シアノコバラミン(ビタミンB12)

 シアノコバラミン(ビタミンB12)

Cyanocobalamin (Vit. B12)
 
 
シアノコバラミンはビタミンB12のひとつで、水溶性ビタミンに分類される生理活性物質です。色が赤またはピンクに見えるため「赤いビタミン」といわれます。
 
シアノコバラミンは他のビタミンと違い、化合物を単離する際に得られる人工産物です。喫煙習慣がある場合などを除き、通常、人間の体内にシアノコバラミンは存在していないと考えられています。成分の利用法としては、主に眼精疲労の治療薬として、目薬や飲み薬に配合されています。
 
作用としては、シアノコバラミンは全身の細胞の代謝に関与しています。特に特徴的なのは、葉酸と協力して赤血球の形成をし、貧血を防ぐことです。シアノコバラミンと葉酸のどちらか一方でも不足すると、私たちの血液は異常を起こします。
 
赤血球は、鉄分、タンパク質、ビタミンB12、葉酸などが主成分で、ヘモグロビンは鉄を含む有機色素とタンパク質によって出来ていますが、これらに含まれる鉄分が肺胞から取り込んだ酸素と結合して酸化ヘモグロビンというかたちで酸素を運びます。
 
そのため「鉄分が不足すると貧血になる」と言われていますが、シアノコバラミン(ビタミンB12)、葉酸の不足によっても貧血は起こります。食生活を改善し、ビタミンB12、鉄を多く含むレバー、葉酸と鉄を含むホウレンソウ、その他緑黄食野菜、豆類などを多めに食べるようにしましょう。
 
シアノコバラミンは赤血球の形成に関与するだけでなく、ビタミンB群と連携して、エネルギー、脂肪、細胞の代謝、核酸の形成、神経系の健康維持にも役割を果たしています。非常に重要な成分だといえます。

戻る