今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 抗菌薬(性病)

医薬品をお探しの方は、製品名を入力して検索してください。 製品名が完全一致した場合のみ検索に該当します。



薬事法第68条によって未承認医薬品の名称、効能、使用方法等を掲載することは禁じられております。
このためオーエムエスでは医薬品名を掲載せず利用者の方に製品名を検索していただくシステムで医薬品の輸入代行を受け付けております

過去のご購入履歴からご注文される際は、こちらからログインしてください。


 

細菌とウイルスのそれぞれの違いは?真菌は細菌のこと?


夏になると病原性大腸菌である、O157による食中毒の話を聞きます。そして、冬になるとインフルエンザの流行で、学級閉鎖などの話を聞きます。このように細菌やウイルスによって、私たちの体は病気になる、場合によって命に関わることもあります。では、そこで細菌とウイルスに関して、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?また、真菌は細菌と同じものになるのでしょうか?1つ1つ細かく説明していきます。

■細菌とウイルスの共通点は?

どちらも非常に小さいため、肉眼で活動している様子を確認することができません。大きさは、それぞれの細菌やウイルスにより異なります。全体的に、細菌よりもウイルスのほうが小さくなっています。細菌は、1ミリの1000分の1の大きさになります。ウイルスは、マイクロメートルよりさらに小さい、1000分の1の大きさである、ナノメートルの大きさになります。なぜウイルスは小さいのかといったら、人間の細胞に入り込むためです。

■細菌とウイルスの違いは?

細菌はキノコなどの菌をイメージするから植物性、ウイルスは動物性と思われたかもしれません。しかし、どちらも同じ微生物であり、宿主が必要か不要かによってわけられます。細菌は水や栄養など増殖できる環境があれば、自分自身で増殖することができます。ところがウイルスの場合、細菌のように水や栄養だけで増殖できません。ウイルスは、生きた細胞にくっつかないと増殖することはできません。つまり、人間や動物などの宿主がいて、はじめて増殖することができます。人間関係に置き換えると、細菌は自立している、ウイルスは人に依存しているという見方ができます。

■細菌と真菌の違いは?

わかりやすい表現で書きますと、細菌はバイキンと呼ばれるもの、真菌はカビと呼ばれるものです。キノコの場合は細菌ではなく真菌です。この2つは構造や増殖方法に違いがあります。細菌はどんどん自分のコピーを増やすのに対し、真菌は菌糸と呼ばれる糸を伸ばします。代表的な細菌は、O157、大腸菌、ブドウ球菌やサルモネラ菌があります。真菌は、水虫の原因となる白癬菌やカンジダがあります。

抗菌薬とは?どんな細菌やウイルスも治療できるの?


抗菌薬と聞いて、どのようなイメージをされるでしょうか?水虫の薬を思い浮かべるかもしれませんし、抗生物質が出てきたかもしれませんね。しかし、よく聞く言葉であっても、イマイチ抗菌薬についてわからない方も多いかもしれませんね。では、抗菌薬はどのようなものなのか?そして、どんな細菌やウイルスでも治療できるのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■人間はなぜ細菌やウイルスに感染するの?

理由はさまざまありますが、その1つに人間には細胞壁がないからです。細胞壁は植物にあり、人間を含む動物にはありません。細胞壁があると固いガードができる一方、体を動かすことができません。人間や動物は骨があることで体を支え、植物にとって細胞壁が骨の代わりとなります。細胞壁がないことで、細菌やウイルスが細胞内に入りやすくなるからです。そのままでは完全に無防備な状態のため、免疫と呼ばれるガードが体内にあります。

■抗菌薬とはどのようなものなの?

別名では抗生物質と呼ばれています。世界初の抗生物質で有名なものはペニシリンです。なぜ、ペニシリンは細菌に効果があるのかといったら、先に書いた細胞壁が関与しています。細菌には細胞壁と呼ばれるガードがあり、普通に破壊することはできません。また、細菌が増殖すると、細胞壁同士がくっつき、さらに強固になります。ペニシリンは、細胞壁同士をくっつけるのを阻害し、また細胞壁を作らせない働きがあります。細胞壁が作れない細菌は、やがて溶けてなくなってしまいます。この作用をする抗生物質を細胞壁合成阻害と呼ばれます。ほかには、タンパク質合成阻害や核酸合成阻害など、細菌の種類によって抗生物質は使い分けられます。

■抗菌薬が治療できる細菌やウイルスは?

抗菌薬は、あくまでも細菌のみとなり、真菌やウイルスは治療できません。真菌は水虫の原因になる白癬菌があり、抗真菌薬と別の薬になります。ウイルスに場合には、抗ウイルス薬になります。現時点において、人間に感染する細菌すべてを治療できる抗菌薬はありません。治療可能な細菌や症状の一例としては以下があります。
・結膜炎、ものもらいなどの目の病気
・ヘルペス
・疱疹
・外耳炎や中耳炎などの耳の病気
・リンパ節炎や肺炎、咽頭炎などの炎症
など、細菌の種類により使用される抗菌薬が異なります。

抗菌薬を使い続けると何か影響はあるの?


抗菌薬とは別名では、抗生物質と呼ばれます。実際に何らかの病気になっていましたら、抗菌薬を飲んでいるかもしれませんね。場合によっては、袋がパンパンに膨らむほど、病院からいろいろな種類や色の抗菌薬をもらっているかもしれません。では、抗菌薬を使い続けることによって、何か影響はあるのでしょうか?

■抗菌薬の役割とは?

言葉の意味からわかるように、体内に入った病気を引き起こす細菌の活動を抑制する役割を持っています。細菌に感染すると、多くの場合炎症を引き起こします。その細菌の細胞に直接作用するもの、増殖を抑制するものなど、病気を引き起こす細菌により、使用される抗菌薬が異なります。抗菌薬で有名なのはクラビットになります。ジェネリック薬も多くあるのが特徴です。

■抗菌薬の服用期間は?

現在かかっている細菌性の病気により、服用期間は異なります。基本的には、病院から指示されたとおりに服用し続けます。自分の判断で、途中でやめてしまうと、細菌が再び活動をはじめてしまいます。結果として、治療に時間とお金をかけてしまうこととなります。

■抗菌薬の服用で注意することは?

基本的には、水やぬるま湯で服用します。服用に際して、アルコールはしばらく控えましょう。アルコールは、抗菌薬の効果を強くしすぎてしまうおそれがあります。また、牛乳と服用すると、成分により効果が弱まることがあります。ジュースやコーヒー、お茶なども避けるようにしましょう。

■服用を続けるとどんな影響があるの?

「クスリはリスク」と呼ばれるように、薬にも毒にもなります。抗菌薬を服用し続けると、体内にある影響のない細菌類までが死んでしまうこともあります。腸内細菌のバランスが崩れ、善玉菌が減る代わりに悪玉菌が増えることもあります。そして、結果として抗菌薬の効果が効かなくなるおそれもあります。体内にある細菌も抗菌薬に負けないように、耐性菌が作られてしまうからです。実際に、抗生物質が出た結果、耐性菌が作られたのも事実です。とくに日本の病院は、抗菌薬をはじめ薬を多く処方しがちです。服用して治療することも重要ですが、飲みすぎているなと感じたら、病院の先生に確認することも重要です。

ウソ?ホント?ヘルペスは性交渉以外では感染しない?


ヘルペスと聞くと、どのようなイメージをされるでしょうか?おそらくは、いくつかある性病の中の1つと思われているかもしれません。では、ヘルペスは性交渉しなければ感染することはないのでしょうか?また、ヘルペスに感染したら、どうすればいいのでしょうか?この点を中心に説明していきます。

■ヘルペスはどのようなものなの?

ヘルペスは単純ヘルペスウイルスと呼ばれています。ヘルペスに感染すると、発疹や水ぶくれの症状があらわれます。また、1型と2型の2種類があります。2種類あるのは、ヘルペスに感染して、あらわれる症状の位置によってわけられています。1型に感染すると、唇周辺や顔など、おもに上半身に発症します。2型に感染すると、性器周辺のいわゆる下半身に発症します。つまり、ヘルペスに感染したからといって、すべて下半身にあらわれるとはかぎりません。

■ヘルペスの感染経路は?

ヘルペスは接触感染によるものです。また、ヘルペスに感染した人の唾液や体液に、ヘルペスが混入していれば、そこからも感染します。ほかにも、タオルからも感染します。そして、性交渉でも感染します。ただし、ヘルペスの感染経路が性器以外からも感染します。たとえば、親子でキスをする、赤ちゃんに口渡しで食べ物を与えた場合です。つまり、性交渉をしていない子どもであっても、ヘルペスは感染します。そのため、ヘルペスは性病である、性交渉以外では感染しない、という考えは間違っています。

■ヘルペスに感染したら?

おもに皮膚科で治療を受けることができます。下半身に症状があらわれた場合には、泌尿器科でも治療を受けられます。治療方法は、おもに抗菌薬による治療です。おもに使われる抗菌薬としては、以下のようなものがあります。
・バルトレックス
・ゾビラックス
・アシビル
抗菌薬の種類としては、内服薬、軟膏といった外用薬になります。ヘルペスの症状や発症した部位などによって、抗菌薬を使い分けて処方されます。見た目はヘルペスによる症状に見えても、ヘルペス以外の可能性もあります。症状を悪化させないためにも、他人に感染させないためにも、まずは病院で診てもらうことが重要です。

性病の検査はどうすればできる?その後の治療法は?


性病の怖いところは、相手にも感染をさせてしまうことです。場合によっては、自分が性病の感染源になっていることを知らないこともあるからです。そのようなことで、相手にも気まずい思いをさせてしまったら、やはりイヤですよね。だからといって、病気の内容だけに人に相談するのも、しづらいところもあるはずです。そこで、性病の検査方法や判明した場合の治療法は何があるのでしょうか?

■コンドームをすれば安全なの?

避妊対策として、また性病の感染防止として、コンドームを使用していることもあるかもしれません。実際に、コンドームを使用しないことによって、性病に感染する割合は非常に高くなります。しかし、コンドームをしていたからといって、必ずしも安全とは言い切れません。性病は性器同士の接触感染だけでなく、性病の病原菌がついた手から感染する、唾液やキスなどからも感染するからです。つまり、性病の原因となる病原菌を体内から排除する必要があります。

■性病は自然治癒するの?

残念ながら性病は自然治癒するのが難しいのが現状です。自然治癒を期待した結果、逆に症状を悪化させる、知らずのうちに他人に感染させることもあるからです。自分自身を含め、相手にも迷惑をかけないためにも、性病の検査と治療が重要です。

■性病の検査ができるところは?

大きく分けて3つの方法で可能です。
・泌尿器科や産婦人科、皮膚科のある病院
・保健所
・検査キット
病院では診察代などがかかる一方、性病が見つかった場合には、すぐに治療できます。保健所では無料で行えることもあり、おもにHIV検査を中心に行っています。ただし、検査できる時間や検査できる種類などは保健所により異なります。また、誰にも知られずに性病検査をしたい場合、検査キットを購入して送るだけで可能です。

■性病が見つかった場合の治療法は?

性病の種類により、処方される薬や処方期間が異なります。おもに抗菌薬や抗ウイルス薬が処方されます。抗菌薬で治療できる性病は、クラジミアや淋病、梅毒や尖圭コンジローマ、膣ガンジダなどがあります。HIVの場合には抗菌薬ではなく、抗ウイルス薬が処方され、ずっと薬を飲み続けないといけません。性病は自分だけだなく、相手も不幸にさせてしまうからこそ、おかしいなと気づいたら、すぐに検査するようにしましょう。
ショッピングカートを見る

商品数:0 点 
合計金額 0




ゲームをして割引チケットをゲット!!

 
海外サプリメント個人輸入のOMS