トリプトファン

 トリプトファン

Tryptophan
 
トリプトファンはアミノ酸のひとつ。正式名称は2-アミノ-3-(インドリル)プロピオン酸といいます。芳香族アミノ酸に分類され、タンパク質構成アミノ酸でもあります。私たちにとっては食事で必ず摂取しないといけない必須アミノ酸のひとつになっています。
 
トリプトファンは肝臓や腎臓で分解され、私たちのエネルギー源として使われます。また、脳に運ばれたトリプトファンはセロトニンを生成する材料になります。よく知られているように、セロトニンが不足すると、睡眠障害や抑うつ症状を引き起こし、漠然とした不安を感じるようになります。脳内のトリプトファンが増加するとセロトニンも増えるため、催眠誘導や精神安定の役割を期待することができます。
 
ただし、トリプトファンを過剰摂取すると肝硬変を招くとされているので注意が必要です。特に肝硬変患者の場合は、トリプトファンの長期的な摂取で脳内にセロトニンが増えすぎると、逆に脳の機能が低下し、昏睡状態に陥ってしまいます。トリプトファンは医薬品にも使われていますが、長期にわたる服用は危険とされています。
 
とはいっても、通常の食事で食べる程度なら神経質になる必要はありません。トリプトファンを多く含む食品には、乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)、大豆製品(豆腐、豆乳、きなこなど)、ナッツ類(アーモンド、カシューナッツ、ピーナッツなど)があげられます。タンパク質が多いほどトリプトファンも多くなるので、肉、レバー、タマゴ、魚、豆などもしっかり食べるようにしましょう。他にもチョコレート、バナナ、マンゴー、ゴマ、ヒヨコマメなど幅広い食品から摂ることができます。
 
トリプトファンは毛髪のケラチンに約0.8%存在しているといわれ、これが頭皮(表皮)になると約1.2%になります。髪を強くする作用に関与しているとされ、不足しないよう、適度に補充することが重要です。Epitrophil GFのような発毛・育毛剤に配合されるのは薄毛や抜け毛に悩む人にとって歓迎すべきことといえるでしょう。

 

戻る