塩化カリウム

 塩化カリウム

Potassium Chloride
 
塩化カリウムはカリウムの塩化物。一般的なカリウム源として主に化学工業や農業資材(肥料)で使用されます。また医薬品として医学分野でも利用されています。
 
塩化カリウムの作用を利用しているケースには次のようなものがあります。降圧利尿剤、低カリウム血症、低カリウム血症型周期性四肢麻痺、低クロル性アルカローシス、重篤な嘔吐と下痢。また、副腎皮質ホルモン剤、抗生物質、インスリン、強心配糖体を連用しているケースでも使用されます。これは血中カリウムが不足しがちになるので、塩化カリウムの摂取でカリウムを補給する役目があります。
 
カリウムは主要な電解質であり、私たちの体内で神経系、循環器(心臓)系、筋骨格(筋肉)系の活動を支える働きがあります。また体質が酸性やアルカリ性に偏りすぎないように調整する役目もあります。もしもカリウムが不足すると、運動障害、意識障害、循環器異常などのトラブルが起きやすくなります。
 
塩化カリウムは降圧剤として血圧を低下させる働きをし、その利尿作用で尿量を多くする作用があります。ただし塩化カリウムの医薬品は服用時に吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、腹部不快感などが起きる可能性があります。副作用としては、消化性潰瘍、小腸潰瘍が指摘されています。腎機能障害のある人や全身外傷や火傷で組織が損傷している人、心疾患や消化性潰瘍の既往がある人など禁忌のケースも定められています。
 
以上のように、医学分野での塩化カリウムは、カリウム補給剤として医薬品およびその原料として使用されています。育毛剤への配合も、主に頭皮の栄養バランスを整えるためのカリウム補給を目的としています。

戻る