トコフェロール(ビタミンE)

 トコフェロール(ビタミンE)

 
トコフェロールとはビタミンEのことで、これは脂に溶ける脂溶性のビタミンです。自然界に広く存在する成分で、植物、藻類などの光合成によって合成されます。
 
ビタミンEは私たちの体内で主に抗酸化物質として働くことが知られており、代謝によって生じるフリーラジカル(活性酸素など)から細胞を守ります。フリーラジカルはDNAやタンパク質を攻撃して病気を引き起こし、さらに脂質を酸化させることが判っています。トコフェロールはこれに対抗し、フリーラジカルによる脂質の酸化を防ぐ働きがあります。
 
トコフェロールが欠乏した場合、未熟児では溶血性貧血、深部感覚異常、小脳失調の原因となることが知られています。また、フリーラジカルが体内に過剰に存在すると、脂質過酸化反応により過酸化脂質が連鎖的に合成され、生体膜の機能障害が発生します。さらに不妊症、筋萎縮症、脳軟化症の原因になるともいわれています。
 
しかし、トコフェロールは魚介類、ゴマ、植物油などに豊富に含まれているため、通常の食生活をしていれば欠乏することはありません。ここでもバランスのよい食事が推奨されます。
 
なお、トコフェロールの過剰摂取については、脂溶性で体外に排出されにくいため、摂りすぎないように気をつけましょう。ビタミンEの過剰摂取については、骨がもろくなる骨粗しょう症になる可能性が動物実験で指摘されています。
 
髪との関連では、トコフェロールには血管の拡張作用が認められ、これが頭皮への血液の流れを確保し、栄養補給を促進するとされています。トコフェロールはハゲや薄毛の予防には欠かせない成分といえるでしょう。
 

戻る