グルタミン

 グルタミン

Glutamine
 
グルタミンはタンパク質を構成するアミノ酸のひとつ。私たちの体内で合成することができる非必須アミノ酸で、体内では主にタンパク質が分解するのを防いで筋肉を維持する働きをしています。
 
グルタミンはうま味調味料の原料に使われるグルタミン酸とは違います。グルタミンは体内でグルタミン酸とアンモニアに酵素が働くことで合成される物質です。グルタミンは主に筋肉や腸のサポートをしますが、グルタミン酸は主に脳に有害なアンモニアを解毒して排出する役目をします。
 
グルタミンの有用性としては次のようなものがあります。
◎腸の働きを助ける
◎免疫を活性化させる
◎筋肉を強化する
◎傷をふさぐ
◎アルコールの代謝を促進する
 
グルタミンが含まれる食物は、肉、魚、タマゴ、大豆、海藻などのいわゆるタンパク源ですが、グルタミンは加熱すると変化してしまうため、効果的な摂取がなかなか難しい成分です。なるべく刺身やサラダで食べるようにしましょう。特に多めに摂取したい場合は栄養補助食品などで補うようにするとよいでしょう。
 
グルタミン酸は偏った食生活やストレスなどにより、私たちの体内で作られる量が不足する場合もあります。不足した場合は腸や筋肉の不調を感じることがあります。
 
なお、グルタミンは過剰に摂取すると肝臓にダメージを与えるとされており、1日40g以上の摂取はしないようにします。通常の食生活では過剰摂取の心配はほとんどありませんが、肝障害がある人や、妊娠中または母乳授乳期の女性は注意が必要とされているため、医師の指導に従うようにしましょう。
 
毛髪への関与では、グルタミンは細胞を柔軟に保つ働きを持っているとされており、エネルギーの代謝や窒素代謝を促進し、新陳代謝を高めることで、薄毛や抜け毛の改善に効果が期待できると考えられます。

戻る