます。そのときに、常在菌が繁殖しやすい状態に崩れてしまうと、一気に増殖してしまいます。そして、炎症などを引き起こし、炎症や化膿を引き起こします。子どもの場合、かゆみをガマンできず、つい爪でボリボリとかいてしまいます。そうすると皮膚に傷がつき、さらに黄色ブドウ球菌などが、その傷に入り込んでしまい、増殖してしまいます。あわせて、爪にも黄色ブドウ球菌が入り込み、その状態でほかの部位をかいてしまうと、感染源を広げてしまいます。とびひは、飛び火と書くように、あちこちに火がついたように、いろんなところに炎症を引き起こしてしまいます。

■とびひを治すにはどうすればいいの?

おもに、ゲンタシンやリンデロンと呼ばれる軟膏を使います。ただし、皮膚の状態が、じゅくじゅくしているのか、そうでないかによって軟膏を使い分けます。皮膚科で診てもらうことで、とびひかどうかがわかり、適切な軟膏を処方してもらえます。また、軟膏を塗るときには、皮膚をキレイにしてから塗るようにしてください。また、爪も短くすることで、かいてしまっても皮膚に傷がつかないようにしましょう。
ショッピングカートを見る

商品数:0 点 
合計金額 0




ゲームをして割引チケットをゲット!!

 
海外サプリメント個人輸入のOMS