アルギニン

 アルギニン

Arginine
 
アルギニンは自然界に存在するアミノ酸のひとつ。英語ではアージニンと発音します。別名は5-グアニジノ-2-アミノペンタン酸または5-グアニジノ-2-アミノ吉草酸といいます。タンパク質を構成するアミノ酸としては最も塩基性が高いことが特徴です。私たち人間にとっては非必須アミノ酸ですが、成長期には摂取が必要とされています。
 
アルギニンは経口摂取することもでき、それによって成長ホルモンを強力に分泌させることができます。また、喫煙やストレスなどで血液がドロドロになった場合、アルギニンはその血液をサラサラにするとともに、血管を拡張し、血流を改善します。
 
このアルギニンの作用は髪と頭皮についても有効性が高く、円滑な血流が確保されることで、栄養成分を毛母細胞まで確実に供給します。成長ホルモンの分泌による毛母細胞の活性化も発毛、育毛にたいへん有効です。同時にアルギニンは発毛に欠かせない栄養成分であり、他の育毛成分が作用する際に、それを助ける働きがあります。メーカーを問わずいろいろな育毛剤にアルギニンが含まれているのはそのためです。
 
なお、アルギニンが豊富に含まれる食品としては、肉類、牛乳、エビ、玄米、大豆、ナッツ類、レーズンなどがあります。医薬品や育毛剤として配合されたものだけでなく、日常の食事から天然成分であるアルギニンを摂取することも大切です。

戻る