アミノ酪酸

 4-アミノ酪酸

4-aminobutanoic acid
 
4-アミノ酪酸は哺乳類の脳や脊髄にあるアミノ酸のひとつで、主に抑制性の神経伝達物質として機能しています。4-アミノ酪酸というと聞いたことがないかもしれませんが、別名γ-アミノ酪酸(gamma-aminobutyric acid )とも呼ばれ、そのイニシャルから取ったGABA(ギャバ)という物質であれば耳にしたことがあるのではないでしょうか。
 
4-アミノ酪酸の作用としては、脳内の血流、酵素の供給、代謝機能において、主にそれを抑制する役割を果たしています。血圧や内臓機能を正常に維持し、神経を鎮める機能もあります。さらには自律神経失調症、うつ、不眠、痴呆症にも効果があるとされています。

戻る