アスパラギン

 アスパラギン

Asparagine
 
アスパラギンはアミノ酸のひとつで、正式には2-アミノ-3-カルバモイルプロピオン酸という名称です。タンパク質を構成するアミノ酸のひとつで、私たち人間には非必須アミノ酸ですが、グリコーゲンの生産性を持っています。
 
あなたはアスパラガスを食べたあとで、尿から独特の匂いを感じたことがないでしょうか。その匂いはアスパラギンが代謝されるときに使われる物質に起因するものです。アスパラガスにはグリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスがありますが、いずれも芽の部分にアスパラギンが豊富に含まれています。
 
アスパラギンは体内に入るとアスパラギン酸に変わり、それが新陳代謝を活発にし、アンモニアなどの毒素を尿とともに体外に排出してくれます。また、タンパク質の合成を助け、美肌や滋養強壮にも役立ちます。最近では免疫を強化する作用が注目されており、ガンの予防や治療にも応用が期待されています。
 
毛髪はタンパク質で出来ていますし、毛根のある真皮層はコラーゲンが主成分ですので、薄毛や抜け毛に悩んでいる人にはアスパラギンは欠かせない成分といえます。

戻る