プロリン

 プロリン

Proline
 
プロリンとは、タンパク質を構成する非必須アミノ酸の一種で、正式名称をピロリジン-2-カルボン酸といいます。唯一アミノ基を持たないアミノ酸で、実際はイミノ基を持っているため、厳密にはアミノ酸に分類するべきではないのではないかという学説もあります。
 
しかしプロリンはコラーゲンの主要な構成成分のひとつで、表皮細胞増殖促進、コラーゲン合成促進、角質層保湿などの生理活性作用を示します。これらの働きはアミノ酸として充分に通用する機能性といえます。
 
私たちの身体への具体的な作用としては、次のようなものがあります。
◎関節痛の改善
◎美肌
◎脂肪燃焼
 
プロリンは私たちの体内で合成できる非必須アミノ酸ですが、タンパク質の摂取が少ない食生活を送っていると、それなりに不足してしまいます。その場合は、食品や栄養剤などで補う必要があります。プロリンが不足すると、体内のコラーゲンが減少し、皮膚にできた傷の治りが遅くなる、膝や腰などの関節に痛みを感じるなどの症状が出ます。美容面でも肌のハリやツヤがなくなり、シワが目立つようになります。
 
プロリンを豊富に含む食品には、豚肉、動物性ゼラチン(ゼリー、マシュマロなど)、小麦タンパク(麩など)、大豆タンパク(湯葉、高野豆腐など)があります。
 
髪との関与については、プロリンには体内に吸収されたタンパク質やアミノ酸からコラーゲンの合成を促進させる働きがあり、さらに一度破壊されたコラーゲンを修復させる役割もあります。したがって頭皮の弾力性を維持(血流の確保)したり、毛母細胞を再生させたりする作用が期待できます。コラーゲンを豊富に含んだ皮膚や頭皮は、多くの場合、理想的な状態に保たれます。

戻る