アラニン

 アラニン

Alanine
 
アラニンは非必須アミノ酸のひとつで、ほとんどのタンパク質に普遍的に含まれています。大きさがグリシンに次いで2番目に小さいことが特徴です。
 
アラニンの作用としては肌や髪をアルカリ性に偏らないようにする働きがあり、角質層の防御機能を高めることが判っています。
 
また、特にアラニンが活躍するのは、お酒を飲んだ時です。お酒を飲むと体内に取り込まれたアルコールが肝臓で分解されますが、そのときに悪玉物質であるアセトアルデヒドが発生します。それに対抗するのがアラニンやグルタミンといったアミノ酸です。
 
アラニンやグルタミンは、体内でエネルギー源となる糖を作るアミノ酸ですが、その際にアルコール分解過程で作られる補酵素を消費します。そのために肝臓での分解反応がスムースに進むとされています。すなわち、アラニンなどのアミノ酸を摂取することは、肝臓におけるアルコール分解の効率を上げ、酒酔いからの回復に役立つのです。
 
なお、アラニンが多く含まれる食品には、シジミ、アサリ、カニ、海苔などがあります。日頃からバランスのよい食事をしていれば充分摂取できると思いますので、髪や肌の健康や二日酔いの防止を考え、なるべくこれらを食べるようにしましょう。

戻る