トレオニン

 トレオニン

Threonine
 
日本では、トレオニンは英語の発音表記の違いでスレオニンとも呼ばれます。私たちのサイトではトレオニンで統一させていただきます。
 
トレオニンは人間が体内で合成することのできない必須アミノ酸です。そしてタンパク質を構成するアミノ酸で、身体の成長に深く関わる素材とされています。糖原性と呼ばれる性質を持ち、体内でグルコースの生成に使われるアミノ酸でもあります。グルコースは人間が生きる上で必要なエネルギー源で、体を動かしたり、脳の栄養になったりします。穀物に多く含まれているものの、体内での消化と吸収はよくないといわれています。
 
トレオニンには全身の成長を促進し、肝臓に脂肪が蓄積するのを抑制する作用があります。また体内でコラーゲンを作る材料としても使われ、皮膚のハリや弾力性を維持する働きがあります。医薬品としてタンパク質補給やアミノ酸補給に使われることもあります。
 
トレオニンが不足すると、貧血、食欲不振、体重減少などにつながります。逆に過剰摂取した場合は頭痛や胃腸の不具合を起こすことがありますが、食品からの通常の摂取量であれば問題はないと考えられます。
 
トレオニンが多く含まれている食品としては、鶏肉、タマゴ、さつまいも、栗、脱脂粉乳、ゼラチンなどがあります。トレオニンを効率的に摂取するには「焼くよりも煮ろ」といわれており、これは鶏肉や魚の骨から溶け出すゼラチンにトレオニンが含まれているからです。
 
髪については、トレオニンがコラーゲンの生成を促進するため、髪のうるおいを守り、ハリやツヤを出すことが期待できます。毛髪は主にケラチンというタンパク質から出来ていますが、このケラチンを構成するアミノ酸のひとつがトレオニンです。トレオニンは健康な髪を作るのに欠かせない成分といえるでしょう。

戻る