アスパラギン酸

 アスパラギン酸

Aspartic Acid
 
アスパラギン酸はアミノ酸のひとつで、2-アミノブタン二酸のことです。利尿作用があり、体内から有害なアンモニアを排出し、中枢神経系を保護する働きがあります。またカリウムやマグネシウムを細胞内に運搬し、疲労物質である乳酸をエネルギーに変換する手伝いをするので疲労回復にも効果があります。非必須アミノ酸で、グリコーゲン生産性を持ち、うまみ成分のひとつとして知られています。
 
アスパラギン酸の有用性としては、次のようなものが期待できます。
◎疲労回復効果
◎体調を整える効果
◎アンモニアを解毒する作用
◎スキンケア効果
 
アスパラギン酸を多く含む食品は、アスパラガス、サトウキビ、牛肉、豆類などです。また健康飲料やスポーツドリンクなどにも配合されており、スポーツや肉体労働のスタミナ回復にも用いられています。
 
私たちはアスパラギン酸を体内で合成することができますが、加齢とともにつくられる量が減少するため、食物から補う必要があります。また、アスパラギン酸は熱に弱いため、調理の際は加熱しすぎないように配慮が必要です。
 
アスパラギン酸が欠乏した場合、エネルギーを生み出しにくくなり、疲れやすくなります。また、アスパラギン酸によるアンモニアの体外排出が滞ることで血液中のアンモニア濃度が高まり、疾病のリスクを高めます。
 
アスパラギン酸はたんぱく質の代謝に欠かせない成分で、摂取するとすぐ代謝活動で消費されます。したがって、アスパラギン酸の過剰摂取はほとんど問題なしとされています。

戻る