今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 鎮痛・解熱 > セフマール 50mg 100カプセル
ホーム > 商品マップ > セフマール 50mg 100カプセル

セフマール 50mg 100カプセル

セフマール 50mg 100カプセル

トラマドールのジェネリックです。
腫れや痛み、炎症を鎮める鎮痛解熱薬です。

[医薬品]
Union Laboratories  社製
1箱/100カプセル
香港より出荷

[有効成分]
Tramadol hydrochloride 50mg

こちらの商品は取扱い終了しました

セフマール 50mgについて

ジェネリック医薬品であるセフマール50mgの有効成分は塩酸トラマドール(通称トラマドール)です。
トラマドールは海外の緩和ケアセンターではよく使われている医薬品で、オピオイド系鎮痛薬となっています。
モルヒネよりも作用は穏やかで、オピオイド系の副作用の特徴である嘔吐や便秘もあまり起こりにくくなっています。
癌性疼痛等に対しては、軽度から中等度の痛みの鎮痛薬として用いられています。
軽度であればアスピリンやアセトアミノフェンが用いられ、次にトラマドールが処方されるということが多いようです。
消炎と鎮痛の効果があり、それ以外にも三環系抗うつ薬としての作用もあります。
飲んではいけない方もいますので、注意書きは必ずお読みになり、当てはまることがあれば自己判断で飲まないようにし、医師にご相談ください。
用法用量をきちんと守りご使用ください。

効果・効能

即効性のある鎮痛薬ですが、中程度の症状に用いられます。
術後による消炎や鎮痛、癌、線維筋痛症、治療による消炎や鎮痛。 

ご使用方法

成人1日あたり、100〜300mgを4回に分けて服用する(mgは有効成分トラマドール塩酸塩の含有量)。
1回あたりを100mgとし、1日の最高用量は400mgとします。
年齢や体重によって用量は増減します。たっぷりのお水かぬるま湯でお飲みください。症状や体格は各々ですので、正しく飲むために医師や薬剤師に用法用量を尋ねる事をお勧めします。

副作用

便秘、悪心、嘔吐、眠気、浮動性めまい、頭痛、倦怠感、発汗、起立性低血圧など。
セフマール50mgは、服用する方によって副作用の幅が広くなっています。
飲んでいても全く平気な方もいれば、強い吐き気に襲われたり、不整脈を感じる方もいます。
また、三環系抗うつ薬の作用がある医薬品ですので、心臓が弱い方や高血圧の方などは注意が必要です。

ご使用上の注意

医薬品によるアレルギーの既往歴がある方や、持病を持たれている方、抗うつ薬を服用の方、心臓病の既往歴のある方は、医師に必ず相談してください。
肝障害のある方や、モルヒネの反復投与、痙攣、胆道疾患のある方は医師の診断を受け、飲み方に十分注意してください。

CUSTOMER'S REVIEW クチコミOMS




ゲームをして割引チケットをゲット!!

 
海外サプリメント個人輸入のOMS

商品クチコミのご投稿募集!

商品クチコミを投稿頂いた方には、50ポイント+わくわくゲームチャレンジチケットが1枚贈呈されます。

※ご投稿頂いたクチコミ記事は、当社スタッフの判断で掲載を見合わせる場合がございますが、ご了承ください。