今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > ぢ

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

ぢの種類はいくつあるの?男性だけでなく女性もなるの?


病気や症状には、難病を含めてたくさんあります。長い名前や難しい読み方がある一方、ぢは一文字であらわす病気や症状です。ほかに一文字であらわす病気や症状は、あまりないと思われます。そして、たった一文字のためなのか、逆にこれほど目立つ病気や症状はありません。では、そのようなぢについて、どのくらい種類があるのでしょうか?また、男性だけでなく女性もぢになるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■ぢにはどのくらいの種類があるの?

一文字であらわすことができる一方、ぢにはいくつか種類があります。大きくわけますと、3つにわけられます。
・いぼぢ
・切れぢ
・あなぢ
いぼぢは、肛門の内側の直腸または、肛門の外側に、いぼができる症状です。切れぢは、肛門の部分の皮膚が切れる症状です。あなぢは、お尻の周辺に膿ができて、肛門以外の穴ができてしまう症状です。いずれの場合にも、放置すると症状を悪化させます。

■ぢは男性特有の病気?女性もぢになるの?

ぢは水虫と同様に、中年男性がなるイメージを持たれているかもしれませんね。しかし、そのようなことはありません。実は、男性よりも女性が、ぢになっている人が多いという統計があります。男性は自分がぢであることを公表する人が多い一方、女性は恥ずかしいという理由から隠している方も多くいます。そのため、ぢを隠している人を含めると、女性が多いのではと見ている人も多くいます。

■ぢは放置しても治るの?

やはり下半身という部位である以上、人に話すのも人に見られるのもイヤな部分ですよね。では、ぢを放置して治るのでしょうか?残念ながら、ぢを放置すると治るどころか、悪化するリスクが非常に高くなります。一生お世話になる、大切な部位だからこそ、早く治療をして治すことが重要です。

■ぢの具体的な治療法は?

やはり、病院で診てもらうのがおすすめです。そして、ぢの種類にあわせて、適切な薬などを処方してもらい、治療を続けることが重要です。しかし、どうしても恥ずかしいという場合もあるかもしれませんね。そこで、通販を通して、ぢの薬を購入するのも1つの方法です。しかし、ぢの種類や症状の状態によっては、改善しないことも考えられます。そこで、病院で処方される、より効果のある薬を手に入れたいのであれば、輸入代行を利用して、海外から取り寄せる方法もあります。

えっホント?ぢは血行不良が原因?ほかの原因は何があるの?


あなたを含め、周りでぢに悩んでいる人はどれくらいいるでしょうか?自分は、ぢになっているけれど、周りにそういう人はいない、という方もいるかもしれませんね。しかし、ぢに悩んでいる人は、3人に1人とも言われています。実は花粉症も3人に1人とも言われ、ぢは立派な国民病ともいえます。花粉症の場合、シーズンがすぎれば落ち着きます。しかし、ぢに関しては、そうはいきませんよね。では、ぢにはどのような原因があるのでしょうか?

■ぢの原因1:冷えなどの血行不良

冷えは万病の元と言われるように、ぢも例外ではありません。肛門付近には静脈があり、ここが冷えにより血行不良になると、ぢのリスクが高まります。血行不良になると、血が滞りやすくなり、そのうち静脈がコブ状になります。いわゆるこれが、イボぢを引き起こす原因となります。実は男性よりも女性がぢになりやすいのも、このような原因があります。

■ぢの原因2:便秘

便秘になりますと、当然ながら便がとても固くなります。肛門は非常に柔軟にできている一方、傷のつきやすい部分でもあります。固い便が肛門を傷つけて、結果として切れぢを引き起こします。便秘になりやすい女性も、切れぢで悩んでいる方はたくさんいます。

■ぢの原因3:下痢

実は下痢も便秘同様に、ぢになる原因です。男性に多い、過敏性腸症候群の方は、何度もトイレに行くことになります。お尻周りが不潔になりやすくなり、あなぢの原因にもなります。また、何度もトイレットペーパーで拭くことで、肛門に傷がついてしまいます。

■ぢの原因4:座り続ける

デスクワークで椅子に座り続けていますと、肛門付近が血行不良を引き起こします。また、自転車に乗り続けている人も、椅子に座り続けているのと同じ状態となります。原因1と同様に、いぼぢの原因になります。

■ぢの原因5:いきみ

スポーツをされている場合、瞬発力が必要な状況や力を入れる状況になると、肛門に力が入ります。また、女性の場合、出産をきっかけにぢになる人もいます。

■肛門に負担をかけないことが重要

思い当たる原因はどのくらいあったでしょうか?肛門に負担をかけない生活を送ると同時に、薬による治療を行うことが重要です。病院で診てもらうのが恥ずかしい、症状が軽い場合には、市販薬で治療をする方法もあります。また、輸入代行を利用して、医薬品として処方される、効果の高い薬を手に入れる方法もあります。ただし、症状が重い、市販薬などで治らない場合には、早めに病院で診てもらいましょう。

ぢの治療はどこでできるの?手術しないと治らないの?


ぢというのは、どことなく恥ずかしいというイメージを持たれているかもしれませんね。どうしても下半身の部分となるため、知られると恥ずかしいのも本音かもしれませんね。しかし、ぢは立派な病気や症状の1つです。そして、生活習慣から来るものが大半ですので、生活習慣病と書いても過言ではありません。では、そのようなぢに関して、治療はどこでできるのでしょうか?手術しないと、ぢは治らないのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■ぢの治療法1:市販薬

真っ先に思い浮かぶのが、この治療法になるかと思います。実際にテレビCMなどでも、座薬などを含めて見たことがあるかもしれませんね。市販薬は病院に行く手間や時間、そして治療費を節約できるメリットもあります。ただし、市販薬は病院で処方される医薬品と比べて、効果がマイルドです。また、症状によっては治らないことも考えられます。

■ぢの治療法2:海外の医薬品

通販が発達したおかげで、海外の医薬品を輸入代行を利用して、手に入れることが可能になっています。このメリットは、医薬品を手に入れられることです。医薬品の場合、基本的には病院に行かないと処方してもらえません。しかし、輸入代行なら、病院で処方される医薬品を自宅にいながら手に入れることができます。

■ぢの治療法3:病院

病院であれば、肛門科などで診てもらう方法があります。ぢにもいろんな種類や症状があるため、やはり専門医に診てもらうのがベストです。そして、症状にあわせて適切な薬を処方してもらえます。デメリットとしては、病院に行く手間や時間がかかる、薬代以外にも診察代がかかることです。

■ぢは手術しないと治らないの?

ぢと聞くと、手術のイメージを持たれているかもしれませんね。病院に行ったら、すぐに手術と言われそうで怖いと思い、病院に行くことをためらっていることもあるかもしれませんね。しかし、先延ばしにすればするほど、ぢの症状は重くなってしまいます。本来なら手術しなくてもよかったのに、症状が進行して手術することにもなりかねません。ここまで来ると、市販薬や輸入代行で仕入れた医薬品を使っても改善できなくなります。

■まずは病院で診てもらうこと

ぢになったから、必ずしも手術するとはかぎりません。基本的には、薬物療法で様子を見ることとなります。悩んでいても、ぢの改善にはつながりません。また、早期解決するためにも、まずは病院で診てもらうことをおすすめします。

緊急事態!ぢでお尻が痛い場合のとっさの対処法は?


ぢというのは、一度発症すると慢性的になりがちです。最初のうちは焦ってしまい、びっくりすることもあります。しかし、そのうち慣れてしまうこともあります。そのようなときに突然やってくる、お尻の痛み・・・また、痛みだけではなく、突然の出血やかゆみが出ることもあります。では、そのような緊急事態のとき、とっさの対処法は何があるのでしょうか?

■ぢの種類を把握しておく

ぢといっても大きくわけて、イボぢ、切れぢ、あなぢがあります。まずは、自分がどのタイプなのかを把握しておくことが重要です。なぜなら、ぢの種類により対処法を間違えると、逆効果になるからです。そのためにも、自分はどのようなぢになっているのかを把握しておきましょう。

■ぢの対処法1:安静にする

突然の痛みに襲われたとき、まずは安静にすることが大切です。痛みに襲われると体が硬直し、肛門にも力が入ってしまい、逆効果となります。自宅にいる場合には、布団のうえで横向きになり、ひざを軽く曲げて力を入れないようにしましょう。横になれないときにも、肛門に力を入れないようにするようにしましょう。

■ぢの対処法2:温める

この対処法は、イボぢ、切れぢに有効です。あなぢの場合には、逆に痛みが増すため、行わないでください。お湯やウォシュレットの温水で温めることで、痛みが和らぎます。

■ぢの対処法3:冷やす

先ほどとは逆で、あなぢに有効な方法です。水で濡らしたタオルなどで、肛門付近を冷やしましょう。そのときになるべく横になるようにしましょう。

■ぢの対処法4:出血した場合

まずは、お尻の周辺をキレイにすることが大切です。下着が汚れないように、トイレットペーパーやコットンのような柔らかい素材を当てるようにしましょう。あわせて先に書いた、対処法もあわせて行いましょう。

■ぢの対処法5:イボが出た場合

まずはムリに押し込まず、ゆっくり押して戻しましょう。その際に、ウォシュレットの温水で温めてあげると、比較的戻りやすくなります。ただし、それでも戻らない場合には、早めに病院に行きましょう。

■場合によっては病院で診療を

痛みが続く、イボが戻らない、出血が止まらないなど、いつもと様子が違う場合には、病院で診療を受けましょう。まずは、対処法を行い、肛門に負担をかけないことが大切です。

後悔しないためにも・・・お尻をケアしてぢを予防する方法


意外に思われるかもしれませんが、ぢになる動物は人間だけです。その理由としては、直立歩行することで、血液が肛門付近に集中しやすくなるためです。多くの動物は四足歩行のため、肛門に負荷がかからないためです。また、人間はほかの動物と違い、動物本能と逆らった生活などを行っています。この生活習慣の違いにより、ぢになりやすいのも実情です。3人に1人がなる国民病でもあり、生活習慣病ともいえます。では、ぢになって後悔しないためにも、どのようにして予防すればいいのでしょうか?

■予防法1:冷えの改善

ぢを悪化させる原因は、冷えによる血行不良があります。とくに女性の場合、冷えを感じている方が多くいます。実際に冷えを改善することで、ぢの症状も緩和されるケースがあります。食べ物や飲み物だけでなく、体を動かすことで血行を改善することができます。

■予防法2:便秘を解消する

切れぢに悩む人は、便秘の傾向が高くなっています。便秘を解消するためには、腸内環境をよくすることが大切です。また、肉類を多く食べている場合にも、便秘になりがちになります。野菜や食物繊維の多いものを食べて、便秘を解消させましょう。

■予防法3:ストレスを改善する

ストレスとぢには大きな関係があります。ストレスがかかると、全体的に血行不良を引き起こします。また、過敏性大腸症候群の方は、下痢を何度もして、ぢを発症する原因にもなります。そのため、ストレスを解消することが、実はぢの改善や予防にもつながります。

■予防法4:刺激物を避ける

お酒をたくさん飲む、香辛料の多い食べ物を多く食べると、肛門を刺激してしまいます。また、タバコやカフェインも多く取っていましたら、避けるようにしましょう。

■予防法5:姿勢に注意する

デスクワークを続けていますと、お尻に負担がかかってしまいます。ずっと座った姿勢のまま、動いていないなと気づいたときに、立ち上がる、体を動かすようにしましょう。

■それでもぢになってしまったら・・・

まずは病院に行って診てもらうようにしましょう。初期段階であれば、ぢの改善も早くなるからです。ぢは放置すると逆に悪化させてしまうため、早めの治療や予防を心がけましょう。
ショッピングカートを見る

商品数:0 点 
合計金額 0




ゲームをして割引チケットをゲット!!

 
海外サプリメント個人輸入のOMS