バリン

 バリン

Valine
 
バリンはα-アミノ酸のひとつ。別名2-アミノイソ吉草酸とも呼ばれます。主に筋肉中のタンパク質を構成するアミノ酸で、私たちにとっては必須アミノ酸です。
 
機能面から見ると、バリンは筋肉の強化にもっとも関連のあるアミノ酸です。他にも、成長促進や血液のバランス調整、アンモニアの代謝、肌のハリを保つなどの機能を持ちます。医療の現場では低タンパク貧血症、栄養不足、手術前のアミノ酸補給のために静脈注射や点滴で使用されています。
 
筋肉のタンパク質を構成するバリンは、言うまでもなく大切なアミノ酸です。筋肉の強化だけでなく、激しい運動のあとに傷ついた筋肉を修復する役目があることも分かっています。さらにバリンは筋肉で消費されるエネルギー源でもあります。ほとんどのアミノ酸は肝臓で分解されてエネルギーになりますが、バリンはグリコーゲンや遊離アミノ酸が減少した時に筋肉で消費されるエネルギー源とされています。
 
バリンを豊富に含む食品には、子牛肉、鶏肉、レバー、魚、脱脂粉乳、プロセスチーズ、落花生、ゴマなどがあります。また、バリンはウニの苦み成分として知られ、ほのかな甘みを持つことから食品添加物としても利用されています
 
バリンは広範な食品に含まれているため、普通は不足することはありません。しかし体内で生成することができないため、成人で体重1kgあたり1日26mg摂取する必要があります。バリンに限らず体内のアミノ酸はどれかひとつでも不足すると、体調不良につながりがちです。特にバリン、ロイシン、イソロイシンの3種類のバランスは大事で、なるべく安定して摂取するように心掛ける必要があります。
 
過剰摂取についても同様で、バリン、ロイシン、イソロイシンの3種類のバランスで考える必要があります。バリンだけ突出して摂取すると、体重の減少、ブドウ糖の代謝阻害、アンモニアが排出されにくいという事態を招く恐れがあります。
 
バリンは主に筋肉に作用する物質ですが、血液中の窒素を調整する働きもあり、髪を支える毛細血管への影響も期待できます。

戻る