フェニルアラニン

 フェニルアラニン

Phenylalanine
 
フェニルアラニンはアミノ酸のひとつ。タンパク質構成アミノ酸で、私たちの体内で合成できない必須アミノ酸です。機能としては、脳機能を高める作用、鎮痛作用、皮膚疾患の改善などがあります。肥満気味の人や筋肉がけいれんしがちな人にも摂取をおすすめします。
 
フェニルアラニンは肝臓でチロシンという物質に変換され、ノルアドレナリンやドーパミンなど興奮性の神経伝達物質を生成します。したがって脳機能を高め、精神を高揚させ、血圧を上げ、記憶力を高める作用を持っています。ただしフェニルアラニンは血液脳関門を通過する際にトリプトファンと同じ経路を使うため、大量に存在しすぎるとセロトニンの生成を阻害し、逆にうつ傾向を引き起こすことがあります。
 
また、フェニルアラニンには身体の痛みを抑える効果があり、鎮痛剤として医療現場でも活用されています。外傷、骨関節炎、慢性関節リウマチ、腰痛、偏頭痛、神経痛などの慢性的な痛みを軽減します。習慣性や毒性はなく、長期間使用しても効果が低下することはありません。むしろ繰り返し使うことで痛みを軽減させる特長を持っています。
 
皮膚疾患に関しては、白斑(はくはん)の治療に有効とされています。フェニルアラニンを経口摂取して紫外線A波を照射する、または塗布して紫外線A波を照射することにより、効果が期待できるとされています。このようにフェニルアラニンは医療界で有効に利用されています。
 
フェニルアラニンが豊富に含まれる食品には、次のようなものがあります。小麦(強力粉)、高野豆腐、タマゴ、チーズ、脱脂粉乳、アーモンド、落花生、ジャガイモ、カボチャ、ゴマなど。また肉類や魚介類にも広く含まれています。これらの食品をバランスよく食べることが大切です。
 
髪への関与としては、フェニルアラニンには血圧を上げる作用があるため、頭皮の毛細血管への血行がよくなり、毛乳頭や毛母細胞を活性化させることが期待できます。したがって薄毛や抜け毛の改善にも有効と考えられています。

戻る