今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 花粉症

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

どんな対策がある?花粉症を軽減するためのアレコレ


あなたが花粉症に悩まされていましたら、そのときはどんな対応や対策をしているでしょうか?面倒なのでツライ状態のまま、そのままにしているかもしれませんね。シーズンがすぎれば落ち着くから、放っておこうとしているかもしれませんね。しかし、やはりツライ状態でいるよりは、何らかの対応や対策を取ってラクになることをおすすめします。では、花粉症を軽減するためには、どんな対応や対策があるのでしょうか?

■花粉症を放置するこれだけのデメリット

花粉症の症状は程度も含めて人により異なります。多くの場合、花粉症になると涙や鼻水が止まらない、くしゃみが出るなどの症状があらわれます。これによるデメリットとしては、やはり集中力がなくなってしまうことです。そのため、仕事にも大きく影響してしまいます。また、女性であれば化粧崩れの心配も出ます。そのデメリットを解消すれば、体だけでなく精神的にもラクになります。

■花粉症軽減対策1:薬を服用する

最近は眠くなりにくい花粉症の薬も増えています。朝、一回飲むだけで効果が持続するものもあります。体質や相性もあるため、いくつか試してみるのもおすすめです。

■花粉症軽減対策2:メガネやマスクをする

花粉症の症状が重い場合、専用のメガネをするのも1つの方法です。また、マスクをして鼻や口から花粉を吸い込まないようにすることも重要です。昔に比べて、マスクをしている人が増えているため、マスクであれば抵抗はないかと思います。

■花粉症軽減対策3:グッズを使う

一例としては、サプリメントになります。花粉症に効果のあるアメを使うのも1つの方法です。とくに甜茶は花粉症に効果があるので、気軽に試すことができます。

■花粉症軽減対策4:レーザー治療

鼻の粘膜をレーザーで傷つけて、花粉と反応しないようにする方法です。保険も適用され、1回1万円程度になります。時間も数分程度で終わり、麻酔をするため痛みもないのが特徴です。

■手軽に試すベストな方法

手軽に試すことができて効果の期待ができるものとして、やはり薬になります。最近は輸入代行を利用して、病院で処方される効果の高い薬を手に入れることができます。数ヶ月対策が続きますので、なるべく安く手間をかけたくない場合、輸入代行で薬を手に入れる方法がおすすめです。

アレッもしかして・・・花粉症と風邪との症状の違いは?


なんだか鼻がムズムズする・・・くしゃみも出て頭がボーッとする・・・そのような症状は誰しもあるはずです。これはもしかして風邪かな?でも花粉症持ちでもあるし、どちらなのかわからない・・・とくに症状の出たばかりの頃は、区別がつかないこともあります。では、花粉症と風邪の症状には、どのような違いがあるのでしょうか?

■違い1:発症の原因

花粉症の場合には、スギ花粉などの植物が原因となっています。そして風邪の場合には、ウイルスが原因となっています。ただし、この原因で判断するのは、難しいのが実情です。

■違い2:喉の痛み

風邪を引きますと、しばらくして喉の痛みが出てきます。しかし、花粉症の場合には、喉の痛みは基本的にありません。ただし、くしゃみの回数が多くなりますと、喉にも負担がかかるため、喉の痛みが出ることもあります。

■違い3:熱

風邪の場合には、症状が進行すれば熱が出ます。寒気がする、体の節々が痛い場合には、風邪による熱が考えられます。しかし、花粉症の場合には、熱は出ません。

■違い4:目のかゆみ

風邪の場合には、目のかゆみが出ることはなく、逆に花粉症は目のかゆみが出ます。目のかゆみとあわせて涙が出ます。

■違い5:くしゃみ

風邪の場合には、くしゃみが出ることは少ないのが特徴です。その一方、花粉症の場合には、一度くしゃみが出ると何度も出るのが特徴です。

■違い6:鼻水

花粉症や風邪のひきはじめは、サラサラとしているのが特徴です。しかし、風邪の場合には徐々に粘り気のある鼻水に変わります。また、鼻づまりにおいて、風邪の場合には片方だけが詰まります。一方、花粉症の場合には両方が詰まり、同時に流れ出すのが特徴的です。

■違い7:天気などの環境

花粉が飛ぶのは、おもに晴れている日になり、同時に花粉症の症状がひどくなります。風邪の場合には天気はあまり関係なく、体調や気温、湿度により、引きやすい体質になります。

■どうしてもわからない場合には?

やはり病院で診てもらうことをおすすめします。花粉症に今までなったことがない場合、判断が難しいこともあります。また、時期によっては、花粉症や風邪以外のインフルエンザの可能性も十分に考えられます。どの場合であっても、様子がおかしいと思ったら早めに病院で診てもらいましょう。

えっ?花粉症が引き金で食物アレルギー発生?その食べ物は?


花粉症になりますと、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどが出ます。風邪とは違い、ウイルスが原因ではないため、病気ではありません。そのため、風邪や一般的な病気と比べて、花粉症は軽視してしまいがちです。ところが、花粉症が引き金となり、食物アレルギーが出ることもあります。では、なぜそのようなことが起きるのでしょうか?あわせて食物アレルギーを引き起こす食べ物は何があるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■そもそも花粉症はなぜ起きるの?

一言で書きますと、免疫機能の過剰反応になります。花粉そのものは、人間にとって害ではありません。ところが触れる回数が多くなるにつれて、体の免疫機能は花粉を意識し始めます。本来、無害のはずの花粉を敵だと見なして、攻撃してしまいます。その結果として、外に排除しようと、鼻水やくしゃみ、目のかゆみとなってあらわれます。

■食物アレルギーが起こる原因は?

食物アレルギーが起こる原因も、花粉症と共通しています。食べ物はさまざまな成分から構成されています。本来、人間にとって有益な成分を免疫機能が敵と見なしてしまいます。その結果として、発疹や腫れなどといった食物アレルギーが出ます。

■花粉症と食物アレルギーの共通点は?

一見共通性がないように思われますが、成分において共通点があります。それは何かといったら、タンパク質です。花粉もそして食べ物も多くはタンパク質で構成されています。つまり、タンパク質に免疫機能が反応しやすい人は、この2つの症状があらわれやすいことになります。

■花粉症が原因で引き起こす食物アレルギーは?

一例としては下記があります。
・リンゴ
・モモ
・サクランボ
・キウイ
・メロン
・大豆
花粉は植物ですので、同じ種類や科目は反応しやすくなります。実際に農園などで特定の植物の栽培をしていると、その植物の花粉に反応しやすくなる傾向があります。

■重要なのは花粉症を軽視しないこと

花粉症の症状が重くなると、食物アレルギーの症状もあらわれやすくなります。そしてあるとき、命にも関わるアナフィラキシーショックが出るリスクも高まります。とくに花粉症の症状が思い方、アトピーをお持ちの方は注意が必要です。

花粉症の原因はスギだけ?意外に多い花粉症を引き起こす植物


代表的な花粉症を引き起こす植物といったら、何になるでしょうか?最初に浮かぶものとしては、スギかもしれませんね。ほかにはヒノキやシラカバが出た方もいるかもしれませんね。花粉症の原因を引き起こすのは、スギなどの木をイメージされるかもしれません。ところが木以外にも草なども花粉症を引き起こす原因になります。では、どのような植物が花粉症を引き起こすのでしょうか?

■花粉症を引き起こすシーズンは?

花粉症に代表されるスギは、2〜4月頃が中心となります。そして、年が明けて1月の中旬くらいになりますと、花粉症対策のテレビCMを見かけるようになります。そのため、花粉症というのは冬から春にかけてなるもの、というイメージを持たれるかもしれませんね。しかし、植物はシーズンによって花を咲かせる時期が異なります。あわせて、花粉を飛ばす時期も変わることとなります。つまり、花粉が飛ぶ時期であれば、オールシーズン花粉症を引き起こします。ありとあらゆる花粉に悩まされて、1年中鼻炎などの症状を訴えている人も多くいます。

■シーズン別!花粉症を引き起こす植物

具体的な植物とシーズンは以下になります。
・スギ:2〜4月
・ヒノキ:3〜5月
・イネ:5〜9月(6月前後がピーク)
・ブタクサ:8〜10月
・ヨモギ:8〜9月
地域により、多少ピークの時期がずれます。また、これ以外にも果物などの花粉も花粉症を引き起こします。とくに農園などで働いている方は、その栽培している果物の花粉で花粉症を引き起こします。果物の産地に住んでいる方は、その果物の花粉にも十分注意しましょう。

■どの花粉に反応するかを調べるには?

病院で調べることができます。たとえば、アレルギー外来や耳鼻咽喉科などで調べることができます。調べ方としては、皮膚に傷やアレルギーを引き起こす成分を注射して調べます。それで赤く腫れが出たものが反応する花粉となります。とはいっても病院で調べるのは面倒だし、手間なく調べたい方もいるかもしれませんね。そこで最近は、通販で手に入れられる検査キットが販売されています。花粉だけではなく食物アレルギーやハウスダスト、ペットアレルギーも調べることもできます。

要注意!花粉症の薬で注意したい副作用は?


花粉症は一度発症すると、基本的に一生続くことになります。シーズンにより出る時期、出ない時期はあったとしても、やはり症状は軽い状態のほうがいいですよね。そして花粉症の症状を軽くする方法としては、やはり薬で治療するのがおすすめです。最も効果が期待でき、手軽に治療することができるからです。とはいっても薬である以上、副作用にも注意する必要があります。そこで、ほかの薬との飲み合わせも含めて、注意する点をこれから説明していきます。

■花粉症の薬の効果や効能は?

花粉症の薬にもいくつかあります。代表的な薬といったら、アレジオンやアレグラになります。また、成分は同じで安価で購入できる、ジェネリックもあります。これら花粉症の薬の効果や効能は以下になります。
・アレルギーを引き起こすヒスタミンを抑える
・鼻水や鼻づまりを抑える
・くしゃみを抑える
・目のかゆみを抑える
このような効果や効能があります。ただし、薬の種類により相性や効き目の違いが出ます。

■花粉症の薬の持続時間は?

これは薬に含まれる成分の配合量により異なります。多くの場合には、半日〜1日となっています。服用する間隔としては、朝一回だけ、朝と夜の二回など薬の種類により異なります。

■花粉症の薬の副作用について

薬である以上、副作用はどうしても避けられません。一例として以下があります。
・眠気
・喉が渇く
・便秘
・胃の不快感
ただし、必ずしも副作用が出るとはかぎりません。また、副作用が出ても、ほとんど気にならないケースもあります。

■ほかの薬との飲み合わせについて

風邪薬や頭痛薬などの一般的な薬のほかに、特定の病気を治す薬もあります。実際に飲み合わせによっては、効果が強く出すぎる、症状が長引くこともあります。風邪薬や頭痛薬と一緒に飲むと、眠気が強く出ることもあります。解熱剤と一緒に飲むと、頭痛が強く出ることもあります。また、ほかに常用している薬により、今までにはない副作用が出ることもあります。何らかの病気や疾患を持っている、また薬を複数飲んでいる場合には、事前に先生に確認することをおすすめします。



ゲームをして割引チケットをゲット!!

 
海外サプリメント個人輸入のOMS