メナジオン(ビタミンK)

 メナジオン(ビタミンK)

Menadione (Vit. K)
 
 
メナジオンは合成ビタミンKとして、現在は医薬品に使用されています。よく知られるところでは抗がん剤として実験的に使用されており、ビタミンCと組み合わせることで前立腺ガンを治療する研究が行われています。
 
ビタミンKには止血作用があり、不足するとケガをしたときに血が止まりにくくなります。また、血液中にあるビタミンの吸収を高める働きがあり、骨にカルシウムが沈着するのを助ける作用もあります。
 
ビタミンKが多く含まれている食品には、パセリ、しそ、モロヘイヤ、サニーレタスなどの緑黄色野菜、のり、わかめ、ひじきなどの海藻類、納豆、煎茶、サラダ油などがあります。
 
メナジオンは正確にいうとビタミンKの前駆体ですが、かつてはサプリメントによく使われていました。現在は溶血性貧血などの副作用を起こす可能性が指摘されたため、経口食品としてはほとんど使われていません。しかし医薬品としての用途があり、育毛剤にも有効に使用されています。

戻る