アセチルデカペプチド-3

 アセチルデカペプチド-3

Acetyl Decapeptide-3
 
アセチルデカペプチド-3は成長因子であるFGFと同じような働きをします。FGFは体内にあるタンパク質のひとつで、主に真皮にある線維芽細胞に働きかけ、生成と分化を促します。加齢などでFGFが減少すると、肌にシワができたり、ハリがなくなったりすることが解明されていますが、頭皮の奥深くにある細胞もFGFが減少すると活動が低下し、薄毛や抜け毛が起きるようになります。アセチルデカペプチド-3は、これを防ぐFGF様物質として確かな機能性を発揮します。
 
また、アセチルデカペプチド-3には毛細血管の増殖促進作用と分化促進作用があり、血液の流れを円滑に保ちます。育毛剤などで頭皮から栄養を注入しても、血液の流れが悪ければ、その栄養は毛母細胞まで運ばれません。血行の善し悪しは育毛にとって非常に大事な要素なのです。アセチルデカペプチド-3は頭皮環境を理想的な状態に活性化します。

戻る