今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 韓国ジェネリック

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

ジェネリックはそもそも何なの?普通の薬との違いは?


昔に比べて、ジェネリックという言葉を聞かれるようになりました。そして、この言葉を聞くと、薬をイメージされるかもしれませんね。また、ここ最近では、薬だけでなく家電品のジャンルに、ジェネリック家電というのも認知されつつあります。では、そもそもジェネリックとは、どのようなものになるのでしょうか?普通の薬との違いは何があるのでしょうか?

■ジェネリックの意味は?

この言葉は、薬に特化した言葉ではありません。英単語で書くと、「generic」と書きます。意味としては、一般的や汎用的といった意味になります。もう少しわかりやすく書くと、広く誰でも、といった意味になります。

■普通の薬との違いは?

薬というのは、それ自体非常に小さなものです。しかし、そこには非常に多くの開発費や臨床試験の時間をかけています。いわゆる新薬と呼ばれるものになります。そして開発費を回収して利益を出すためには、どうしても薬の価格は高くなります。その一方で、ジェネリックの場合、新薬に比べて薬の価格は安くなります。

■普通の薬と同じところは?

ジェネリックは新薬と同じ成分を使っているところがあります。また、薬の効果も新薬と基本的に変わりはありません。価格以外で違うところとしては、形状や色、味、薬を維持する添加物や副材になります。しかし、薬の効果に大きな違いはありません。大きく違うところは、やはり価格になります。

■なぜ価格に違いが出るの?

その大きな違いは開発費になります。新薬の場合、膨大な開発費がかかります。しかし、ジェネリックの場合、この開発費を大幅に削減できるからです。なぜなら、新薬に入っている成分や製造方法などを、マネして作ればいいからです。料理に例えるなら、レシピに該当します。料理を作る技術が一通りあれば、そのレシピどおりの材料と作り方をマネするだけで簡単に作ることができます。つまり、ジェネリックは新薬のレシピを見て、その通りに作っているというわけです。当然、試行錯誤という開発を最小限にできるため、その分の開発費を削減でき、結果として安く薬を提供できます。

医薬品、医薬部外品、OTC、ジェネリックの違いは?


病院だけではなく、ドラッグストアに行くとたくさんの薬があります。それだけ、病気や症状がたくさんあるというわけです。実際にたくさんの薬を見て、どれがいいかを迷った方もいるかもしれませんね。そして、薬といっても成分だけでなく、いろんな用語があります。よく見ると似たような言葉、聞いたことはあるけれどよくわからない用語もたくさんあります。そこで、薬に関係する言葉の違いを説明していきます。

■そもそも薬というのは?

当たり前のように使っていて、いざその意味を聞かれると、答えるのが難しいかもしれませんね。薬というのは、人間に有益なものであり、体の機能を正常に戻すものです。いわゆる病気や症状を治すものになります。その機能を果たせば、食べ物でも飲み物でも一応は薬に該当します。ただし、その中でも著しい効果が期待できる成分で配合されたものを、薬と呼んでいます。

■医薬品とは何を指すの?

医薬品とは大きく2つに別れます。
・医療用医薬品
・一般用医薬品
病院で処方される、処方薬と呼ばれる薬を医療用医薬品と呼びます。非常に効果が期待できる一方で、副作用も強く出ることがあります。そのため、病院の先生や薬剤師が処方しないと、処方してもらえない医薬品が医療用医薬品です。一般用医薬品とは、病院の処方箋なしで購入できる医薬品になります。ドラッグストアなどで取り扱っている医薬品は、一般用医薬品に該当します。

■医薬品と医薬部外品の違いは?

先ほどの2つを踏まえて説明しますと、効果の違いです。医薬品は、病気や症状の治療を目的としています。医薬部外品は、肌荒れを治す、日焼けを予防する、殺菌といった、予防や衛生を目的としています。

■OTCとはどのようなものなの?

医薬品に分類される一般用医薬品の変わりになる呼び方です。2007年から一般用医薬品をOTC医薬品と呼ぶことに決まりました。OTCは略称で正式名称は、「Over The Counter」となります。いわゆる、ドラッグストアのカウンター越しで販売される薬のことを指します。

■ジェネリックとはどのようなものなの?

医薬品は膨大な時間とコストをかけて新薬が作られます。そして、新薬を開発した会社の利益を守るために、特許を出します。その特許の有効期限が出ている間、その薬をマネして作ることができません。しかし、特許の有効期限が切れると、その特許に書かれている成分や製造をマネして作ることができます。結果として、薬の価格を抑えることができます。つまり、新薬の特許切れにより、安価に抑えられた薬がジェネリックとなります。価格は安くても、効果や効能は新薬と変わりありません。

韓国ジェネリックは安全なの?どこなら安全なの?


日本でもジェネリックを製造販売しているメーカーは、たくさんあります。実際にジェネリックを専門に作っているメーカーもあるくらいです。そして、日本だけでなく、海外でもたくさんのジェネリックを製造販売しています。そこで、隣の国である韓国でもジェネリックは作っているのでしょうか?また、作っていた場合の気になる安全性について、説明していきます。

■日本のジェネリックの普及率はどのくらいなの?

海外と比べますと、日本のジェネリックの普及率は、まだ発展途上の段階です。海外の場合、アメリカやヨーロッパ諸国においては70%の普及率になっています。また、国によっては90%を超えているところもあるくらいです。では、日本はどうなのかといったら、60%前後といったところです。しかし、ジェネリックが普及しているのは間違いのない状況といえます。

■韓国にもジェネリックはあるの?

実際に韓国もジェネリックがたくさんあります。ジェネリックは世界各国で製造販売されています。その中で輸入先のジェネリックとして韓国はトップになっています。輸入先の全体のうち、30%近くを占めています。ついで、中国の12%、以下9〜8%前後でスペイン、イタリア、ハンガリーとなっています。韓国と聞くと、サムスンのイメージが強いかもしれません。しかし、意外な市場として、ジェネリックでも強みを持っています。

■ズバリ!韓国ジェネリックは安全なの?

いくらジェネリックは安いからといって、安全性を心配されるかもしれませんね。結論から書きますと、薬である以上、すべて安全とは言い切れません。これは韓国だけにかぎらず、日本や他国の薬すべてに該当します。まず、ジェネリックは薬である以上、まずは副作用があります。なぜなら、ジェネリックは新薬の成分を使用して製造されているからです。そしてほかには、メーカーにもよります。いくら同じ素材を使っていても、料理を作る腕に違いが出れば、当然ばらつきが出ます。実際にメーカーにより、品質のばらつきは出ます。韓国にかぎらず、ジェネリックを手に入れる場合には、評判などを含めて確認することが重要です。

韓国ジェネリックはどのようなものなの?おもな薬は?


韓国と聞いて思い浮かべるものは何になるでしょうか?人それぞれ、思い浮かべる内容は異なります。例えば、キムチなどの韓国料理をはじめ、韓流も出てきたかもしれません。また、サムスンや外交問題などが出てきたかもしれませんね。そのように思い浮かんだ中で、ほとんど出ないものがあります。それは韓国ジェネリックです。実際に韓国ジェネリックは多くの国から輸入され、輸入量は全世界でトップです。では、韓国ジェネリックは、どのような薬があるのでしょうか?

■性に悩みを持たれている場合

性に関する薬といったら、バイアグラが出るかもしれませんね。実際にバイアグラの韓国ジェネリックがあります。バイアグラは食事やお酒の影響が受けやすいのが特徴です。時間が決まっている場合、食事やお酒を取り入れない場合にはおすすめです。

■花粉症やアレルギーで悩みを持たれている場合

花粉症を含め、アレルギーに悩む人はたくさんいます。日本人が花粉症で悩んでいる方は、3人に1人と言われる国民病です。ザイザルと呼ばれる薬のジェネリックを韓国で作られています。効果は比較的強い一方、眠くなりにくいのが特徴です。

■水虫の悩みを持たれている場合

水虫をはじめ、真菌と呼ばれるカビによる皮膚疾患は、ラシミールで治療を行います。ラシミールは、水虫治療薬では有名な薬の1つです。そして、病院の処方薬だけでなく、一般販売もされています。ただし、一般販売されているラシミールは、処方薬に比べて効果が弱くなっています。病院に行くのが恥ずかしい、通院の時間やお金をかけたくない場合、ラシミールのジェネリックがおすすめです。

■胃腸の不快感で悩みを持たれている場合

成分としてはH2ブロッカーになります。胃酸の分泌を抑える働きがあり、日本ではガスター10が有名です。H2ブロッカーの成分を使用した、韓国ジェネリックがあります。ボトルタイプのものがあるため、胃腸の不快感に悩んでいましたらおすすめです。

■ほかにもある韓国ジェネリック

ヘルペスやクラジミアの感染症の薬、血圧を下げる薬、点眼薬、炎症を抑える薬などさまざまあります。少しでも安く、大量の薬を欲しいと考えていましたら、韓国ジェネリックなどを利用してはいかがでしょうか?

韓国ジェネリックを入手する方法は?まとめ買いはできる?


今まででしたら、薬といったら病院やドラッグストアなどで手に入れるのが一般的でした。しかし、今では通販が発達したおかげで、自宅にいながら簡単に手に入れることも可能になっています。そして、実際に薬も通販で手に入れる人が増えているのも事実です。通販といっても日本国内のみではなく、海外も利用することができます。では、韓国ジェネリックを入手したいと思ったら、どうすればいいのでしょうか?また、まとめ買いは可能なのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■韓国ジェネリックの魅力について

まずはなんといっても、数がたくさんあることです。日本で有名な薬も多く扱っています。そしてジェネリックの大きな魅力は、価格が安いことです。その理由は、特許の切れた新薬の成分や製造方法をマネして作るため、開発費がかからないことです。薬の種類にもよりますが、価格は新薬の10分の1になることもあります。

■韓国ジェネリックを入手する方法は?

おもに個人輸入を利用して入手することになります。とはいっても、英語どころか韓国語も使うことができない・・・万が一、騙されたらどうしよう・・・そのような不安を持たれているかもしれませんね。そこでおすすめなのは、輸入代行になります。輸入代行業者があなたの代わりに、韓国ジェネリックを取り寄せてもらうことができます。輸入代行業者のサイトも日本語で書かれているため、安心して韓国ジェネリックを入手することができます。

■韓国ジェネリックをまとめ買いできるの?

海外から輸入する場合には、送料だけでなく関税もかかります。そのため、まとめ買いをするのが得策となります。しかし、日本の法律により、薬のまとめ買いには制限があります。外用薬の場合には24個以内、処方箋薬の場合には1ヶ月分までと決まっています。その点を考慮して、輸入代行業者のサイトでは、無制限に注文できないように一度に注文できる数に制限がつけられています。それを超えない範囲であれば、基本的に問題はありません。



ゲームをして割引チケットをゲット!!