パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

 パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

Calcium Pantothenate (Vit. B5)
 
パントテン酸カルシウムはビタミンB5と呼ばれ、ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンです。体内では補酵素の構成成分として糖代謝や脂肪酸代謝に役立ちます。
 
パントテン酸カルシウムは多くの食品に含まれていますが、特に多いものは、タマゴ、牛乳、レバー、サケ、イワシ、納豆、きな粉、干しシイタケ、乾燥酵母などです。いろいろな食品に含まれているので欠乏することは考えにくいですが、もしも欠乏すると以下のような症状を引き起こします。
 
◎成長停止
◎体重減少
◎皮膚炎
◎脱毛
◎頭痛
◎手足のしびれ等
◎副腎障害
 
なお、パントテン酸カルシウムは水溶性ビタミンで、過剰摂取しても尿などで排出されるため特に問題はありません。
 
パントテン酸カルシウムは脂質、糖質、タンパク質の代謝にかかせない成分です。また、他のビタミンと協力し、副腎皮質ホルモンの合成や、皮膚の健康維持を助ける栄養素としても知られています。
 
さらにパントテン酸はビタミンCの働きを助ける作用を持っています。ビタミンCは肌や毛髪を作るタンパク質の合成に欠かせません。また髪の毛や真皮層もタンパク質(コラーゲン)で出来ていて独特の潤いを保っています。したがって髪や頭皮の健康にも欠かせない成分といえます。
 
医薬品では、皮膚の新陳代謝を促し、シミ、ソバカス、日焼けなどを改善する目的で使われています。また、ビタミン補給を目的とした栄養剤などにも使用されています。

戻る