葉酸

 葉酸

Folic Acid
 
葉酸は、ビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれるもので、水溶性ビタミンに分類される生理活性物質です。私たちの体内でアミノ酸や核酸を合成するのに用いられ、葉酸が不足すると貧血や赤血球障害を引き起こします。
 
葉酸については次のような機能があげられます。どれを見ても健康維持に欠かせない栄養素だということがよく分かります。
◎赤血球を合成する
◎タンパク質・アミノ酸を代謝する
◎DNAやRNAをつくる核酸を合成する
◎妊娠や成長維持をつかさどる
◎皮膚や粘膜の健康維持に寄与する
◎動脈硬化・ガンの予防に役立つ
 
葉酸という名称は、最初にホウレンソウから発見されたことに由来します。すなわち野菜に多く含まれていることが分かります。葉酸を豊富に摂取するには、ホウレンソウ、コマツナ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や、レバー(牛、豚、鶏)、豆類、海藻類などを食べるようにします。
 
また、葉酸は髪の健康についても密接な関係がある成分です。というのは先に述べたとおり葉酸には赤血球を合成する機能があり、その赤血球は全身の細胞に酸素や栄養素を運ぶ役割がありますから、これに異常があると毛髪の健全な育成にも支障が生まれます。頭皮への血液のめぐりをよくして、毛母細胞を活性化させるためにも、葉酸は重要な役割を果たしているのです。
 
また、葉酸はホモシステインというアミノ酸をメチオニンというアミノ酸に変換しており、不足すると血中のホモシステイン濃度が上昇してしまいます。ホモシステインが増加すると血液が凝固して血栓ができ、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。そこまで行かなくとも、血流が悪いことで髪に悪影響を及ぼします。
 
育毛剤に葉酸が配合されているからといって油断せず、毎日の食生活のなかでもきちんと葉酸を摂取し、髪や頭皮をはじめとする全身の健康に配慮することをおすすめします。

戻る